栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

2019年(平成31年)小山の初市(だるま市)に行ってきた

今日、1月14日は成人式ですね。

新成人の方、おめでとうございます!

 

そして今日は栃木県小山市では初市が開催されていました。初市、つまりだるま市です。今日はお休みなので、せっかくなので初市に行ってきました!

 

開催場所は、まちの駅と呼ばれている「思季彩館」が中心らしく、その他には駅西口周辺にお店が出てました! 私は午後3時頃に行ったんですが、思っていたよりも人がいて賑わっていました。

 

お囃子もやっていましたし、

 

チャリティーでの地酒の販売もやっていました。小山のお酒ってどうなんですかね? ちょっと試してみたいと思ったんですが、車なので断念です。

 

その他にもお店はたくさん出てました。モツ煮とかにくまんとかもあって、すごい良い匂いが……。正月太りを解消するためにダイエット中なのでこれもまた断念……。

 

うろうろしていたら、こんなものを見つけました。

なんと「評定開運水」です!

 

あの有名な小山評定(徳川家康が関ヶ原で勝ったのは、小山評定があったからというもの)の水が……? いや小山評定って水関係ありました? よくわからないんですが、開運と書いてあったのでせっかくなので手を洗ってきました。これって飲めるのかな?

 

駅の西口付近にも屋台が出てました。

私は「だるま……だるま……、どこ……」と探していたんですが、だるまはこっちの通りで販売されていました。

 

はい! 見つけましただるまです!

 

実はだるまの写真が欲しいだけで、だるまを購入する気はなかったんですよね。でもお店のお姉ちゃんがめちゃくちゃに気風が良くって思わず購入してしまいました。

 

それがこちら!

小さな黒いだるま(300円)です!

 

本当は「どうせ買うなら赤だな〜」って思っていたんですよ。そんな私に、そのお店のお姉さんは黒いだるまの特徴として「黒は黒字という意味があるので、商売繁盛にも良い」と教えてくれました。

 

その他にも、裁判官の服が黒いのは「何色にも染まらないから」黒なんだと教えてくれました。つまり黒は強い意思を表すもので、願掛けとして「絶対に成し遂げる」という強い意思の象徴みたいなものだそうです。なにそれかっこいい……! と突如だるまに目覚めた私は、黒のだるまを購入してきました。

 

目は向かって右側に入れると教えてもらったんですが、これって地域によって違うみたいですね。でも私はもちろん教えてもらった通りに向かって右に目を入れたいと思います。ただ黒い丸い目を入れるのではなく、ちょっとつり目気味に「にらみを利かしているからな!」という雰囲気で目を入れても良いみたいです。なにそれだるまって奥が深い。

 

今年のうちにどうしてもやっておきたいことがあるので、強い意思を持ってして黒いだるまに目を入れて願掛けしたいと思います。今年のうちに両目を入れることができて、来年のだるま市であのお姉さんに「ありがとう」って言うのが当面の私の目標になりました。

 

だるま、良いですね……!

宇都宮の陶板浴ゆらりを体験してきた

あけましておめでとうございます。

ついに2019年もはじまってしまいましたね……!

 

さてさて突然ですが、先日友人に誘われて「陶板浴」に行ってきました。

 

陶板浴というのは、岩盤浴と似ているんですが、全然違うものらしいです。だいたい仕組みは同じ(たぶん)なんですが、簡単に説明すると、岩盤ではなく陶板の上に横になるというもの。それだけで効果や効能に違うがあるのだとか……! なんだか気になる! ということで、誘われるままに出かけてきました。

 

というわけで、初めての「陶板浴」です!

 

こちらは宇都宮にある陶板浴の「ゆらり」です。鶴田町にあります。思っていた以上に小さな施設で、こじんまりとした印象の建物でした。

 

通常は1回1000円なんですが、最初の4回はクーポンがもらえるので1回700円で入れるみたいです。そのほかにバスタオルとフェイスタオル、館内着がそれそれ200円でレンタルできます。

 

私ははじめてだったので、受付の方はすごーく丁寧に説明してくれました。

とにかく陶板浴で期待できる効果・効能はこんなかんじだそうです。岩盤浴と違うのは、陶板なので、清潔さが保たれることが大きいみたいですね。

 

私はタオル類は持参していったので、中で着るものだけお借りしました。200円で借りられるので、私みたいに面倒な方はレンタルするのがおすすめです。そして入るまえにお水の入ったコップを無料でもらえます。

 

なんというか、岩盤浴は美容目的でやる方が多いので女性客が多いと思うんですが、こちらの施設は本当に「健康目的」という感じの雰囲気なので、お客さんはだいたい年配の方が多いように見えました。なんていうか実家に帰省したかんじの雰囲気がものすっごく好きです!

 

陶板浴の中も写真を撮りたかったのですが、さすがに難しかったのでレポートだけ!

 

思っていたよりも部屋の中は暑くなくって、岩盤浴よりも全然過ごしやすかったです。というか寝てしまいました……。それくらい温度で、じんわり温まるってかんじでした。最初の20分くらいは全然汗をかかなくって、「あれ、全然汗をかけていない……」と思ったんですが、30分を過ぎたあたりでじわじわと汗をかいてきました。

 

もっと入りたいなー! と思ったんですが、「気持ちいい」と感じてから5〜10分くらいで出るのが良いらしく、しかも最初は30分くらいで出るのが良いと聞いたので、全体で40分くらいしか入りませんでした。でも出てみると肌がしっとりしているし、心なしか髪の毛までしっとりしている感じがしました。これはいい!

 

入浴後は酵素ジュースとハーブティーのサービスがあったんですが、これもすっごく美味しかったです。

 

私も家から少し遠いんですが、これは通いたい……! と思いました。すごーーーく気持ちよかったです! 美容にも良いし、腰痛にも良いし、ストレスとかそういったものにも良いらしいです。とりあえず最初の4回は700円で入れるので、あと少し通ってみたいと思っています!

平成最後の発表!第160回の直木賞候補作の感想

さて突然ですが、ついこの間、平成最後の発表となる第160回の直木賞の候補作が出揃いましたね……! 昭和生まれの人間なので、もうすぐ平成が終わるなんて信じられないところです。

 

そしてそろそろ2018年も終わるので、年末年始の過ごし方としては引きこもって読書をしたいところです。というわけで、せっかくなので直木賞の候補作を読んでいこうと思います!

 

もはや興奮していて感想とも言えませんが、すげえ〜よかった〜! という感情だけでも伝えられたらと思い、読んだものの感想を書いていきたいと思います。

 

 

ベルリンは晴れているか
深緑野分

 

まず私はこの深緑さんという方が大好きで、ツイッターで深緑さんの発言を見るのも好きで、まあとにかく深緑さんのファンなのです。名前の「ふかみどり」も最高ですよね、センスが良すぎる……! そもそも最初の4Pですでに「どうしよう、すごいものを読まされている、これ絶対に直木賞とってほしい」と強く感じてしまったので、まともな感想とかないんですよね……。

 

ただ、この話を書くために深緑さんはどれだけのことを調べたんだろうか……、と心底思いました。恐ろしい。「一気読みの傑作だ!」という北上次郎さんのコメント帯がついていたんですが、これを一気に読むのはメンタルがやられるので注意が必要。正直言って一気とか無理です。

 

 

熱帯
森見登美彦

 

あれ待って、森見登美彦さんってまだ直木賞とってなかったっけ? というのが候補作に名前があがってきた時に最初に感じたことでした。えーーー?

 

いつもの森見節は本作でも生きているんですが、今回の熱帯の良いところは、これが本をテーマにしているところだと思います。本というか物語というか、千夜一夜物語をモチーフにしているので、物語というものが大好きな人は絶対に引き込まれるはず。こんなん好きに決まってるやん!

 

 

楽園
真藤順丈

 

真藤さんはデビュー作の「地図男」から好きで追いかけている作家さんなので、ついに直木賞の候補作に挙がってきたってことが嬉しくって何だか喜ばしい気持ちです。

 

真藤さんは評価が分かれるタイプの作家さんだと思うんですが、私は大好きです! なんていうか勢いがある。あとは単純にいつも設定が面白いし、話もおもしろい。今回のお話は真藤さんの作品の中でも骨太なものだと思うんですよね。なんてったって戦後の沖縄を舞台にしたお話なので。

 

沖縄に関することはニュースでいろいろと見ていたんですが、これを読んで沖縄の問題などがすごくわかったし、勉強にもなりました。今こそ読むべき作品かもしれませんよね。

 

 

童の神

今村翔吾

 

残念ながらまだ読んでいないどころか購入もまだ……!

というか現在、直木賞候補作の中では唯一電子書籍化していないためアマゾンでも常に品薄状態が続いています。どうして? 恥ずかしながら今村翔吾さんのこと、今回の候補作に選ばれるまで全く知らなかったので、ワクワク感がすごいです。はじめての作家さん(しかも面白いとお墨付き)に触れる時の興奮ってありますよね。

 

平安時代の「源頼光の大江山の酒呑童子退治」を退治される側から描かれた物語らしいんですが、なんですかそれ、絶対におもしろいやつじゃないですか。これは品薄になる前に手に入れたほうがいいですね。

 

 

信長の原理

垣根涼介

 

またしても同じことを言ってしまうのですが、垣根さんまだ直木賞とってなかったの? という気持ちです。昔は直木賞って新人の登竜門的なところがあったと思うんですが、今はほんとそういったキャリアは全く関係なくなりましたね。

 

この信長の原理は前作の「秀吉の定理」と繋がっているので、まずはそっちから読まないといけないやつです。三部作になるのでは? という噂があり、次は誰だ? 秀吉か? と言われているので、私的には三部作出揃った後に読みたいんですよね。

 

 

とまあ、いろいろと書いてしまったんですが、2019年になれば小野不由美の十二国記の新作も出るみたいです。ヤフーニュースで知って「な、なんだってーーー!」とリアルに口にしてしまいました。年末年始に直木賞候補作を全て読み終わったら、次は十二国記を最初から読み直さないといけません。あー、時間はいくらあっても足りませんね!

栃木は全国的にも乾燥注意

最近本当に乾燥していますよね?
ただでさえ乾燥しているというのに、暖房なんてつけたら肌がカピカピになってしまうところです。

 

「乾燥なんて全国どこでも共通している問題でしょ?」と思っている栃木県民にお知らせしたいのですが、残念ながら栃木県は全国的に見ても乾燥している県なんです……!

 

東北県民が肌がキレイだということは有名ですよね。肌がキレイな人を統計で見たところ、実はほぼ最下位に栃木県がいる状態らしいです。それというのも、山から吹き降りてくる空っ風がとても乾燥しているらしく、つまり栃木県は全国的にみても乾燥している県なんです。これは大問題ではありませんか?

 

というわけで、栃木県民は他のどの県よりも保湿と加湿に力を入れないといけません……!

 

 

そんなことを言われても、加湿器なんて持っていない! という方も多いと思います。そこで加湿器を持っていない家でも部屋を加湿する方法を集めてみました。さらに独断と偏見で加湿力を星5つで評価してみたのでぜひ参考にしてみてください……!

 

 

1 洗濯物を室内に干す

加湿力☆☆☆☆☆

まずは鉄板ですが、かなり加湿力が高い洗濯物です。洗濯物は外に干したい方は、濡らしたバスタオルを干すのも良いですよね。中途半場な加湿器を購入するくらいなら、洗濯物のほうが強力だと思います。

 

2 霧吹きで部屋に水をまく

加湿力☆☆☆☆

実際に何度も試したんですが、霧吹き作戦はなかなかおすすめです。とはいえ、加湿するためには相当の量を霧吹きで空中に吹き付けないといけないので、苦労する部分があるため星は4つで!

 

3 浴室の扉を開ける

加湿力☆☆☆

一軒家では全く役に立たない方法ですが、アパートやマンション等に住んでいる場合、かなり加湿が期待できる方法です。お風呂からあがったら浴室の扉を開けておくだけなのでとても簡単です! とはいえ、お風呂あがりしか通用しない作戦なので、1日を通しての加湿ではないため星は3つで。

 

4 カーテンを濡らす

加湿力☆☆☆☆

こちらは私のおすすめなんですが、カーテンをがっつり水で濡らしておくと、かなり加湿力があります。カーテンは窓際にありますし、エアコン等の近くにあるのもカーテンですよね。そのため緊急に部屋の中を加湿したい時などなかなか役に立つのでぜひ試してみてください。

 

5 やかんを火をかけて蒸気を使う

加湿力☆☆

お湯の蒸気を利用する場合もポピュラーですが、火を使うことや、お湯をこぼしてしまう危険性を考えると星は2つで。とはいえ蒸気は加湿には持ってこいですし、部屋を温める効果もあるのでそういった面ではとても良いですよね。

 

 

乾燥は肌にも大敵ですが、インフルエンザや風邪なども乾燥していることが原因でかかってしまうことも多いですよね。やはり潤いは健康にも肌にも大切ということで、これからも加湿に力を入れていきたいと思います!

 

はじめてのタロットカードで占ってみる

私はあんまり占いというものを信じていません。

でもなぜか先日、友人からタロットカードをいただきました。

 

これです。

なぜタロットカードをプレゼントされたかというと、なぜかこの絵柄が「私っぽかったから」だそうです。どういうことでしょうか。

 

でもこのカード、めっちゃかわいいんです。なんか気が抜けるかんじがしますよね。

 

私のお気に入りはこちらです。このクマはライオンに何をしているんでしょうか…?

 

占いは全く信じていない私ですが、カードをもらってしまったからには実践してみるしかありません!

 

そこでタロットカードでの占い方法を調べてみたんですが、いろいろな流派?や方法がある中で共通するのが「好きにやれ」というでした。厳密に守らなくてはならないものなんて存在しないみたいです。ということで私も、「それなら好きにやってみるか」という形で実行してみました。

 

「栃木JAM(このサイト)で女の子の求人は集まるでしょうか?」と念じながら、カードをかき混ぜます。とくに方法はないと書かれていたので、ひたすらシャッフルです。

 

そしてその中から1枚ひいてみました!じゃーん、たぶんこのカードは月の逆位置というやつですね!

 

付属の冊子で確認してみると……

「スッキリする」「誤解が解ける」「状況が良くなる」「時間が解決してくれる」と書かれていますね! なるほど、つまり良いってことですよね?

 

なんだか絶対に方法が間違っているような気がするんですが、まあ良しとします。結果が良かったので、オールオッケーですよね。そんなわけで、こんな方法でよければ何でも占うのでぜひ依頼してください。ではまた!

 

オシャレすぎる太田市図書館に遠征

群馬にある太田市の図書館はとにかく凄いらしい。

そんな話を前から聞いていて、ずっと気になっていました。

 

本好きとして、そんな図書館があるなら伺わずにはいられません。というわけで、前々から気になっていた太田駅の駅前にある図書館に、先日ついに行ってきました!

 

「まあオシャレといっても群馬県だしな……」と行く前は考えていたんですが、到着してびっくり。外観から予想の10倍はオシャレです!

 

ほらみてください、この見た目。これが駅から徒歩100mの場所にあるんですよ。最高の立地です。

 

さっそく中に入ってみると、入り口に館内図がありました。その館内図がこちら。すごい!立体です!そしてかわいい……なにこれ。

 

わかりづらかったので、ちょっとアップでも。どこに何があって、どのくらい広いのかもすごくわかりやすいです。

 

ほんとはバシャバシャ写真を撮ったのでお見せしたいんですが、平日の昼間だったのにも関わらずに人がたくさんいたのでアップできないのが残念です……。

 

館内図に沿って、学びの道へ行くと……

 

本棚ゾーンに到着します。

しかもこの本棚すごいんです。

この高い場所にある本はどうやって取るんだろう……と思っていたら、

 

なんと本棚自体が階段になっていて、本棚に登りながら本を探せるんです。えーこれ絶対子供が喜ぶやつ!いや子供だけじゃなくって大人もわくわくするに違いない…!

 

しかも本を読むための椅子がですね、これです、これ。ちょっと固めのビーズ(?)ボールです!

 

こうやって道沿いに点々と置かれているんです。座り心地も最高で、この椅子ほしい…ってなるやつです。

 

はい、こちら。

子供の絵本ゾーンなんですが、靴を脱いであがるスタイルになっています。というわけで私もさっそく靴を脱いであがってみました。

 

そしたら中はこんなかんじで、広々してます。

わーーーーーんかわいいよーーーーーー(涙)

 

この図書館は美術館と併設しているので、本だけではなくいろいろなものを見ることができます。実際この日も「愛でるボタン展」というのをやっていました。

 

さすがに美術館でもあるので、ものすっごくスタイリッシュです。

 

ボタン展の1階は撮影をしても良いのかわからなかったので写真なしですが、2階の展示は撮影OKでした!で、撮っておいたんですが、こんなかんじなんですよ。こんなのもう群馬県じゃない!クッションに座って、いろいろなボタンと触れ合ってみようという展示です。

 

子供がめちゃくちゃにボタンで遊んでいました。

「愛でるボタン展」のタイトルそのままの展示で感動です。しかもこれ、ご自由に持ち帰ってもいいんだそうですよ?

 

私も一個、ボタンをもらってきました。

中原中也の「月夜のボタン」を思い出すやつです。

 

さらに凄いのは、この図書館、カフェがあります。

しかもすっごいオシャレなやつ!

 

メニューも素敵だよ〜

 

もちろんコーヒー買ってきました。

時間がなくって持ち帰りにしたんですが、せっかくなのでゆっくりしてきたかった…!

 

あまりに素敵でたくさん写真を撮るだけになってしまったんですが、失礼ながらとても群馬県とは思えない洗練された場所でした。でもよく考えたら群馬って草津温泉も伊香保温泉もあるし榛名湖もあるしで、すごい穴場なんですよね。この太田市図書館は群馬県の観光名所にしてもいいくらい素敵な場所だったので、気になる方はぜひ…。いや本当に良いところでした……。

はじめての猫との暮らし日記

本当に突然なうえ全くの私事ですが、猫が家にきました。
元は捨て猫さんなのですが、いろいろあって巡り巡って私の家で育てることになりました。猫を育てるのははじめてです!

 

猫に関しては超絶初心者なので、本当に何をどうしていいのかわからないんですよね。ネットでたくさん調べているんですが、本当に猫が家にいる方ってどうしているんでしょう? 

 

猫さんの家も用意しましたし、

 

なんだか新鮮に見える水飲み器も用意しました……!

 

あと子猫用のご飯と、猫じゃらしと、寒い夜用のペットヒーターと遊びグッズ(たくさん)を用意して、できるだけ快適に過ごしてもらいたいと思ってはいます。だけどだけど猫って喋らないから(当たり前)何を求めているのかわからないんですよね……! いや当たり前なんですけど……!

 

キャットタワーもあるんですが、高いところはどうやら怖いみたいで自分から登る気配はありません。高いところが無条件に好きなものだと思い込んでいたので、えーこのでかいタワーどうすんの? ってかんじです。

 

あと家で一匹で飼っていると甘えん坊になると聞いたことがあるんですが、猫があまりに甘えん坊すぎて常に足にひっついているんですが、これも普通なのかどうなのか……? 私の姿が見えないとずっとミャーミャー鳴いているので、仕事の時に家を開けるときなど、心配で心配でどうしようもないんですが、猫飼っている方ってどうしているんです?

 

こんな日記を書いたところで何か解決するわけでもないんですが、猫が家にいる方はみんな、外出中気が気じゃないんでしょうか……? 私は気が気じゃないです、もともと引きこもり気味だったんですが、今までの10倍は引きこもりになってしまいました。どうしたら……?

 

ローソン×ゴディバコラボのホットチョコレートは神

11月27日、つまり今日からローソンではじまったGODIVA監修のホットドリンクなんですが、これ本気で神の飲み物ってご存知です?

 

ローソンの「MACHI cafe」のコーヒーってもともとめちゃくちゃに美味しいじゃないですか。セブンのコーヒーもかなりおいしいと思うんですが、ローソンは豆からこだわりがすごいですよね。コーヒー好きとしては、ブルーマウンテンまでコンビニで飲めるので、ただ事ではないと思っています。

 

まあそんなわけですが、今年の冬はローソンのMACHI cafeとゴディバがコラボしたわけです。ゴディバのクーベルチュールチョコレートをコンビニで飲める……! ということで、27日の朝からローソンに行ってしまいました。自分で言うのも何ですが、どれだけ楽しみにしていたのだと言いたいですね。

 

これです、これ。

冬の一期一会です。

 

さすがゴディバとのコラボなので、1杯380円です。

「380円かぁ……。いい値段するなあ。まあでもゴディバだし、380円でSサイズだろうな……」と思っていたんですが、もう結論から書きますが、完全に裏切られました。

 

これです。発売日の朝に買ってしまった噂のホットチョコレート。

きっとSサイズなんだろうな……、と予想していた私がバカでした。実物はめっちゃでかいです。なんとLサイズだ!

 

それで本当にこれ個人的な感想なんですけど、このホットチョコレートほんとにまじで……、嘘だろってくらいおいしい。これほんとチョコそのまま。チョコよりもチョコ。最上級のチョコ。田舎のローソンでも表参道感じられるくらいおいしいし、いやもうこれ神々の飲み物なんですけど……ってかんじです。

 

あまりにおいしいんですが、これ数量限定なんですよね。無くなり次第終了です。そんな無理すぎる……。神のおやつを気まぐれに与えておいて、ある日突然取り上げるなんて……。

 

あまりに美味しくてわけわからないことを書いていますが、本当においしかったので。繰り返しますが数量限定です。きっとすぐに無くなってしまうと思うので、気になる方は先延ばしにせず明日にでもローソンに行くことをおすすめします。

初来日した「叫び」を見にムンク展へ!

突然ですが、現在上野にムンクが……、ムンクが来ていますね……!

は〜〜〜〜〜ちょっとこれは本当に興奮がすごい。

 

ノルウェーの国民的画家ムンクといえば「叫び」が有名だと思うんですけど、これが来日するのははじめてですし、たぶん私が生きている間では最後の来日になると思います。それくらいすごーーーーいめずらしい! だからもう絶対に行かなきゃならないわけですよ……!

 

ムンクといえば思い出がありまして、19才の時に一人旅に出て、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーをまわったことがあります。ちょうど白夜の時期でした。

 

懐かしくて写真を引っ張り出してしまいました。

これはホテルの写真ですけど、どのホテルもオシャレでなぜかホテルの写真がたくさんあります。10年以上も前なので、まだデジカメとかの時代ではなく……、これフィルムカメラですね! 時代を感じる!

 

スウェーデン、フィンランド、ノルウェーと回っていったんですが、最後に行ったノルウェーの首都オスロで体調を崩して、ほぼホテルにこもって帰国までの期間を過ごしてしまったんです。おかげで、絶対に行こうと思っていたオスロの国立美術館に行けず、つまりそこにあったムンクの作品に出会えなかったわけです。

 

前置きが長くて申し訳ないんですが、私にとってムンクはついに訪れたリベンジでもあるんです!

 

 

というわけで、はい! ムンク展行ってきました!

開場は9時半で、私は平日の午前10時には到着しました。

 

すごい〜天気がいい〜!

 

平日の朝一ですが、やっぱりかなり混んでいてチケットを買うのに10分くらい並びました。

ちなみに一般は1600円です!

 

そして音声案内は550円です。

音声案内を借りない方って多いと思うんですけど、音声案内あったほうが2000倍楽しいと思うんですよね。そこのところどうでしょう?

 

 

さてさて、ムンク展の中は当然写真撮影はNGなので、残念ながら何も見せられないんですけど、もう一言で感想を言うなら「すげーーーーーーーーーーーーよかった!!!」です。

 

会場の中では「叫び」を近くで見るためにも並んだんですが、もう並んでも見るべきだし、並んでよかったし、これが1600円だなんてすごい、3200円でもいいと思うぞ! という気持ちです。

 

叫びが置かれている部屋だけ薄暗くて、壁の色も他とは違って、真っ赤な「叫び」が浮き上がるように飾られているんですけど、それがすっごくすてきでした。あの部屋に飾られているせいかもしれないんですけど、赤が本当に赤いんですよ。めっっっちゃかっこよかったです!(興奮している)(語彙力が消えてすみません)

 

お気に入りはポストカード買ってきました!

左から「太陽」「マドンナ」「星月夜」「絶望」です。

 

それとSNSで話題になっているらしいムンクの叫びをモチーフにしたスノードームも買ってきました!これは確かに買わずにはいられない……!

 

今回ムンク展とポケモンがコラボしていて、叫んでいるポケモンたちのぬいぐるみ等も売っているんですよね。めっちゃかわいかったです。ムンクはあんまり興味ないけどポケモンは好きだ、という方にもおすすめしたい……!

 

最後は東京都美術館のすぐ近くにあるカフェで、パンタのパンケーキ食べてきました。やはり上野といったらパンダですよね。ムンク展で吸い取られた体力をここで回復させました。

 

いやーーー本当にうるさいんですけど、ムンク展は最高でした。ぜひ。たぶん私と同世代なら、きっと見れるのは最初で最後ですよ。

不器用でも何とかなるアクセントクロス貼り

最近はDIYが流行っていて、部屋の壁紙を自分で張り替える人が増えていますよね。壁紙を全部張り替えるのではなく、部分的にだけ色を変えるアクセントクロスなんてものもよく聞きます。

 

というわけですが、はい、こちらは私の部屋です!

なんだか写真の撮り方の関係で、なんだこれ独居房か? という雰囲気を出していますが、普通の白い壁紙のお部屋です! 

 

私はこの白い壁紙が好きではなく、そもそも賃貸の大半が白い壁紙ってことに常々疑問を抱えています。なぜみんな白がいいんだ……? というわけですが、最近この壁紙をどうにかしようと、ものすごく不器用で、かつ面倒くさがりな私がついに立ち上がりました。

 

はいこれ!

壁紙本舗というお店で、賃貸用の張り替え壁紙(クロス)買いました!

 

1mで1980円という値段だったので、6m分買いました。専用のカッターと、剥がし液をつけて12,000円ほどでしたね。安いのか高いのかよくわかりませんが、手が出ない値段じゃないですよね。

 

張替え方法の詳しい冊子付きなんですが、ハサミ、カッター、掃除用具、マスキングテープなど、事前に用意するものが書いてあります。

 

が、しかし、マスキングテープなんてものはありません。

買おうと思ってたんですが、良いものが売ってなかったので諦めました。自分で言うのも何ですが、めちゃくちゃ適当な形でスタートです。白い壁が何とかなるなら何でもいい! と思ってることが伺えますね。

 

しかも見てください、これ。

 

壁紙と一緒に注文したスムージーカッターというものが、普通に不良品です。わ、われてるやんけ! これじゃ綺麗にシール部分をカットできない……!

 

さらに壁紙は6mもあるので、ぐるぐる巻きだったものを伸ばしてみようとしたところ、あっけなく破れました。おああー!

 

もうダメだ……私のような不器用にこんな大仕事無理だったんや……、と諦めかけたんですが、1万もしたんだから何が何でも貼ってやる! という勢いで、こんな具合だったんですが挑戦をはじめました。

 

同封の冊子は、きちんと綺麗に壁紙を貼るための手順が書かれているんですが、スムージーカッター(空気を抜いたり、裏のテープをキレイにカットする用)は不良品だし、マスキングテープ(位置を決める仮止め用)はないので、もう方法なんて気にせず自己流の方法で貼ります。つまり貼れればいいんだろ……?

 

根性で貼っていきます。

 

すごいーー! 1枚目が意外と上手に貼れました!

下はだいたいでカットして、後からカッターで切る仕組みです。本当は上も予備分を残して貼りつけ、後でカットしたほうがキレイらしいんですが、面倒なので上はもうぴったり寄せて貼り付けました。

 

根性で2枚目貼りました。

自分のことを天才かと疑うくらいキレイにできている気がする。

 

はい、完成!

本当はどんなに大変だったのか、途中経過で写真を撮ろうと思っていたんですが、手を壁から離すことができないので、途中経過の写真を撮ることが不可能でした……!

あと破れた部分も貼ってしまったら意外と目立ちません。すごーい! 私は天才か!

 

壁紙でずいぶんと雰囲気変わったと思いません?

 

とはいえ、近くで見るとカッターで切った部分がガッタガタです。

 

さらに2cmくらい横幅の壁紙が足りませんでした……!(笑)

 

余りがあるので貼ろうと思えば貼れるんですが、遠くから見れば平気という理由で貼るのやめました。これで十分じゃないですか?

 

ここまでで何が言いたいかというと、アクセントクロス、壁紙貼りはどんなに不器用でやる気のない面倒くさがりでも貼れる……! ということです。私のようにちょっとくらいガタガタになってもいいなら、一人でも貼れますし、無地ならなおさらガタガタでもバレません。

 

ここまで簡単にできるとは思ってなかったので、今はなんだか家中の白い壁を絶滅させたくなってきてしまいました。

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集