栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

29歳デリヘル嬢が一念発起してネイルサロンを開くまで

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-27-22-19-26

(出典/Flickr)

 

今日はデリヘルで働いていた友人の話をすこし。

つい最近、友人のお店がオープンして1年経ったので、それを記念して友人のことを書いておきます。とてもかっこいいので、紹介したいと思いました。もちろん許可はもらっていますよ!

 

友人がデリヘル嬢になったのは29歳の時でした。

今から4年前の話です。

 

29歳といえばアラサーです。30歳も目前です。

30歳って女性にとっては区切りとなる時期ですよね。このままでいいのかな? とは必ず思いますし、でも新しいことをはじめるのには勇気がいる年齢です。よく考えると年齢なんて全然関係ないんですが、でもやっぱり不安になってしまうんですよね!

 

そんな年になってデリヘルなんて、いきなり突拍子もないとは思ったんですけど、30歳を目前にして何かをしてみたかったんだと言っていました。そんな友人は、デリヘルをはじめてからずいぶんと変わりました。

 

まず最初にハーブとネイルの勉強をはじめました。

学生時代には少しも勉強しなかった友人ですが、これに関しては一生懸命勉強していました。なんでもデリヘルで知り合った子が、看護学校に通うために毎日待機室で勉強していたり、資格を取るために勉強していたりと、頑張っている子が予想以上に多かったことがきっかけだったみたいです。負けてられない!って思ったのかもしれません。

 

それから3年デリヘルを続けてお金を貯めた友人は、自分でネイルサロンを開きました。これが1年前の話です。小さなお店ですが、32歳で自分のお店を持つことができたわけです。すごいことですよね!

 

デリヘルって人にはなかなか言えない仕事ですし、心配事も多いと思います。でも実際に働いている子と知り合ってみると、みんな目標があってかっこいい人ばかりなんだそうです。

 

やりたいことの多くは、お金が問題であることがほとんどです。その手段としてデリヘルで頑張っていた友人のことを、私はとても尊敬しています。だってすごくかっこいいですよね?お金があれば実際何でもできます。お店だって開けますし、思い切って世界1周に出かけることもできます。そういう道を選ぶのもかっこいいなあと思いました。

 

今回は、そんな友人の話でした!

<お仕事前に>卒業を目指して働こう!

スクリーンショット 2016-05-17 18.09.20

あなたには叶えたい夢はありませんか?

叶えてみたいと思いませんか?

 

さて突然ですが、人生のうち、仕事をしている時間は総じて12年分なんだそうです。

有名な話だとは思いますが、個人差はあれど、だいたい平均してそれくらいの時間を、私たちは仕事に費やしています。(ちなみに睡眠時間は25年分!)

 

この結果に「あれ?それだけ?」と思う人もいれば「そんなに働いているの?」と思う人もいるはず。12年、場合によってはそれ以上の年月をかける「仕事」って一体何なのでしょうか?

 

社会に出ると「好きなことを仕事にしている人は一握りだけ」という雰囲気が、何となく蔓延しているとは思います。

でも、実際はそんなこともなく、少し前にとられた「働く男女にとったアンケート」の結果を見てみると、10人中3人が「好きな仕事をしている」と答えています。つまり3割の人が、好きなことを仕事にしているのが実情です。

 

さて何が言いたいかというと、ここまで全て前フリです。

本題は「毎日働くのなら、好きなことを仕事にしたい!」ということ。

私は今までそう思って仕事を選んできました。これを読んでくれている、あなたはどうですか?

 

スクリーンショット 2016-05-17 18.09.54

 

ここはデリヘルを中心にお仕事を紹介しているサイトですが、ここで働く女の子たちの多くが「叶えたい夢」があって、それのために一生懸命にお金を稼いでいることは、案外知られていないかもしれません。

 

ネイルサロンを開きたい。カフェを開きたい。正看護師の資格をとりたい。世界一周をしたい。そんな大きな夢を叶えるため、この仕事を選んだ女の子たちが実はたくさんいるんです。いうなれば、野望を抱えた女の子たちが、それはそれはたくさんいる業界なんです。

初心を装って、何も知らないふりをして、にこにこ笑って働いていますが、その実、内なる野望にめらめら燃えている。ちょっと、いやかなり、そういった意味では面白い業界だと思います。

 

いつの間にか大金を稼いで独立開業した子は、今は立派なオーナーとしてバリバリ働いているし、待機時間の間に資格試験の勉強をして行政書士になった子は、資格を活かして人に自慢できる仕事を手に入れました。そんな女の子たちにとって、このお仕事は夢を叶えるための通過点みたいなものだったのだと思います。

 

働く前から「仕事を辞めた後」を考えるのもちょっとおかしな話ですが、「この仕事を卒業する時、自分がどうなっているのか」を考えるのは悪いことではないはず。

「○○円貯まるまで」「半年間だけ」「資格がとれるまで」と、目標の金額や期間を決めて取り組んでみるのも良いですよね。実際、これほどたくさんの人と職種を超えて話すことが出来る仕事って、やっぱり無いと思います。普段は絶対に聞けないような話が聞ける時だってあります。それが後々になって活かせる時がくるかもしれません。

 

今の仕事や生活に満足していない。本当はやりたいことがある。もしもそれが「勉強する時間がない」「お金がない」という理由で諦めているのなら、夢を叶える通過点としてこの仕事を選ぶのも、かっこいいのでは?と私は思います。

 

どうでしょうか? 叶えてみたくはないですか?

もちろん好奇心でのスタートも大歓迎ですよ!

資格取得・受験勉強。目標を持って働こう!

スタディtop

 

たとえばデリヘル嬢ですが、一体どんな人が働いていると思いますか?

お金のため、時間の都合のため、何より接客業がすきだから……と、いろいろと理由はありますが、その中に「資格取得のため」「受験勉強のため」という目標を持って働いている社会人が多いことをご存知ですか?

 

それというのも、こういったお仕事には「待機時間」というものがあります。待機というのは、お客さんをお店で待っている時間のこと。すぐに呼ばれることもありますが、1時間、2時間と待つことだってあります。この待機の時間は基本的に何をしていてもOK。本を読んでいてもいいし、友達とメールをしていても大丈夫。自分の好きなように過ごしてもいい時間です。

 

時給で拘束されるバイトとは違うので、この時間を有効に使って勉強をしている人が意外と多いんです。待っている間に勉強ができて、お金ももらえる。それでこのお仕事を選ぶ女の子もたくさんいます。

 

そこで大切になってくるのが待機室。ひとりじゃさみしい、誰かと話をしていたい。そういった方向けの大部屋待機というお店もあれば、ひとりで好きなことをしていたい人向けの個室待機というお店もあります。中には自宅待機もOKというお店もあるので、このあたりは事前の確認が必須。

 スタディ

 

お店によって待機室は様々で、雑誌が用意されているところ、テレビがあるところ、漫画がたくさんあったり、ソフトドリンクが飲み放題の漫画喫茶のようなお店もあります。長い時間を過ごすことになる待機室の環境は、思っている以上に大切な問題。お店によって様々な環境が用意されているので、必ず事前に確認するようにしましょう。

 

本を読んだり、勉強したり、と待機時間を有効に使ってスキルアップを目指している人には、やっぱり個室待機がおすすめ。お店のスタッフも目標を持って働こうとしている人を歓迎しているので、やりたいことがあればどんどん口にしてみること。なにでも話を聞いてくれるお店のスタッフが、実は良き相談相手になるということもあるかもしれません。

 

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集