栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

DVの種類と、栃木の相談窓口について

(出典/flickr)

 

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者、または恋人、親子関係、親しい関係などから加えられる暴力のことを指しています。

 

この 「暴力」 とは、身体的暴力だけを意味しているのではありません。今回は、このDVについて詳しく見ていきたいと思います。

 

 

DVの種類

DVには大きく分けて、「身体的暴力」「精神的暴力」「社会的暴力」「経済的暴力」「性的虐待」の5つに分類されると言われています。

 

(1)身体的暴力
殴る、蹴るなどの外傷の残る暴力はもちろんのこと、物をなげつける、食事を与えない、冬に外に締め出す、部屋から外に出さないなども挙げることができます。身体的暴力とは外傷が出来るような物事だけではありません。

 

(2)精神的暴力
大声で怒鳴りつけたり、言葉を無視したり、人前で馬鹿にすることが精神的暴力になります。大切にしているものを壊したり、ペットを虐待したり、「別れるなら自殺する」と脅すことも、DVとしてあげることができます。このように直接的な暴力ではなくとも、恐怖を感じさせる行為はDVにあたります。

 

(3)社会的暴力
携帯やパソコンの所有を認めない、電話やメールの相手や、そのやりとりを監視するなどの行為が社会的暴力になります。友人との交友関係ではなく、親兄弟からも隔離したがり、社会的な繋がりを持たせない、ということがあげられます。

 

(4)経済的暴力
生活費を入れない、生活費を使って自分の遊興費に使ってしまうなどが経済的暴力になります。仕事をさせない、借金を繰り返す、細かい買い物の指示が出される、なども経済的暴力の一種です。

 

(5)性的虐待
性行為の強要や避妊をしないことが性的虐待とされるものです。その他には、特別な行為を強要することや、AVを無理に見せること、異常な嫉妬をすることもあげられるでしょう。夫婦間でのDVとしてあまり認識されていない部分がありますが、性的虐待は性的暴行に発展する可能性も高いため、DVであると認識することが必要になります。

 

このように、身体的な暴力だけをDVと呼ぶのではありません。

 

 

DV被害の相談窓口

 

□女性センター
すべての都道府県に必ず一ヶ所以上は設置されている相談所です。(ウィメンズプラザ、男女共同参画センターなどの名称がついている場合もあります。)栃木県の場合、宇都宮市に 「パルティ とちぎ男女共同参画センター」 という場所があります。こちらの相談ルームでは、DV相談、DVに関する法律相談などを無料で行っています。

 

栃木県のDV相談として、福祉事務所や市の相談窓口、民間のものも記載されているので、こちらを参考にしてみるのも良いと思います。

栃木のDV相談先

 

□警察
深刻な被害が出てしまう前に、警察に相談することも視野にいれましょう。
警察へ相談に行く場合は、「生活安全課」が窓口になります。こちらの窓口はDV対応のために女性の警察官が配置されていることが多いので、安心して相談することができるかと思います。

 

 

DV被害は増えていると言われています。自分が被害にあっている時だけではなく、周りにいる誰かが被害にあっているかもしれない時は、さりげなく相談所の存在を教えてあげることが大切かもしれません。参考にしてみてください。

離婚前に知っておくべき3つのこと

スクリーンショット 2016-04-21 0.01.44 

(出典/flickr)

 

離婚を考えているけれど、具体的にまず何が必要なのかが分からない場合は多いですよね? 離婚するのは結婚するよりも大変なこと。よく言われることですが、これは間違いではありません。調停や起訴を行う場合にかかる日数や、その間のストレス。もちろんお金もかかってきます。

 

そのために大切なのは、事前準備をしっかりすること。もしも子供がいるのなら、尚更大切になってくる準備です。後悔しないためには、まず知ることが大切!

 

(1)離婚前に出来るだけお金を貯める

もしもあなたが今、専業主婦なのだとしたら、まず最初に考えるべきことは「仕事の確保」です。

 

お互いの合意のもと離婚できるのであれば良いですが、そう上手くいかない場合もあります。もし離婚調停になった場合、弁護士費用や、その間の生活費がかかります。実家に戻れずアパート等を借りる場合は、敷金・礼金などの費用も考えておくべき。

 

・引越し費用(敷金、礼金も含める)

・当面の生活費

・弁護士に依頼する場合の費用

 

 

(2)離婚後、経済的に自立できること

離婚が成立した後、自立するためにも仕事は最重要です。自分で稼げるお金と、元夫から貰える金額(慰謝料・養育費)で生活が出来るか計算しておくことは大事なこと。

 

(注意!)浮気や暴力で相手側に責任がある場合でも、相手に貯金がない場合は慰謝料を請求しても、支払えない、または支払いに応じない場合もあります。相手側からの慰謝料・養育費がないと生活できないという状況だけは避けましょう。

 

 

(3)財産分与など、貰える金額を調べておく

 

■財産分与■

結婚後、夫婦間で得た財産を半分もらうことができます。

・現金(貯金)

・家具や家電など

 

■慰謝料■

・夫の浮気、不倫があった

・暴力やモラハラを受けていた

 

上記のことがあれば、慰謝料を請求することができます。金額に規定はないため話し合いで決まるものですが、取り決めの内容は後々トラブルにならないよう、必ず書面で残しておくこと!

 

■養育費■

たとえ妻側に不貞があり離婚に至った場合でも、養育費は夫から支払われます。

大抵の場合、家庭裁判所による「養育費算定表」を元に決められます。もしも途中で支払いがストップした場合、夫の給料や貯金を差し押さえる手段もあるということなので、困った時は弁護士に相談することを視野に。

 

Q 弁護士はどこで探せばいいのか?

「法テラス」という国が設立した法的トラブル解決の総合案内所があります。こちらで相談してみるのも良いかも。インターネットで検索してみるとすぐに見つかりますよ。

 

スクリーンショット 2016-04-21 0.00.51

(出典/flickr)

 

さて上記の通り、大きくわけて3つの準備。その中で、何事にも必要になってくるのが「お金」です。

 

まず「仕事を見つけて経済的に自立すること」 「出来るだけお金を貯めること」、 このふたつが出来れば、かなり心に余裕が生まれます。余裕が生まれることによって、もしかすると結果的に離婚しなくても良いと思えるようになるかもしれません。

 

さて、このサイトで紹介しているお店の中でも、こういった問題に対して積極的に支援してくれるお店は数多くあります。

たとえば「寮の完備」「託児所の紹介あり」「最低賃金保証」など。チェックしておきたい部分はたくさんありますよね。現在貯金がゼロに等しい方は、ある程度の資金を貯めるためにも考えてみるのはどうでしょうか?

離婚資金のために働きはじめる方は意外と多いので、同じ悩みを持つ仲間が見つかるかも。資格を取り、しっかりとした職につきたい時も、待機中に勉強する時間をたっぷり取れるのも良いところ。お金がないと悩む前に、一度問い合わせをしてみてはどうでしょうか?

サイレント・プア(声なき貧困)を考えてみる

 

サイレントプア01

(出典/Flickr)

 

「サイレント・プア」という言葉は知っていますか? その名の通り「声なき貧困」という意味で使われている言葉です。

 

たとえば、小さな子供を抱えた母子家庭のお母さん。手続きをすれば何らかの援助が受けられると分かっていても、日中はパートの仕事を休めずに相談窓口に行くことができない。たとえ相談窓口に行けたとしても、問題が多岐に渡っているため、どこの窓口に相談していいか分からない。提出を求められる書類が多すぎて疲れてしまって先に進めなかったり、そもそも精神的に疲弊していて、相談窓口にさえ行くことができない。もしかすると市役所の窓口に行く交通費さえないかもしれない……。

 

こんなふうに誰にも相談できず、声をあげて「たすけて」と訴えることができない、そういった生活をしている方を「サイレント・プア」と呼んでいます。

 

近年、こういった貧困の中で苦しんでいる女性が多いと言われています。働く単身女性の3分の1が年収114万円未満と言われ、特に母子家庭では深刻な問題になっていると考えられています。

 

サイレントプア02

(出典/Flickr)

 

もしもそんな立場になったら、どうやってその生活から抜け出していいか分からないですよね? 本当に切羽詰まると手続きにさえ行けなかったり、手続きをしようにも、もしも小さな子供がいるとしたら、それがどんな悪影響を及ぼすかと心配になって足が遠のいてしまったり。そんなふうに、いろいろと考え込んでしまうはず。

実はお店で働いている女の子たちは、もともとそういった事情を抱えている場合が多いんです。

 

基本的に掲載されているお店は、ほとんどが給料を当日払いにしています。現金がその日のうちに貰えるのって、魅力的ですよね? サイレント・プアと呼ばれる状態から抜け出す、最初の行動のきっかけを掴むために、体験入店を希望したり、働きはじめる女性は少なくありません。お店への問い合わせも、そういった悩みを抱えている女性がとても多いんです。

 

金銭面で困っている。そんな悩みを人に話すのは恥ずかしいかもしれませんが、同じような立場で働いている方はとても多い環境です。もしも困っていることがあれば、お店のスタッフが相談にのってくれますし、もしかすると同じ仲間を見つけることで気持ちが楽になる場合だってあります。何よりも、働きはじめてみることで、金銭面で生活が楽になって心に余裕が生まれるかもしれません。

 

どうしていいか分からない時、新しく行動するきっかけになるのなら、一度お店で体験入店をしてみるというのも良いのでは?と思います。お店のスタッフは、実はそういった悩みを多く聞いてきたので、いろいろとアドバイスが貰えるかもしれません。

 

何かのきっかけを掴むために働いてみたいと思うのなら、いつでもお店のスタッフに相談してみてください。もしかすると新しい道が開けるかもしれません。

宇都宮のシングルマザー支援制度とは?

 シングルマザー02

 

ひとりで小さな子供を育てるのは大変なこと。多くのシングルマザーが毎日を頑張っていると思いますが、実は全国的にもトップクラスにあるのが、栃木県宇都宮市の子育て支援。就労支援や経済的支援など、種類も多くあるので知らないと損することばかりなんです。今回はシングルマザーを支援するための制度を少しだけ紹介しますね。

 

簡単に説明すると、宇都宮のシングルマザー支援は大きく分けて5つ。

 

■母子家庭の相談なら何でも聞いてくれる総合相談

 

■働くことに関して様々なサポートをしてくれる就労支援制度。ここではパソコン・事務・語学・福祉などの資格取得をサポートしてくれるだけではなく、その時にかかった費用の50%に相当する額も支給されます。相談してみて損はないはず。

 

■就職活動中や病気になった時、家庭生活を支援してくれる子育て支援制度。早めに相談しておけば本当に困った時に助けてくれます。

 

■どうしても困ることの多いお金の面でのサポートをしてくれる経済支援制度

「児童扶養手当」「遺児手当」「児童福祉手当」「ひとり親家庭医療費助成制度」と色々とありますが、そこにプラスして今年の10月からスタートする支援が「ひとり親家庭支援手当」です。新たに増えた支援制度なので、どんな支援が受けられるのか分からない時は窓口で確認してみるべき。

 

■その他、生活資金や子供の就学資金を貸してくれる資金貸付制度。申し込むためには審査がありますが、しっかりと計画を立てて利用すれば、これだけ心強い支援もありませんよね?

 

大きく分けて5つ紹介してみましたが、自分がどこに当てはまるのか分からない場合は、「総合相談窓口」に行けば大丈夫!手続きがよく分からない、なんて方も窓口の方はスペシャリストなので大丈夫。何でも聞いてしまいましょう!もちろん支援を受けるためには様々な条件があります。自分のためだけではなく、子供のためになることなので、しっかり相談してみてくださいね。

 

シングルマザー

 

その他にも、宇都宮市ではおもしろい取り組みが色々とあるので、それも少し紹介してみますね!

たとえば「赤ちゃんの駅

これは小さな乳幼児を抱えたお母さんが、もっと気軽に外出できるよう登録されたもの。人の目を気にせず授乳できるスペースがあったり、ミルク用のお湯が用意されている場合もあるもの。名前もかわいいですよね?

 

困ったことを相談してみると、こんな支援制度まであったのか、と驚くことばかり。助けてくれるのは、もちろんお金の面だけではなく、子育てに関しての悩みなども相談にのってくれる専門家がいます。

ひとりで子供を育てるのは大変なことです。悩んだら思い切って専門家に悩みを全部打ち明けてみましょう。そうすることによって、自分だけではなく子供のためにも良いことがたくさんあるかもしれません。

 

これらの支援制度を使ってもまだ不安は付きまとうことってありますよね。それならば、こんな働き方もあるのだと少しは心の片隅に置いてみてはいかがでしょか?

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集