栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

29歳デリヘル嬢が一念発起してネイルサロンを開くまで

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-27-22-19-26

(出典/Flickr)

 

今日はデリヘルで働いていた友人の話をすこし。

つい最近、友人のお店がオープンして1年経ったので、それを記念して友人のことを書いておきます。とてもかっこいいので、紹介したいと思いました。もちろん許可はもらっていますよ!

 

友人がデリヘル嬢になったのは29歳の時でした。

今から4年前の話です。

 

29歳といえばアラサーです。30歳も目前です。

30歳って女性にとっては区切りとなる時期ですよね。このままでいいのかな? とは必ず思いますし、でも新しいことをはじめるのには勇気がいる年齢です。よく考えると年齢なんて全然関係ないんですが、でもやっぱり不安になってしまうんですよね!

 

そんな年になってデリヘルなんて、いきなり突拍子もないとは思ったんですけど、30歳を目前にして何かをしてみたかったんだと言っていました。そんな友人は、デリヘルをはじめてからずいぶんと変わりました。

 

まず最初にハーブとネイルの勉強をはじめました。

学生時代には少しも勉強しなかった友人ですが、これに関しては一生懸命勉強していました。なんでもデリヘルで知り合った子が、看護学校に通うために毎日待機室で勉強していたり、資格を取るために勉強していたりと、頑張っている子が予想以上に多かったことがきっかけだったみたいです。負けてられない!って思ったのかもしれません。

 

それから3年デリヘルを続けてお金を貯めた友人は、自分でネイルサロンを開きました。これが1年前の話です。小さなお店ですが、32歳で自分のお店を持つことができたわけです。すごいことですよね!

 

デリヘルって人にはなかなか言えない仕事ですし、心配事も多いと思います。でも実際に働いている子と知り合ってみると、みんな目標があってかっこいい人ばかりなんだそうです。

 

やりたいことの多くは、お金が問題であることがほとんどです。その手段としてデリヘルで頑張っていた友人のことを、私はとても尊敬しています。だってすごくかっこいいですよね?お金があれば実際何でもできます。お店だって開けますし、思い切って世界1周に出かけることもできます。そういう道を選ぶのもかっこいいなあと思いました。

 

今回は、そんな友人の話でした!

シングルマザーの事情/子供の学費いくらかかる?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-12-17-05-54

(出典/flickr)

 

シングルマザーとして子供を育てているお母さんは、子供を大学まできっちり行かせてやりたいと考えている方が多いようです。これはお金の大切さを身にしみて感じているからでしょうか? 子供に苦労させたくないと考えるのは、きっとお母さんなら誰でも思うことなのだと思います。

 

さて今回は、子供が大学を卒業するまで、どのくらいの学費がかかるのか見ていきたいと思います。

(学費というのは、教育費、給食費、学校外の活動にかかる費用が含まれています)

 

 

□子供の学費はどのくらいかかる?

 

(1)小学校~高校にかかる学費/公立の場合

小学校 180万

中学校 135万

高校  110万

<合計 425万>

 

(2)小学校~高校にかかる学費/私立の場合

小学校 850万

中学校 390万

高校  290万

<合計 1530万>

 

(3)大学にかかる学費

国立大学(4年) 500万

私立大学(4年) 700万

(※入学金込み/あくまで目安となります。)

 

こうしてみていると、公立の学校を出て国立の大学へ入ったとしても、卒業までに935万かかります。かなり大きな数字なのでピンとこないかもしれませんよね。

 

児童手当は子供が15歳まで。児童扶養手当(母子手当)は子供が18歳になるまでです。このふたつが収入の手助けになることは間違いありませんが、それだけではとても大学まで通わせることはできません。

中学校に入ればきっと携帯が必要になるでしょうし、毎月のお小遣いも必要です。部活動によっては上記よりも費用がかかるかもしれませんし、塾に通う場合もあります。

 

たとえば高校までは公立、大学は私立を考えて計算してみます。すると費用は、なんと1千万を超えて、1130万になってしまいます! つまり現在6歳の子供がいる場合、子供が大学卒業できるよう貯金しようと思うと、計算上6万強を毎月貯金しなくてはなりません。

 

現実的に考えて、毎月6万円貯金すると考えるのはかなり難しいですよね?

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-12-17-07-07

(出典/flickr)

 

□知っておきたい奨学金制度

進学のための奨学金にも、いろいろなものがあります。知っておくと役に立つ時がくるかもしれません。

 

① 貸与タイプ

日本学生支援機構奨学金と呼ばれるもので、一番利用者が多いものです。返済義務のあるもので、大学を卒業した後に本人が少しずつ返済していくものになります。

 

② 給付タイプ

貸与タイプとは反対に、こちらは返済義務のないものです。大学独自に行っていたり、自治体で行っている場合もあります。たとえば大学を卒業した後は、この地域で4年働かなくてはならない、というような約束事がある場合が多いでしょう。

 

 

□子供が小さなうちに出来るだけ貯金する!

子供が大きくなって、勉強したい事柄があって大学へ行きたいと言った時、お金がないからダメと言うことは辛いことです。奨学金などのシステムももちろんありますが、後になって子供が苦労しないよう出来るだけ貯金しておきたいはずです。

そのために、多くのシングルマザーが提唱しているのが 「子供が小さなうちに出来るだけ貯金する!」 です。

 

自分もまだ若いうちに頑張って働いて、お金のかからない子供のうちに出来るだけ貯金をしておくこと。後になって後悔しないよう、今がチャンスということです。

 

 

この話題から繋げていくのは少しおかしいかもしれませんが、このサイトで紹介しているお店の多くの女の子は、そういったシングルマザーが多い業種です。子供の学費のために今のうちに貯金する! と頑張っている女の子が多いので、もしかしするといろいろなことが相談できるかもしれません。

もちろん副業として働くことも歓迎しているので、今のうちにお金を貯めたい! という気持ちがあるのなら、少しの期間だけでも挑戦してみるのはどうでしょうか? どのお店も歓迎しますよ!

 

女性が稼げる休日副業

スクリーンショット 2016-01-18 10.50.51

 

たとえば冬のコートやブーツ。必要なものだとしても、購入すると2~3万円ほどすぐに無くなってしまいますよね? 毎日の生活のことを考えると、なかなか欲しいものも満足に買えません。そのため、最近は女性も休日に副業を考えている方が大勢います。

 

副業としての条件は、「休日や暇な時間を利用できること」「本業を優先できること」「無理なく働けること」「ある程度、まとまったお金が稼げること」だと思います。とはいえ、なかなかその条件をクリアすることは難しいですよね? お休みの日に働こうと思うと、体力が持たず本業を圧迫してしまうこともあります。

大切なのは、あくまで本業。余った暇な時間を有効に使いたい。でもまとまったお金も欲しい。そんな気持ちなら、こちらで紹介している仕事は、どれもその条件に合うものばかりです。

 

スクリーンショット 2016-01-18 10.48.09

 

■シフト面でのメリット

大切なのは、まず本業。そのため本業を優先してシフトを組むことができます。なぜなら「週1で、5時間しか働けない」という方でも問題なく働けるお店が多いからです。これは通常の仕事ではちょっとありえないですよね?

 

■休日のように過ごすことも可能

お店の中には「自宅待機」と呼ばれる体制があります。この「自宅待機」は、呼ばれるまで自分の家で過ごしても良いということ。たとえば15時~20時までのシフトだとします。自宅待機を選べば、わざわざ15時までに出勤をしなくても良いのです。自分の部屋でDVDを見て待っていることもできてしまうんです。

 

■バレないことも大事

本業に影響をきたさないよう、仕事関係者にはバレないのも大事。その点、こういったお店はアリバイ対策がしっかりしています。家族・彼氏・旦那・友人・仕事関係者、全てに秘密にして無理なく働くことができるんです。

 

■来週の支払いに間に合わせたいときも

たとえば次の週にクレジットカードの支払いがある時。お仕事は全て日払い制なので、支払い日に合わせてシフトを入れることも可能です。あの日までに○○円必要!という目標があれば、それに合わせて働くことができるんです。

 

 

終わりに。

もちろん、お店によって対応はさまざま。副業として働いている女の子の数が多いので、お店のスタッフはそういった悩みに対してとても詳しい人ばかり。安心して相談してみましょう。わからないこと。シフトの面でこまったこと。金銭面での相談も親身になって聞いてくれる人が多いので、もしかすると心強い味方になってくれるかもしれません。

旦那さんにバレない?主婦でも働ける高収入バイト

旦那バレ02

 

2015年も残すところ、あと少しになりました。師走と呼ばれるだけあって、忙しい時期だとは思います。年末は何かと出費が多くなり、大変ですよね?

 

さて今回は、私の話になります。

そもそも私がデリヘルをしていたのは、お金に困っていたから。これは数年前の話になります。30代前半の時期です。

夫は普通のサラリーマン。子供も小さく、私も外で満足に働けない時期です。夫の趣味は、よくあるパチンコというやつで、あまり良いものじゃなかったんですよね。一生懸命働いていることは知っていたんですが、月によってはほとんどお金を入れてくれない時期があった頃です。

お金よりも愛情が大切、なんて言える人は、お金に困ったことがない人ですよね? お金がないと、心に余裕が無くなって喧嘩ばかりになってしまいます。この頃は離婚を真剣に考えていました。とはいえ先立つものも無く、慰謝料が貰える保証もなく、私が何とかしないとと一念発起して働き始めた、ということです。

 

託児所に子供を預けようにも、いろいろと条件があるんですよね。そのため長時間預けることは困難で、やっぱりフルタイムの仕事を探すのは諦めました。それで選んだのがデリヘルです。その時、条件としてお店に提示したのがこれです。

 

① 週に1~2日の出勤で、月に6回程度

② 託児所を紹介してもらうこと

③ 家族にバレないよう対策を練ってくれること

 

普通の仕事で、週に1、2回で良いと言ってくれるところはなかなかないですよね? それは本当に助かりました。②と③については、お店が率先的に考えてくれて幸いでした。

 

旦那バレ01

 

週に1~2回、月に6回程度の出勤で、だいたい月の収入が10万ほど。1日で16000円ほど稼いでいたことになります。それほど昔のことではないので、今もこの日数働くのなら、この程度の金額になるのだと思います。

 

結果的に今はもう辞めてしまいましたが、当時はヘソクリを貯めていたということにしたので、夫には一切バレませんでした。今もバレていません。そもそも働きに出ていたことさえ、気がついていません。たぶんこれからもバレることはないと思っています。

今はもう辞めてしまいましたが、家族バレ・旦那バレしないように、架空の会社の名刺をつくってくれたお店のスタッフには今も感謝しています。(結局使わずに終わりましたが)

 

現在は、夫も当時よりは少し給料も上がり、子供も大きくなったことで私も日中働きに出ています。そのため、今はそれほど生活が困窮しているというわけではありません。お金がない時期はあれほど喧嘩をしていたのに、余裕が生まれてからはあまり喧嘩もしなくなりました。やっぱりお金がないと、心に余裕が持てないものですよね?

 

デリヘルで働くことは悪いこと。そんな先入観を持っている人もいるかもしれませんが、この仕事は必要な仕事だとプライドを持って働いていましたし、それに間違いはなかったと信じています。お金がない。働く時間が取れない。そんな悩みがある方は、追い詰められる前にこんな手段もあるのだと知ってほしいと思っています。

サイレント・プア(声なき貧困)を考えてみる

 

サイレントプア01

(出典/Flickr)

 

「サイレント・プア」という言葉は知っていますか? その名の通り「声なき貧困」という意味で使われている言葉です。

 

たとえば、小さな子供を抱えた母子家庭のお母さん。手続きをすれば何らかの援助が受けられると分かっていても、日中はパートの仕事を休めずに相談窓口に行くことができない。たとえ相談窓口に行けたとしても、問題が多岐に渡っているため、どこの窓口に相談していいか分からない。提出を求められる書類が多すぎて疲れてしまって先に進めなかったり、そもそも精神的に疲弊していて、相談窓口にさえ行くことができない。もしかすると市役所の窓口に行く交通費さえないかもしれない……。

 

こんなふうに誰にも相談できず、声をあげて「たすけて」と訴えることができない、そういった生活をしている方を「サイレント・プア」と呼んでいます。

 

近年、こういった貧困の中で苦しんでいる女性が多いと言われています。働く単身女性の3分の1が年収114万円未満と言われ、特に母子家庭では深刻な問題になっていると考えられています。

 

サイレントプア02

(出典/Flickr)

 

もしもそんな立場になったら、どうやってその生活から抜け出していいか分からないですよね? 本当に切羽詰まると手続きにさえ行けなかったり、手続きをしようにも、もしも小さな子供がいるとしたら、それがどんな悪影響を及ぼすかと心配になって足が遠のいてしまったり。そんなふうに、いろいろと考え込んでしまうはず。

実はお店で働いている女の子たちは、もともとそういった事情を抱えている場合が多いんです。

 

基本的に掲載されているお店は、ほとんどが給料を当日払いにしています。現金がその日のうちに貰えるのって、魅力的ですよね? サイレント・プアと呼ばれる状態から抜け出す、最初の行動のきっかけを掴むために、体験入店を希望したり、働きはじめる女性は少なくありません。お店への問い合わせも、そういった悩みを抱えている女性がとても多いんです。

 

金銭面で困っている。そんな悩みを人に話すのは恥ずかしいかもしれませんが、同じような立場で働いている方はとても多い環境です。もしも困っていることがあれば、お店のスタッフが相談にのってくれますし、もしかすると同じ仲間を見つけることで気持ちが楽になる場合だってあります。何よりも、働きはじめてみることで、金銭面で生活が楽になって心に余裕が生まれるかもしれません。

 

どうしていいか分からない時、新しく行動するきっかけになるのなら、一度お店で体験入店をしてみるというのも良いのでは?と思います。お店のスタッフは、実はそういった悩みを多く聞いてきたので、いろいろとアドバイスが貰えるかもしれません。

 

何かのきっかけを掴むために働いてみたいと思うのなら、いつでもお店のスタッフに相談してみてください。もしかすると新しい道が開けるかもしれません。

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集