栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

こんな私でも働けました・デリヘル編

(出典/flickr)

 

突然ですが、デリヘルではどんな人が働いていると思いますか?

 

もしかすると「若くてキレイな子」だけが雇ってもらえる、というイメージが強いかもしれませんが、実際には本当に「普通」の子ばかりです。

 

「働いてみたいけど、私はきっと働けない。だって私は○○だから……」

 

こんなふうに思っている人が、実はたくさんいると知って驚いてしまいました。そんな理由で働けないと思っているのならもったいない! というわけで今回は、よくある悩みについて書いてみたいと思います。

 

 

たとえば多いのが下記のようなお悩みです。

 

・妊娠線、帝王切開の痕がある
・男性経験が浅い
・身長が高い(180cm以上など)
・太っている
・50歳以上

 

まずこちら、問題ありません。

妊娠線や帝王切開の痕は、人妻系のお店ならよくある話です。自分が気にしているのなら別ですが、気にしないお客様のほうが多いようです。男性経験が浅いことを気にしている方も多いのですが、そもそも「経験が浅い」ように振る舞うことで人気が出ることもあるので、むしろ「良い」と思われる可能性のほうが高いです。

 

同じように、身長がすごーく高くても、太っていても、50歳以上だったとしても、需要はあります。そういう方を望んでやってくるお客さんも多いので、常連客がつく可能性だってあります。

 

 

さらにこんな悩みもあります。

 

・ニューハーフ
・絶対に顔出ししたくない
・どうしてもキスしたくない

 

実はこちらも、問題ありません。
まず、ニューハーフの方も実際に働いています。都内に行けば専門店もあるくらい需要があるものです。もちろん専門店でなくても、交渉次第では一般のお店で働ける可能性があります。

 

顔出ししたくない、 という要望はほぼ100%問題ありません。心配な場合は、面接を受ける前にそのお店の広告を見てみましょう。広告で女の子たちが顔出しをしていないお店を選べば、顔を出して、と言われる心配もありません。

 

キスをしたくない、という要望はもしかすると一般的なデリヘルでは難しいかもしれません。もちろんそれでもOKというお店はありますが、心配な場合はオナクラやマッサージ系にすれば大丈夫です。金銭面でデリヘルが良いと考えている場合は、面接の段階で相談してみましょう。それでもOKと言われる可能性は十分にあります。

 

 

どうですか?
少しは悩みは解決しましたか?
働きたいけど働けない、だって私は○○だから……、という悩みがあって働かないなんてもったいないと思います。お金をたくさん稼ぎたいと思うことは、少しも恥ずかしいことではありません。今はLINEで何でも相談できるので、電話でなくても大丈夫です。遠慮せず、スタッフさんを困らせてやるくらいの気持ちでどんどん聞いてしまいましょう。

コンプレックスを逆手にとる!

 コンプレックス01

 (出典/Flickr)

 

ニキビ、体型、一重まぶた。胸が小さいところ。口下手なところ。歯並びが悪いところ。どんな人にでもコンプレックスは当たり前にあると思います。コンプレックスなんてない、と胸を張れる人なんていないはず。

そんなふうに誰もが抱えているコンプレックスですが、実はそのコンプレックスのせいで、自分は働けないのでは?と躊躇してしまう人も多いんです。

 

■自分の道を狭めてませんか?

たとえば体型のこと。自分は太っているから働けないのでは?と思っている人も多いみたいです。「太っていますが、働けますか?」とお店に問い合わせが来ることも珍しくありません。答えは「YES」です。もちろん働けます。ぽっちゃり専門店というものが存在するくらいなので、需要は確実にあります。

 

たとえば年齢のこと。もう20代という若い年齢でもないし、働き口もないのでは?と思う人もいると思います。でも実際には50代の方も働いています。年齢で働けないということはありません。

 

たとえば胸が小さいことがコンプレックスだという方。大きな胸が好きだという男性と同じくらい、小さな胸が好みという男性がいるのはご存知ですか?

 

お店には多くの「○○ですが、働けますか?」という問い合わせがきます。実はそのほとんどがお店にとっては「問題ない」ことが多いんです。長所と短所は同じものだと言われることが多いですよね? それと同じで、コンプレックスが一番の武器になる場合もあるんです。

 

コンプレックス02

 (出典/Flickr)

 

■コンプレックスを逆手にとる!

とはいえ、こんな話もあります。一重まぶたがコンプレックスで、いつも下を向いていた子が二重に整形したことによって、性格も明るくなってモテるようになった……というもの。よくある話ですが、自信を持って生きていくために、たとえば整形が必要なら、やってみるのも良いのでは?と思います。そのための資金を稼ぎたいんだ!という動機だってお店の人にとってみたら大歓迎。きっと協力だって惜しまないと思います。

 

女性の考えるコンプレックスは、男性の考えるものとは必ずしも一致しません。他人はそれほど気にしてないことでも、自分の中では大きな問題だと深刻に受け止めすぎて、自らの道を狭めていたりはしませんか?○○だからダメだと思わず、気になるお店があれば問い合わせてみてください。予想している以上に、いろんな人が働いているんだと知ることができると思いますよ。

タトゥーがあっても仕事が出来る?

タトゥーtop

 

腕や肩や足首。普段は隠しているけど、タトゥーがあるから肌が出る場所では働けない。

自慢のタトゥーだとしても、脱毛やジム、温泉などで断られることがあると気になってしまいますよね?

とはいえ、タトゥーがあるから働けない…。なんて不安に思っているのでしたら、安心しても大丈夫。今日はそれについて、少しだけ説明したいと思います。

 

まずお店を探していると、説明欄にはじめから「タトゥーOK」と掲載されているところもありますよね? もちろんこういったお店はタトゥーOK! 中にはそれを売りにしているところもあるので、自慢のタトゥーでしたら、こういったお店を選ぶのもひとつの手。けれど、わざわざタトゥーについて記載しているお店は数が少ないですよね?

 

大抵のお店はタトゥーの有る無しの記載をしていませんが、ワンポイント程度ならまず大丈夫。多くの女の子はタトゥーを隠すことなく働いています。とはいえ、自分で判断するワンポイントと、他人が判断するワンポイントには少しズレがあるもの。大丈夫だと過信しないで、お店の人に相談してみてくださいね。

 

タトゥーの大きさ、程度、入っている場所。たとえばそれを先にスタッフに告げるだけで、「しっかりしている子」と思ってもらえることもあります。お店のスタッフは、長く一生懸命働いてくれる子を探しているので、こういったことをキチンと伝えると信頼度も上がります。後々働きやすい環境を作ることにもつながるので、これもまた大事なこと。

 

もちろん中には、タトゥーは一切ダメと断られる場合もあります。でもそういう時は気にせず、ほかのお店を探してみましょう。

 

タトゥー02

 

さて、ここまでタトゥーについて書いてみましたが、実は入れてしまったことで悩んでいる方が多いのも事実。ファッションや誓いとして入れたとしても、後になって後悔するというのも珍しくありません。

 

一度入れてしまったタトゥーを消すのは、実は消すこともよりも大変なこと。お金も時間もかかるうえ、完全に綺麗に消すというのは今でもなかなか難しいんです。コンシーラで隠すのも、やっぱり限界があります。なんといってもここは日本で、残念ながら海外に比べるとタトゥー文化はまだまだ認められていません。実行前に、よく考えることが大切。

とはいえ、入れてしまった後にこんなことを聞いても仕方がないですよね。かっこいいタトゥーの入った体って、やっぱり憧れます。

 

なにはともあれ、恥じることなく、どんどんお店の人に相談してみましょう。もしかすると、それが良い結果につながるかもしれませんよ?

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集