栃木の風俗求人・デリヘル高収入アルバイト

素人系イメージSOAP

デリヘル待機室はどんなところ?

これから風俗業で働くことを考えている方にとっては、何もかもが未経験でわからないことだらけですよね。

そこで今回は、意外と未知の世界である「デリヘル店の待機室(待機所)」について紹介してみようと思います。

デリヘル店には働く女の子のための待機室があります。
待機というのは、お客さんに呼ばれるまで待っている場所のことです。この待機室は基本的に「個室待機」と「集団待機」のふたつがあります。


【個室待機とは】

女の子ひとりひとりが過ごせるパーソナルスペースが用意されている待機室。
「完全な一人部屋」というわけではなく、カーテンやパーテーションで区切られているところがほとんどです。

雰囲気的にはネットカフェをイメージしてもらえば、わかりやすいと思います。
お店によっては、テレビが置いてあったり、テーブルと椅子やソファが置かれていたりします。それほど広くはないですが、待機中は一人で過ごしたい方には良いですよね。

もちろん簡単な仕切りなので隣の人が何をしているのかはだいたい音でわかります。電話をしていると、声は全部聞こえちゃうと思ってください。

■女の子はこんなふうに過ごしている
・学校の勉強や資格の勉強をする
・スマホ
・本や漫画を読む
・睡眠
・食事をとる

■メリットとデメリット
・一人で過ごしたい方には良い
・勉強に集中できる

・情報交換ができない
・他の女の子と知り合うキッカケがない
・寂しい気持ちになることも

【集団待機とは】

リビングのような部屋に、お店の女の子全員が待機すること。ソファや椅子やテーブルが置かれていて、各々が好きな場所で過ごすことができます。

年代が近い女の子が多いお店では、みんな仲が良く、待機室での会話を楽しんでいる子が多くいます。実際に、待機室にいる友達(デリヘルの仕事で知り合った)と会話したくて仕事に行きたいと思うこともあるのだとか。

お店の女の子たちと一緒なので、情報交換をしたい時や「こんな時はどうすればいい?」といった仕事の相談もしやすいのが特徴ですね。

■女の子はこんなふうに過ごしている
・スマホなど、それぞれ好きなことをしている
・情報交換や会話
・食事

■メリットとデメリット
・困った時などに相談できる
・情報交換ができる
・寂しい気持ちにならない

・入店して馴染むまで不安になることも
・一人で過ごしたい方には不向き



待機室(待機所)では写メ日記を更新したり、お化粧直しをしたり、休憩をとって次のお仕事に備えるための場所なので、女の子にとってはかなり重要な場所です。

お店の求人HPでは待機室が「個室」か「集団」か記載されているので、気になる方はここもチェックしておきましょう。面接時に待機室を見せてもらうことも可能なので、先に確認しておくのも良し。納得できる環境で働きましょうね。