栃木の風俗求人・デリヘル高収入アルバイト

素人系イメージSOAP

風俗バイト!絶対に身バレ・知人バレをしたくない時の対策

風俗バイトに挑戦する時、やっぱり心配なのは「身バレ・知人バレ」ですよね。
絶対に知り合いにバレたくない……! と思うのは普通のこと。

ということで今回は、絶対に絶対にぜっーーーーたいに風俗で働いていることを秘密にしたい! という方のために、対策方法をまとめてみました。

【7つの基本対策】
1 地元から1時間は離れる
2 お店の対策を教えてもらう
3 知人の番号はブロック
4 友達にも言わないのは鉄則
5 写メ日記の内容には注意
6 本当っぽい嘘を用意しておく
7 風俗バイトの種類を選ぶ

上記の7つが基本的な対策。
それでは詳しく説明していきますね!


1 地元から1時間は離れる
まず基本ですが、身バレを心配する方はできれば地元から離れて働くこと。車、または電車で1時間ほど離れた場所でお店を見つければ、通勤もそれほど苦ではありませんし、身バレの危険性もグッと下がります。

その場合、お店が交通費を支給してくれるかどうかもチェックしておきましょう。

短期間だけ働こうと思っている場合、思い切って遠方に出稼ぎとして行ってみるのも良いかもしれません。知らない街を選ぶのも良いですし、リゾート地を選ぶのもおすすめ。たとえば栃木県の場合、那須を選ぶといろいろな場所にお出かけできるというメリットがありますよ。


2 お店の対策を教えてもらう
身バレ絶対回避のためには、お店がどんな身バレ・知人バレ対策をしているのかも知っておきましょう。

たとえばアリバイ会社があるか、お店のHPなどへの顔出しNGはできるかどうか、NGエリアを許容してくれるか、などを挙げることができます。お店が身バレや知人バレ対策に積極的に取り組んでくれているところは、やっぱり女の子の待遇も良いんですよね。


3 知人の番号はあらかじめブロック!
デリヘル等の場合、「この番号からかかってきた客はNG」という設定ができます。あらかじめ知人の番号をお店に登録しておくシステムなので、積極的に利用しましょう!

4 友達にも言わないのは鉄則
「風俗で働いていることがバレる」の原因の第一位は友人からの「バレ」と言われています。悩み事などついつい友人に漏らしてしまうと、そこから噂が広まってしまうことがあるので注意が必要です。

どれだけ信頼している友達でも、秘密は墓場まで持っていく覚悟で口外しないように! 風俗の悩み事は風俗店のスタッフに相談しましょう!


5 写メ日記の内容には注意
デリヘル等で働くと、写メ日記と呼ばれるものをつけることがあります。自撮りをアップして、お客さんにメッセージを送ったり、シフトの告知をしたりするのですが、この使い方にも注意が必要。

写メ日記を利用する際は、自分とわかるもの(たとえば目立つ位置にあるホクロなど)が写真に映り込まないよう気をつけましょう。自分の姿だけではなく、バッグやポーチ類や住んでいる場所、飼っているペットなどをアップするのは極力辞めたほうがいいでしょう。どんなものであれ、自分を示すものには注意しましょう!


6 本当っぽい嘘を用意しておく
お客さんと会話をしていると、「本当の年齢を教えてよ」「本当の名前を教えてよ」「どこに住んでいるの」など、いろいろなことを聞かれると思います。
あまりにしつこい場合、会話を終わらせるためついつい本当のことを言ってしまいたくなりますが、ここでも本当のことを言うのはやめておきましょう。

本当の名前は? と聞かれてどうしても答えなければならない時は、あらかじめ決めておいた嘘を教えましょう。「嘘の回答をあらかじめ決めておく」というのは意外と大切で、誰に聞かれても同じことを答えておけば忘れることもないですし、身バレ対策にも有効だからです。


7 風俗バイトの種類を選ぶ
風俗バイトにも種類があり、デリヘルやソープを代表として、いろいろな業種があります。たとえばデリヘルはほとんど場合、自らがお客さんの元に足を運びますが、店舗型が多いソープの場合は、お客さんがお店にやってきます。

こんなふうに、風俗バイトにもいろいろな種類があります。絶対に身バレや知人バレをしたくない方は(皆さんそうだと思いますが)、どんな業種で働くのか、業種によってどこにメリットとデメリットがあるのかをしっかり把握しておきましょう。

業種によって「身バレ・知人バレ」の対策は若干異なるので、自分にはどれが合っているのか考えてみるのも良いですよね。



さて、こんな形で身バレ・知人バレ絶対回避!の基本対策を7つ紹介してみました。しかし風俗店のスタッフは、さらに高度な回避技を知っているかもしれません。働いているスタッフの情報はかなり貴重ですからね!

とにかく「身バレしたくない!」ということは、強くお店側に主張しておき、何かあればスタッフに相談すること。しっかり対策をしておけば、誰にもバレずに働くことはもちろん可能です!