栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

人間関係や環境・今の仕事に疲れた方も働けます

(出典/flickr)

 

実はデリヘルには、元は派遣で働いていた女の子たちがたくさんいます。

 

派遣の仕事は給料も高く、好条件に思えますよね?実際、私もそう思っていました。しかしデリヘルで働く多くの女の子たちは、その環境が嫌で抜け出してきた子が多いんです。理由を聞いてみると、やはり「疲れた」という話ばかりを聞きます。

 

たとえば突然の休日出勤や、セクハラやパワハラ。顔を合わせるたびに飲み会を開いてとお願いされること。社員のミスを派遣が押し付けられることや、待遇の違い。

 

その他にも「クレーム係にされてしまった」「社員よりも仕事ができると逆に潰されてしまう」なんて声も聞きました。ストレスで買い物に走ってしまい、働いても働いてもお金が貯まらず、何のために働いているのかわからなくなってしまった、という悪循環に陥ってしまったという話もあります。

 

派遣で働くというのはどこも大変そうです。結局は、仕事環境や人間関係が大きく左右するのだなと感じます。

 

「キャバクラで働いたこともあったけれど、結局は人と話すことが仕事なので疲れてしまった」

「同僚の女の子たちと仲が悪いわけじゃなかったけれど、女の子同士でお客さんの奪い合いがあって疲れてしまった」

 

デリヘルと混同されがちなキャバクラでは、こんな意見があります。キャバクラは、やはり人と会話をすることが好きでないと続けられない仕事です。会話で盛り上げて、気持ちよく過ごしていただくことが仕事になるので、会話術が最も重要になるお仕事です。人間関係で疲れてしまった、という方にはもしかすると不向きかもしれませんよね。

 

どこの世界も接客業は大変ですが、その点デリヘルは常に一対一でお客さんと向き合う仕事です。人見知りでも「一対一なら大丈夫」という方って意外と多いですよね?同僚の女の子たちと一緒に頑張る必要もありません。待機室に入ってしまえば、話そうとしない限り、誰とも顔を合わせることもありません。

 

(出典/flickr)

 

「今は疲れてしまった」

「誰とも無理に話したくない」

「一人で仕事したい」

 

実はデリヘルは、こんな人にこそぴったりなんだと思います。

 

働く期間は一時的でも良いですし、次の仕事が決まるまでの繋ぎとして考えても良いと思います。少しの間だけの生活費を稼ぐという気持ちで働いている子はとっても多いです。

 

今の仕事が好きで満足しているのなら、それはとっても良いことだと思います。しかし人間関係や環境に疲れてしまって、しばらくゆっくりしたいけど、そんなお金はないと思う方に、このお仕事をおすすめしたいと思います。疲れていた気持ちが回復したら、今度はやりたい仕事のための仕事探しを始めたら良いのかもしれませんよね。

女性が稼げる休日副業

スクリーンショット 2016-01-18 10.50.51

 

たとえば冬のコートやブーツ。必要なものだとしても、購入すると2~3万円ほどすぐに無くなってしまいますよね? 毎日の生活のことを考えると、なかなか欲しいものも満足に買えません。そのため、最近は女性も休日に副業を考えている方が大勢います。

 

副業としての条件は、「休日や暇な時間を利用できること」「本業を優先できること」「無理なく働けること」「ある程度、まとまったお金が稼げること」だと思います。とはいえ、なかなかその条件をクリアすることは難しいですよね? お休みの日に働こうと思うと、体力が持たず本業を圧迫してしまうこともあります。

大切なのは、あくまで本業。余った暇な時間を有効に使いたい。でもまとまったお金も欲しい。そんな気持ちなら、こちらで紹介している仕事は、どれもその条件に合うものばかりです。

 

スクリーンショット 2016-01-18 10.48.09

 

■シフト面でのメリット

大切なのは、まず本業。そのため本業を優先してシフトを組むことができます。なぜなら「週1で、5時間しか働けない」という方でも問題なく働けるお店が多いからです。これは通常の仕事ではちょっとありえないですよね?

 

■休日のように過ごすことも可能

お店の中には「自宅待機」と呼ばれる体制があります。この「自宅待機」は、呼ばれるまで自分の家で過ごしても良いということ。たとえば15時~20時までのシフトだとします。自宅待機を選べば、わざわざ15時までに出勤をしなくても良いのです。自分の部屋でDVDを見て待っていることもできてしまうんです。

 

■バレないことも大事

本業に影響をきたさないよう、仕事関係者にはバレないのも大事。その点、こういったお店はアリバイ対策がしっかりしています。家族・彼氏・旦那・友人・仕事関係者、全てに秘密にして無理なく働くことができるんです。

 

■来週の支払いに間に合わせたいときも

たとえば次の週にクレジットカードの支払いがある時。お仕事は全て日払い制なので、支払い日に合わせてシフトを入れることも可能です。あの日までに○○円必要!という目標があれば、それに合わせて働くことができるんです。

 

 

終わりに。

もちろん、お店によって対応はさまざま。副業として働いている女の子の数が多いので、お店のスタッフはそういった悩みに対してとても詳しい人ばかり。安心して相談してみましょう。わからないこと。シフトの面でこまったこと。金銭面での相談も親身になって聞いてくれる人が多いので、もしかすると心強い味方になってくれるかもしれません。

旦那さんにバレない?主婦でも働ける高収入バイト

旦那バレ02

 

2015年も残すところ、あと少しになりました。師走と呼ばれるだけあって、忙しい時期だとは思います。年末は何かと出費が多くなり、大変ですよね?

 

さて今回は、私の話になります。

そもそも私がデリヘルをしていたのは、お金に困っていたから。これは数年前の話になります。30代前半の時期です。

夫は普通のサラリーマン。子供も小さく、私も外で満足に働けない時期です。夫の趣味は、よくあるパチンコというやつで、あまり良いものじゃなかったんですよね。一生懸命働いていることは知っていたんですが、月によってはほとんどお金を入れてくれない時期があった頃です。

お金よりも愛情が大切、なんて言える人は、お金に困ったことがない人ですよね? お金がないと、心に余裕が無くなって喧嘩ばかりになってしまいます。この頃は離婚を真剣に考えていました。とはいえ先立つものも無く、慰謝料が貰える保証もなく、私が何とかしないとと一念発起して働き始めた、ということです。

 

託児所に子供を預けようにも、いろいろと条件があるんですよね。そのため長時間預けることは困難で、やっぱりフルタイムの仕事を探すのは諦めました。それで選んだのがデリヘルです。その時、条件としてお店に提示したのがこれです。

 

① 週に1~2日の出勤で、月に6回程度

② 託児所を紹介してもらうこと

③ 家族にバレないよう対策を練ってくれること

 

普通の仕事で、週に1、2回で良いと言ってくれるところはなかなかないですよね? それは本当に助かりました。②と③については、お店が率先的に考えてくれて幸いでした。

 

旦那バレ01

 

週に1~2回、月に6回程度の出勤で、だいたい月の収入が10万ほど。1日で16000円ほど稼いでいたことになります。それほど昔のことではないので、今もこの日数働くのなら、この程度の金額になるのだと思います。

 

結果的に今はもう辞めてしまいましたが、当時はヘソクリを貯めていたということにしたので、夫には一切バレませんでした。今もバレていません。そもそも働きに出ていたことさえ、気がついていません。たぶんこれからもバレることはないと思っています。

今はもう辞めてしまいましたが、家族バレ・旦那バレしないように、架空の会社の名刺をつくってくれたお店のスタッフには今も感謝しています。(結局使わずに終わりましたが)

 

現在は、夫も当時よりは少し給料も上がり、子供も大きくなったことで私も日中働きに出ています。そのため、今はそれほど生活が困窮しているというわけではありません。お金がない時期はあれほど喧嘩をしていたのに、余裕が生まれてからはあまり喧嘩もしなくなりました。やっぱりお金がないと、心に余裕が持てないものですよね?

 

デリヘルで働くことは悪いこと。そんな先入観を持っている人もいるかもしれませんが、この仕事は必要な仕事だとプライドを持って働いていましたし、それに間違いはなかったと信じています。お金がない。働く時間が取れない。そんな悩みがある方は、追い詰められる前にこんな手段もあるのだと知ってほしいと思っています。

サイレント・プア(声なき貧困)を考えてみる

 

サイレントプア01

(出典/Flickr)

 

「サイレント・プア」という言葉は知っていますか? その名の通り「声なき貧困」という意味で使われている言葉です。

 

たとえば、小さな子供を抱えた母子家庭のお母さん。手続きをすれば何らかの援助が受けられると分かっていても、日中はパートの仕事を休めずに相談窓口に行くことができない。たとえ相談窓口に行けたとしても、問題が多岐に渡っているため、どこの窓口に相談していいか分からない。提出を求められる書類が多すぎて疲れてしまって先に進めなかったり、そもそも精神的に疲弊していて、相談窓口にさえ行くことができない。もしかすると市役所の窓口に行く交通費さえないかもしれない……。

 

こんなふうに誰にも相談できず、声をあげて「たすけて」と訴えることができない、そういった生活をしている方を「サイレント・プア」と呼んでいます。

 

近年、こういった貧困の中で苦しんでいる女性が多いと言われています。働く単身女性の3分の1が年収114万円未満と言われ、特に母子家庭では深刻な問題になっていると考えられています。

 

サイレントプア02

(出典/Flickr)

 

もしもそんな立場になったら、どうやってその生活から抜け出していいか分からないですよね? 本当に切羽詰まると手続きにさえ行けなかったり、手続きをしようにも、もしも小さな子供がいるとしたら、それがどんな悪影響を及ぼすかと心配になって足が遠のいてしまったり。そんなふうに、いろいろと考え込んでしまうはず。

実はお店で働いている女の子たちは、もともとそういった事情を抱えている場合が多いんです。

 

基本的に掲載されているお店は、ほとんどが給料を当日払いにしています。現金がその日のうちに貰えるのって、魅力的ですよね? サイレント・プアと呼ばれる状態から抜け出す、最初の行動のきっかけを掴むために、体験入店を希望したり、働きはじめる女性は少なくありません。お店への問い合わせも、そういった悩みを抱えている女性がとても多いんです。

 

金銭面で困っている。そんな悩みを人に話すのは恥ずかしいかもしれませんが、同じような立場で働いている方はとても多い環境です。もしも困っていることがあれば、お店のスタッフが相談にのってくれますし、もしかすると同じ仲間を見つけることで気持ちが楽になる場合だってあります。何よりも、働きはじめてみることで、金銭面で生活が楽になって心に余裕が生まれるかもしれません。

 

どうしていいか分からない時、新しく行動するきっかけになるのなら、一度お店で体験入店をしてみるというのも良いのでは?と思います。お店のスタッフは、実はそういった悩みを多く聞いてきたので、いろいろとアドバイスが貰えるかもしれません。

 

何かのきっかけを掴むために働いてみたいと思うのなら、いつでもお店のスタッフに相談してみてください。もしかすると新しい道が開けるかもしれません。

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集