栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

デリヘルのお仕事・独身OLと主婦の働き方

(出典/flickr)

 

今回はデリヘル嬢として働くふたりから、実際にどんな形で働いているのか少しだけ教えてもらいました!OLとして一般企業でも働いているAさんと、シングルマザーで保育園に通う子供がいるBさんです。

 

働く場所や働く時間などを詳しく尋ねてみたので、これから働いてみたい人はぜひ参考にしてみてください。細かい時間設定は、わかりやすいよう整えましたが、概ねこの通りです。

 

 

<24歳独身OL  Aさんの場合>

・小山在住/小山での勤務/一人暮らし

・デリヘル店は宇都宮
・週に2回程度で、1日3〜4時間勤務

 

18:30 仕事が終わり、そのまま宇都宮へ

19:30 職場(デリヘル)到着、待機室へ

19:50 指名をもらいホテルへ

 

20:00 ホテル着

すぐにデリヘル店舗(事務所)へ連絡を入れて、お客さんへ挨拶。60分コースでお金をもらい、タイマーをセットします。(基本的に内容は、お風呂・リップサービス・すまたの順。話すことが好きなお客さんとは、恋人のようにリラックスしてたくさんお話をすることもあります。最後にはもう一度ふたりでシャワーを浴びます)

 

21:00 終了 連絡して迎えに来てもらう

21:10 待機室で待機
21:30 指名をもらいホテルへ

 

21:45 ホテルに到着
45分コースだったところ、30分の延長の要望をもらい、75分コースへ変更。事務所に連絡を入れてお金をもらい、タイマーをセットします。

 

23:00 終了 連絡して迎えに来てもらう

23:10 待機所に戻ってきて、業務終了
24:00 帰宅

 

働き方としては平日に1、2回、土曜に1回を基本としているAさんですが、土曜は出たり出なかったりで、月に7〜8回ほど出勤しています。一般企業に勤めながらデリヘルもしているのは、今のうちにお金をたくさん貯めたいからと言っていました。300万を目標にしていて、そのお金で留学を考えているそうです。すごいですよね!

 

 

<32歳主婦 Bさんの場合>

・那須在住/子供との二人暮らし

・デリヘル店は郡山
・週に3回程度で、1日4〜5時間
・子供を保育園に預けている昼間のみ

 

8:30 子供を保育園に預ける
10:40 郡山の事務所に到着(11時から指名の予約あり)

 

11:00 ホテル着
事務所に連絡を入れて、お客さんに挨拶。60分のプランでお金をもらい、タイマーをセットします。(コースにもよりますが基本的にプレイ内容はAさんと同じ)

 

12:00 終了 連絡して迎えに来てもらう

12:15 待機所に戻る
この後、指名がなかったので、待機室で昼食を食べながらのんびり過ごす。(基本的に待機室には一人で、誰とも顔を合わせません。何をして過ごしていても良いので、Bさんはスマホゲームをしているか、持ってきた小説を読んで過ごすかのどちらかと言っていました。)

 

13:40 指名が入り準備してホテルへ

14:00 ホテル到着
事務所に連絡を入れて、お客さんに挨拶。45分のプランでお金をもらい、タイマーをセットします。

 

14:45 終了 連絡して迎えに来てもらう

15:00 待機所に戻る。ここで業務終了。帰宅。
17:00 子供を保育園に迎えに行く

 

シングルマザーのBさんですが、週に3回程度で4〜5時間働き、だいたい月に10〜12回程度入っています。那須から郡山までは車で1時間程度の時間がかかりますが、このくらい離れていたほうが安心できるとも話していました。現在はデリヘルで働くかたわら資格取得のための勉強をしているそうです。

 

 

どうでしょうか?
少しは参考になりましたか?

 

話を聞いたAさんとBさんは、日によって違うけれど、だいたい1〜3人のお客さんと会うそうです。忙しい時もあれば、待機室でのんびり過ごすことも珍しくはなく、これは日によって違うとも教えてくれました。お休みの日や、働く時間など、かなり融通が効くお仕事なので、そういった面では働きやすい環境だとも言っていました。

 

自分の時間の中で、働きたい時間だけ働くことができるので「たくさんお金を貯めたい人」も「今の収入にプラスして、もう少しだけ稼ぎたい人」も、どちらの要望にも応えることができると思います。

 

「さすがにこういう働き方はダメだよね……」と思うことでも、お店によっては案外大丈夫だったりもするので、自分の要望にあったお店を見つけるためには、勇気を出してどんどん問い合わせをしてみてくださいね!

 

面接の必需品!必ず用意しておく身分証明書

(出典/flickr)

 

面接時には、必ず身分証明書の提示が必要になります。ここで紹介しているデリヘルを中心としたお仕事にも、必ず必要となるものです。今回は、面接時に使う「身分証明書」についての注意点を説明したいと思います。

 

まず、面接時に必ず提示することになるのが「写真付き」の身分証明書です。重要なのは、きちんと写真がついていること。写真付きの身分証明書といえば「運転免許証」や「パスポート」のことです。保険証は写真がないため、面接時の身分証として使うことはできません。

 

しかし、運転免許証やパスポートを持っていない方もいると思います。

 

今まで、運転免許証やパスポートをお持ちでない方は、市役所で500円程度で取得できる住基カード(住民基本台帳カード)を身分証として取得するよう勧めていました。しかし現在この住基カードは、マイナンバーカードの発行と共に終了してしまいました。つまりこれから先、身分証を持っていない場合は、その代わりにマイナンバーカードを取得してもらうことになりました。

 

 

マイナンバーカードを取得する方法

 

マイナンバーカードとは、個人番号(マイナンバー)が記載された顔写真付のカードです。本人確認のための身分証として使えるものとして、すでにサービスがはじまっています。申請が面倒に思うかもしれませんが、実はこれ、スマホで簡単に申請することができるんです。

 

 

【マイナンバーカードが交付されるまでの流れ】

 

(1)自宅に届いた通知カードを確認。そこにあるQRコードを読み込みます。

(2)通知カードにある申請IDと名前や生年月日等を入力後、スマホで撮影した写真を添付して送付する。
(3)後日、自宅にハガキが届きます。
(4)ハガキと通知カード、身分証(※注意1)を持って市役所にいきます。無料発行なので、安心して受け取ってください。

 

(※注意1)
身分証が欲しくてマイナンバーカードを作るのに、マイナンバーカードを作るためにも実は身分証が必要になります。少し面倒かもしれませんが、ここで必要となるのは「名前と生年月日」または「名前と住所」が記載された証明書ふたつです。お勧めとして、保険証と預金通帳などがあげられています。

 

 

 

こんな裏技も?原付免許証を取得する!

 

(出典/flickr)

 

マイナンバーカードが交付されるまで、少し時間がかかります。住まいの地域にもよりますが、だいたい2〜3週間かかってしまいます。そんなに待っていられない、と思う方もいるかもしれませんよね。

 

そういった方にオススメなのが、原付免許を取得すること。実は原付免許は、写真付きの身分証なのに1日で受け取ることができるものです。試験を受けて合格をしないといけませんが、それほど難しい問題ではないので、少し勉強をして挑めば1日で取得できます。

 

費用は、受験料や手数料などを含めて約7000円〜8000円程度です。都道府県で若干費用は変わりますので、詳しい金額はお住まいの地域の免許センターに問い合わせてみてください。きちんとした身分証としても使えるので、今すぐ身分証が欲しい!と思う方は手っ取り早く原付免許を取得してしまうのも、ひとつの手かもしれませんね。

こんな私でも働けました・デリヘル編

(出典/flickr)

 

突然ですが、デリヘルではどんな人が働いていると思いますか?

 

もしかすると「若くてキレイな子」だけが雇ってもらえる、というイメージが強いかもしれませんが、実際には本当に「普通」の子ばかりです。

 

「働いてみたいけど、私はきっと働けない。だって私は○○だから……」

 

こんなふうに思っている人が、実はたくさんいると知って驚いてしまいました。そんな理由で働けないと思っているのならもったいない! というわけで今回は、よくある悩みについて書いてみたいと思います。

 

 

たとえば多いのが下記のようなお悩みです。

 

・妊娠線、帝王切開の痕がある
・男性経験が浅い
・身長が高い(180cm以上など)
・太っている
・50歳以上

 

まずこちら、問題ありません。

妊娠線や帝王切開の痕は、人妻系のお店ならよくある話です。自分が気にしているのなら別ですが、気にしないお客様のほうが多いようです。男性経験が浅いことを気にしている方も多いのですが、そもそも「経験が浅い」ように振る舞うことで人気が出ることもあるので、むしろ「良い」と思われる可能性のほうが高いです。

 

同じように、身長がすごーく高くても、太っていても、50歳以上だったとしても、需要はあります。そういう方を望んでやってくるお客さんも多いので、常連客がつく可能性だってあります。

 

 

さらにこんな悩みもあります。

 

・ニューハーフ
・絶対に顔出ししたくない
・どうしてもキスしたくない

 

実はこちらも、問題ありません。
まず、ニューハーフの方も実際に働いています。都内に行けば専門店もあるくらい需要があるものです。もちろん専門店でなくても、交渉次第では一般のお店で働ける可能性があります。

 

顔出ししたくない、 という要望はほぼ100%問題ありません。心配な場合は、面接を受ける前にそのお店の広告を見てみましょう。広告で女の子たちが顔出しをしていないお店を選べば、顔を出して、と言われる心配もありません。

 

キスをしたくない、という要望はもしかすると一般的なデリヘルでは難しいかもしれません。もちろんそれでもOKというお店はありますが、心配な場合はオナクラやマッサージ系にすれば大丈夫です。金銭面でデリヘルが良いと考えている場合は、面接の段階で相談してみましょう。それでもOKと言われる可能性は十分にあります。

 

 

どうですか?
少しは悩みは解決しましたか?
働きたいけど働けない、だって私は○○だから……、という悩みがあって働かないなんてもったいないと思います。お金をたくさん稼ぎたいと思うことは、少しも恥ずかしいことではありません。今はLINEで何でも相談できるので、電話でなくても大丈夫です。遠慮せず、スタッフさんを困らせてやるくらいの気持ちでどんどん聞いてしまいましょう。

実際のデリヘル面接はこういうもの!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-16-23-17

(出典/flickr)

 

突然ですが、面接に行くことって不安じゃないですか?

とくにデリヘルなどの夜のお仕事の場合、最初の面接が一番不安という方がたくさんいるみたいです。

 

ここのサイトで紹介しているお仕事は、やっぱり普通のお仕事とは少し違う部分があります。面接に行ってきた! と堂々と言えるお仕事でもないので、どんな面接が行われるのか不安な部分はたくさんありますよね?

 

というわけで今回は、デリヘルを想定した 「実際はこんな面接をする」 を詳しく紹介してみたいと思います。

 

 

<1 お店とコンタクトをとる>

 

最近はLINEなどでも簡単にやりとりが出来るお店が増えてきました。まず最初は、気になるお店にLINE (またはメール等) で最初のコンタクトを取ってみることからです。電話をしなくても良い場合がたくさんあるので、そこは安心しても大丈夫です。

 

この時点で質問があれば、LINEでどんどん訊いてしまいましょう。どのスタッフさんも丁寧に回答してくれます。もしもこの時点で雑な回答をされたり、感じが悪いと思ったら無理をして続ける必要もないので、すぐにLINEのトークルームから退室しましょう。義理を感じる必要はありません。良いお店はたくさんあります。

 

 

<2 面接の日取りを決める>

 

一度面接をしましょう、という話になるので、面接の日取りを決めます。お店によっては 「事務所で面接をする」 「出張面接をする」 を選べる場合があります。この 「出張面接」 というのは、面接官 (お店のスタッフ) とファミレスやカフェなどで待ち合わせて面接をするという意味です。

 

ひとりで事務所を訪ねることが不安な場合は、出張面接を希望しましょう。大抵の場合は快くOKしてくれますよ。

 

 

<3 面接に挑む>

 

事務所で面接をする、出張面接をお願いする。これはどちらもメリット・デメリットがありますよね。

 

事務所で面接をすれば、同時にお店の雰囲気を事前に掴むことができますし、何より待機室の確認もできます。そのため、最初から事務所面接を希望する子も中にはいるんです。出張面接の場合は、わざわざ事務所に行かなくても良いことや、不安な思いをしないで済むので、はじめてお仕事に挑む人には良いかもしれません。

 

ちなみに面接はどんな服装で挑んでも問題はありませんが、最低限のマナーは守ること。たまにジャージなどでやってくる子がいるみたいですが (某お店の店長談)、一応は面接なのできちんとした格好で行くこと! とはいえ、いつも友人と遊びに行くような格好で構いません。持ち物は基本的に身分証のみで大丈夫です。

 

「変な人が面接官だったらどうしよう……」 と最初はかなり不安になるかもしれませんが、実際は本当に普通の方がほとんどです。デリヘルも立派な仕事で、面接官も仕事として来ていますので、ぴったりな言葉がありませんが、サラリーマンのような雰囲気の方が多いですね。

 

ちなみに自分の容姿や体型に自信がなくて、応募できないと考えている方も多いようです。でも実際は、そういったことはほとんど関係がありません。大切なのは笑顔でお客さんに対応できるか、ということですので、お店の人もそういう部分を見ていますよ。

 

 

<要注意! こんな面接官には気をつけろ!>

 

・罵声を浴びせられた

・「じゃあ実践してみようか」と言い出す

・試しに体を見せてと要求される

・服を脱がされる

・体にさわられる

 

こんな人はいない! ……とは思うんですが、世の中は広くいろんな人がいます。そのため、絶対に無いとは言い切れないのですが、上記のような人がいたら注意しましょう。変だなぁと思ったら、勇気を出して 「やっぱり辞めます」 と言って帰ること! 本人の同意無しにそのような行為があった場合は犯罪になるので、安心して大丈夫です。強制されることはありません。

 

 

どうですか? 少しは面接に対するハードルは下がりましたか?

最初のハードルを高く感じてしまう場合もあるかもしれませんが、このお仕事はお客さんに楽しんでもらうためのサービス業です。やりがいだって見つけることができるかもしれませんよね。

交通費どこまで出る?遠方の街からの通勤

交通01 

 

働きやすい環境って何だろう。

勇気を出して働きはじめても、環境が悪ければ続きませんよね。自分にとってどういった環境で働くのが一番良いのか考える中で「どの街で働くか」というのも、かなり大事な要因だと思います。だって、やっぱり地元で働くのは抵抗がありますよね?

 

いくらアリバイ対策(詳しくはこちらの過去記事参照)として色々と対応してくれたとしても、地元で働くのはちょっと……という女の子はとても多いです。

たとえば宇都宮で働くデリヘルの女の子のなかには、佐野や足利、茨城県の水戸、福島県の郡山などなど、遠方から通っている子も結構多いんです。電車や車での通勤になりますが、片道一時間なんて案外普通のこと。毎日通うのは大変だけど、週に1、2回なら少しくらい時間をかけてもいいと、遠くの街から通うことを選んでいます。その気持ち、分かりますよね?

 

交通02

 

出来ることなら遠くの街で働きたい。そこで問題になってくるのが交通費!

いくら遠方での勤務を希望しても、交通費の支給がなければ通うのは難しいのが現状です。そのため大抵のお店の広告には「交通費支給」の文字が書かれています。でもこれ、ちょっと待ってください。

この「交通費支給」は、金額の上限や、勤務時間によって条件が異なり、お店によって支払われる金額が全く違います。たとえば、週に3日以上出勤して、6時間以上働かなくては交通費が出ない、という場合もあります。ここをしっかり先に確認しておかないと、後々のトラブルにも繋がってしまいます。

 

最初にお店に交通費の問い合わせをする際には必ず、週に何日働けるか、何時間働けるか、通勤形態は電車か車か、そういったこと全てきちんと相談してみましょう。

お店のスタッフは、大抵の女の子が遠方から通っているのを知っています。そのため、交通費の問い合わせには慣れっこになっています。逆に、こういった方法はどうですか?と向こうから提案もしてくれることだってあります。

 

実際に何度か問い合わせをした私の意見ですが、お店の方はほんとーに親切です。あんまり親切なのでびっくりしてしまうくらい、電話で色々と教えてくれます。だから安心して大丈夫!こんなにお金のことばかり聞いてもいいのかな?と思う必要は全くありません。

ちなみに県外を探したい方はこちら。ギリギリ通えるお店を中心に紹介していますよ!

 

働きやすい環境は、単に交通費だけでは量れないものではありますが、大事な要因のひとつであることは確かです。自分が満足するまで、何度でも問い合わせして相談にのってもらいましょう。

 

面接の心得!身分証・身分証明書

面接01 

 

さて、いつもここでは「お店の選び方」を中心に書いてきましたが、今日はちょっとだけステップアップして「面接」に挑む時の注意点を!

 

働く前に必ずあるのが「面接」ですよね。

面接では、お店側に自分を選んでもらうことが大切ですが、反対にこちらがお店をよく知るチャンスでもあります。

 

面接では必ず「身分証」の提示が必要になります。

身分証明書とは「運転免許証」や「パスポート」のこと。

ここで注意して欲しいのは、写真付きであること!

残念ながら、保険証は写真が付いていないので駄目なんですよね。

 

運転免許証もパスポートも持ってない!そういう方は多いですよね。

そんな方には市役所で発行している「住民基本台帳カード」、一般的に「住基カード」と呼ばれるものが必要になります。

 

この「住基カード」は公的な身分証なので、いつでもどこでも使える便利なものです。

取得方法は少しだけ面倒かもしれませんが、持っていれば何かと便利なので、面接の関係なしに取っておくもの良いかもしれません。

 

取得方法は各市町村によって異なりますが、とりあえず窓口に行って書類を書くだけ。

無料のところもありますが、500円かかるところもあります。その日に貰える所もあれば、数日かかる所もあります。各市役所で対応が違うので、それは各自で問い合わせてみましょう。

住基カードを取りたいという方は多いので、もちろん少しも変に思われません。安心して色々と市役所に聞いてみましょう。

 

さて、この住基カードですが、実は2種類あります。

「写真付き」「写真無し」か、2種類です。

お店によっては「写真」の有無を重要視する場合もあるので、カードを作る時ははじめから「写真付き」を選んでおきましょう。

 

ここまで知ってしまうと、ああ面倒だな……、と感じてしまう方も多いと思います。

でもここで「面倒だから、あまり細かく聞かれないお店を探そう」なんて思うと大変なことになります。

 

身分証の提示は法律で義務付けられていることです。

この部分が曖昧なお店は絶対に選んではいけません。

 

チェックが厳しいなと思うくらいがちょうどいいので、この辺りはきっちりと準備しておくこと!

家族や友人に秘密にしたいと思うのなら、余計にこの部分はちゃんと調べるべき。後々後悔しないようにするためにも、やっぱり最初が肝心なんです!

 

勇気を出して面接に挑んでも、身分証がないと働くことも出来ませんし、お店の方もOKを出せません。

面倒に思っても、先に準備をしておけば後々スムーズに働くことが出来ますよ。

それによって、お店のスタッフさんからの好感度も上がることは間違い無しです。

 

もちろん面接時は、気になることをスタッフさんにどんどん質問しましょう。

面と向かって質問できるチャンスはそれほど多くありません。

どんどん質問して、それに丁寧に応えてくれるスタッフさんなら、きっと安心して働けるはずですよ。 

 

 

2017.3.16 追記

 

上記に記載された「住基カード」ですが、現在はマイナンバーカードの発行と共に終了しました。これからは、住基カードではなく、マイナンバーカードを身分証として取得していただくようお勧めしています。新しい身分証としてのマイナンバーカードについては、下記の新しい記事で確認してください。

 

面接の必需品!必ず用意しておく身分証明書

 

 

実際にお店に問い合わせしてみたよ!

電話02

 

不安に思うこと。疑問に思うこと。働く前に知りたいことはたくさんありますよね。

聞きたいことはたくさんある。でも、電話で直接問い合わせをする勇気がない。そんな人はたくさんいると思います。理由は色々あると思いますが、その中の一つとして、こんなふうに思ったことはないですか?

 

「問い合わせをした時、電話口に恐い人が出たらどうしよう?」

 

確かに、実際にどんな人が働いているのか、働く前から知る術は少ないですよね。

果たして求人に書かれている通り、本当にスタッフの方々は丁寧に対応してくれるのだろうか?疑問に思った私は、実際に栃木JAMに掲載されているお店に、突撃で問い合わせの電話をかけてみました!

 

電話の良いところは「あ、この人、なんだか感じ悪いな」と思ったら、すぐにそのお店を候補から外せるところです。メールなどの文面と違って、声や雰囲気で察することが出来るのはやっぱり大きな利点ですよね。

 

さてさて、実際にたくさんのお店に電話をしてみて分かったこともあります!

 

まず、私自身も心配していた「こわい人が電話に出たらどうしよう」というもの。この心配は全くの杞憂でした。

家が遠い。小さな子供がいる。別な仕事もしている。回りの友人にはバレたくない。月に2、3回だけ働きたい。こういった様々な質問を、色々なお店のスタッフさんに投げかけてみました。

 

もちろんどのお店のスタッフさんも、質問には丁寧に答えていただけました。

ただお店によって異なったのは、こちらの質問にだけ答えてくれるスタッフさんもいれば、あれこれとアドバイスをくれるスタッフさんもいました。

「不安に思うことは何でも聞いてくださいね」と優しくアドバイスをしてくれる方もいて、これにはちょっと驚きました。すっごく優しそう!

もしも働くのなら、そういうスタッフさんがいるお店のほうが絶対に良いですよね。

電話をしてみないと、それって分からないことです。少なくとも、メールじゃ分からないことでした。私も色々なお店に電話をしてみて、ああ、これなら安心だなって思えました。これなら安心して問い合わせをしても大丈夫!

 

問い合わせはお店探しの最初の一歩です。もしも電話をして、そのお店のスタッフさんの雰囲気が自分と合わないなと思ったら、すぐにそのお店は諦めて他を探すのがおすすめ。そのための求人サイトです!

 

ちなみに、求人専用ダイアルを用意しているお店もありますが、そういったものがないお店もあります。すぐに求人担当に繋いでもらうため「栃木JAMを見ました」と最初に一言告げるのがおすすめです。そうすれば、お店の方もすぐに分かってくれます。

 

自分のために電話をするんですから、せっかくの勇気を無駄にしないで、何でもじゃんじゃん聞いちゃいましょう!

少なくとも、こわい人はどこにもいませんでしたよ!

 

 

今回、たくさんのお店に協力していただきました。たくさんの質問に対してのアドバイス、助言など本当にありがとうございました。そしてお時間をとらせてしまい、申し訳ありませんでした。ご協力感謝致します。

 
高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集