栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

年越し準備とおせち料理の願い事

 おせちトップ

 

いよいよ2014年も終わりですね!

大掃除に買い出しにと大忙しかもしれませんが、おせち料理の準備はもう整いました?

食べるのはお正月ですが、おせち料理はだいたい年末の29日あたりから31日にかけて準備する方が多いそうです。

 

家で全部手作りする!という方は少ないかもしれませんが、やっぱりお正月になると食べたくなったりするものですよね。これがテーブルの上にあるだけでお正月感がすごい!

 

おせち料理の起源は実はとても古くて、なんと弥生時代まで遡るらしいんです。

弥生時代ということは、つまり2,000年前!それだけ大昔から節句のお祝いはあったそうです。

一般に伝わったのは江戸時代らしいですが、長い長い時代の中でこれだけ続いてきたというのは、やっぱりそれだけたくさんの思いが込められているということですよね。

おせち料理には、ひとつひとつちゃんとした意味があって、それがなかなかおもしろいものばかりなんです。

 

というわけで、代表的なものを少しだけ紹介してみます!

 

 

くろまめ 

出典/kibun

 

黒豆 元気に働けますように

「まめに働く」などの語呂合わせや、日に焼けて真っ黒にまるまでまめ(勤勉)に過ごせますのようにという願い。

 

かずのこ

出典/kibun

 

数の子 家族みんなが元気に過ごせますように

数の子はニシンの卵。二親(にしん)から両親共に健在であれという願い。粒も多いことで子孫繁栄の願いの縁起物。

 

たづくり

出典/kibun

 

田作り 豊作でありますように

昔は乾燥させたいわしが田んぼの肥料に使われていたことから、豊作祈願という願いが込められています。

 

 かまぼこ

出典/kibun

 

紅白かまぼこ 新しい日が昇ってくることのお祝い

かまぼこは「日の出」を象徴するものとして元旦にはなくてはならないもの。

 

くんとん

出典/kibun

 

栗きんとん お金がたくさん貯まりますように

黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな一年を願う料理。色もそれを連想させる綺麗な黄色につくられています。

 

こんぶ

出典/kibun

 

昆布 楽しいことがたくさんありますように

「喜ぶ」の言葉にかけて、昆布は幸せなことへの縁起もの。お正月の鏡飾りにも用いられているお正月の必需品。

 

 

 

うーん。こう見てみると、ほとんどが語呂合わせですね。

無理矢理だな……と思うものもいっぱいあるんですが、無理矢理で語呂合わせしてもたくさん願いを込めたかったということですよね。

 

しかも、おせちというのは全て日持ちするようになっています。

三日くらい平気で食べられるものばかり。それも実は、正月くらいは主婦の方々も料理の準備で奔走しないよう考えられているというんだから、なかなか昔の人は頭が良いですよね。

 

簡単に作れるレシピも今はかなりたくさんあって、今からでも遅くありません!

ほとんど買ってくるのだとしても、一品くらいは自分で作って、来年の豊富を料理の中に込めてみるのも悪くないと思います。

 

というわけで、年末は何の予定もないという人は、ぜひ一品くらいおせちを作って、お正月の準備をしてみるのはどうでしょう?

 

 

 

 

新年までのカウントダウン!

クリスマスも終わってしまい、2014年も残すところあと僅かですね。

後はもう新年を待つばかり。

さて、皆さんは年賀状はもう出しましたか?

 

元日に届けてもらうのには、クリスマスまでに出さないといけないので、今出していない方は残念ながら2日以降になってしまいます。そうは言っても、クリスマス前に年賀状を書くのも、変な気分ですよね?

 

最近はメールで新年の挨拶を済ます方が多いようで、年賀状をわざわざ書く方は少なくなってきました。

20代女子のほとんどが年賀状を出さないと言われていますが、反対に、年賀状を貰うと嬉しいとアンケート結果では出ています。

年賀状ってちょっと書くのが面倒。だからこそ貰うと嬉しいと感じるのかもしれません。

 

そんな中、若い方の年賀状離れを食い止めようと、日本郵便は色々楽しいことをやってくれています。

それをちょっとだけ紹介しますね。

 

たとえばこれ。

 

羊12 

 

これ、実は12年前の年賀状です。

注目して欲しいのは本来は切手を貼る部分。干支の羊くんはマフラーを編んでいます。

そして、今年の年賀状がこれ。

 

2015羊 

なんと12年前に編んでいたマフラーが出来上がっているんです!

同じデザイナーが手がけたらしいですが、12年前から2015年のことを考えてデザインしたらしいです。凄いですよね。そしてかわいい。

 

それだけじゃなく、日本郵便のHPでは好きな写真を加工して、年賀状にぴったりに加工してくれるサービスがあります。

たとえばこの写真。第一回のエムトークに使った私の写真です。今見ると、とんでもない写真ですね!

 

元パンダ 

 

これをここでハンコにしてみました!

 

パンダハンコ

じゃん!

 

更に版画にしてみると、こんなかんじ。

版画パンダ

じゃん!

 

うーん、ちょっと何だか分かりませんが、おしゃれですよね!

手書きで簡単に筆文字を書くことも出来るので、ちょっと文字も作って足してみました。それがこれ。

 

文字入れ 

 

ちょっと文字は無理矢理すぎました。汚いと言っては駄目ですよ。マウスパッドで書いたんですから!

一応栃木JAMと書いたつもりです。

 

もちろん無料で、しかも会員などの登録は一切不要で遊びことができます。

色々と凝っているので、試して遊ぶだけでも楽しいですよ。

 

どうでしょうか?

年賀状、書きたくなってきました?

毎年毎年さぼっていたのなら、今年くらい書いてみませんか?

きっと相手の方は喜ぶと思いますよ!

 

今年のクリスマスはどう過ごす?

映画っぽい

 

いよいよクリスマスが近づいてきましたね。

皆さんはどんな予定をたてていますか?

お店を予約して美味しいものを食べるのも良し。誰かと一緒に綺麗なイルミネーションを見に出掛けるのも良し。

でも、のんびりお家で過ごすクリスマスも良いんじゃないかと思います。

 

というわけで、クリスマスに見たい映画として常に10位以内にランクインしている映画を5つ集めてみました。

ラブストーリーが多いかなと予想していたんですが、意外にも家族みんなで見れる普及の名作ばかりでした。

 

 

34丁目01

 

■34丁目の奇跡

自分を本物のサンタクロースだと言うおじいちゃんと、サンタクロースを信じない女の子の話。

たくさんの人を巻き込んで、彼は頭のおかしい老人なのか、それとも本物のサンタクロースなのか、前代未聞の裁判がはじまります。

あなたはサンタクロースを信じますか?

嘘か真か、ではなく、信じるか信じないか。それを問いかける法廷劇もおもしろい。

1994年の映画なので、もう20年前の映画。それが今でも常にランクインしているのは凄いですよね!

 

アローン01

 

■ホームアローン

言うまでもない普及の名作!

何度も何度もテレビでもやっているので、知らない人はいないと思います。

古い映画だし、何度も見たことがあるので、本当にそこまで皆見ているのか?と不思議に思ったんですが、ツタヤで働いている私の友人いわく、クリスマス前は必ず全部貸し出しされてしまうらしいです!

クリスマス当日にレンタルDVDを借りるのは、なかなか難しいのだとか……。

ちなみに私は2のほうが好きです!

 

キャロル01

 

■クリスマスキャロル(ディズニー)

ディケンズの名作を、ディズニーが3Dで映画化したものですが、やっぱりディズニーって凄いなという思っちゃう映画。

ディズニーらしく力いっぱい思いっきりハッピーエンドに持っていく力技は、幸せな気分になりたい時にぴったりですよね。

私はディズニー好きなので、贔屓目が入ってるかもしれませんが、それにしたってディズニーのラストはやっぱり本当に夢があるなって思います。

 

 ナイトメア01

 

■ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

つい先日出たばかりのアメリカの映画批評雑誌で、2014年クリスマスに見たい映画ランキング25位中7位にランクインしたアニメーション。1993年の映画なのに、もうずっと何年も何年も評価され続けているんだからやっぱりティムバートンは凄い!

独特すぎる世界観ですが、そこが良いんですよね。

ちなみに子供の頃に見た私は、これをホラー映画だと思ってました。

 

今年のクリスマスは週の真ん中にあります。

大半の人がお仕事なので、どこかに出掛けて疲れるよりは、家の中でDVDを見て過ごすのはありですよね。

良いクリスマスを!

 

 

冬のイルミネーションあれこれ

イルミ01

 

12月に入って、すっかり街はクリスマスムード一色ですね!

各地のイルミネーション点灯式もだいたい終わって、今は街中で綺麗にライトアップされた木々が見られるようになりました。

ロマンチックなイルミネーションは、クリスマスにデートで訪れたいベスト3に常にランクインしていて、ディズニーランドと並ぶほどデートスポットとしては人気の場所です。

 

さて、そんな風に人気のイルミネーションですが、何故冬の間、それもクリスマス前後しかやらないんだろうと不思議に思ったことはないですか?

ロマンチックだから、なんていう回答では私は満足しませんよ。

 

調べてみると、クリスマス前後に光の飾りをつける起源はなんと500年前まで遡ります。

最初の人はなんとあの有名な「宗教革命」のマルティン・ルター。

 

なぜかルター

(※ルターの写真はいらないだろうなって思いましたが、おもしろいので載せてみました!)

 

ルターは冬の夜空を見上げながら、あの星を地上にも飾れないだろうかと考え、木の枝にたくさんのロウソクを飾ったのがそもそもの始まりだったと言われています。

 

でも、デート中にクリスマスツリーを見上げながら「ねえ知ってる?このイルミネーションの起源はね……」とルターの話でもしようものなら、どんなに優しい彼でも答えに窮してしまうと思いますので、気をつけてくださいね。

 

まあそんな話はさておき、冬は空気が乾燥しているため、空気中にチリが少なく光が遠くまで届きます。冬の夜空のほうが、夏よりもよく見えるのはそのため。

というわけで、やっぱりイルミネーションを見るのは冬が最適の季節だったというわけです。

 

 

人気のイルミネーションのトップ3をLEDの数で見てみると、常に人気のナンバー1を誇っている丸の内イルミネーションは106万個。

東京ミッドタウンの「ミッドタウン・クリスマス」が18万個。

帝国ホテル東京の「インペリアルクリスマス・イルミネーション」が4万4600個。

どれもこれもすごい数のLEDを使っています。

 

ただ、この栃木にある足利フラワーパーク。

イルミネーションではかなり有名ですが、足利だし、たいしたことないよね?と思っているあなた。

驚くなかれ。実はここ、使っているLEDが250万個なんです!東京とは桁が違う……!

 

足利01

(足利フラワーパーク)

 

いったい何をそれほどライトアップしているのかと不思議に思いますが、2014年は関東三大イルミネーションに選ばれた一大スポット。

栃木人なら一度は訪れておきたいですよね!

 

面接の心得!身分証・身分証明書

面接01 

 

さて、いつもここでは「お店の選び方」を中心に書いてきましたが、今日はちょっとだけステップアップして「面接」に挑む時の注意点を!

 

働く前に必ずあるのが「面接」ですよね。

面接では、お店側に自分を選んでもらうことが大切ですが、反対にこちらがお店をよく知るチャンスでもあります。

 

面接では必ず「身分証」の提示が必要になります。

身分証明書とは「運転免許証」や「パスポート」のこと。

ここで注意して欲しいのは、写真付きであること!

残念ながら、保険証は写真が付いていないので駄目なんですよね。

 

運転免許証もパスポートも持ってない!そういう方は多いですよね。

そんな方には市役所で発行している「住民基本台帳カード」、一般的に「住基カード」と呼ばれるものが必要になります。

 

この「住基カード」は公的な身分証なので、いつでもどこでも使える便利なものです。

取得方法は少しだけ面倒かもしれませんが、持っていれば何かと便利なので、面接の関係なしに取っておくもの良いかもしれません。

 

取得方法は各市町村によって異なりますが、とりあえず窓口に行って書類を書くだけ。

無料のところもありますが、500円かかるところもあります。その日に貰える所もあれば、数日かかる所もあります。各市役所で対応が違うので、それは各自で問い合わせてみましょう。

住基カードを取りたいという方は多いので、もちろん少しも変に思われません。安心して色々と市役所に聞いてみましょう。

 

さて、この住基カードですが、実は2種類あります。

「写真付き」「写真無し」か、2種類です。

お店によっては「写真」の有無を重要視する場合もあるので、カードを作る時ははじめから「写真付き」を選んでおきましょう。

 

ここまで知ってしまうと、ああ面倒だな……、と感じてしまう方も多いと思います。

でもここで「面倒だから、あまり細かく聞かれないお店を探そう」なんて思うと大変なことになります。

 

身分証の提示は法律で義務付けられていることです。

この部分が曖昧なお店は絶対に選んではいけません。

 

チェックが厳しいなと思うくらいがちょうどいいので、この辺りはきっちりと準備しておくこと!

家族や友人に秘密にしたいと思うのなら、余計にこの部分はちゃんと調べるべき。後々後悔しないようにするためにも、やっぱり最初が肝心なんです!

 

勇気を出して面接に挑んでも、身分証がないと働くことも出来ませんし、お店の方もOKを出せません。

面倒に思っても、先に準備をしておけば後々スムーズに働くことが出来ますよ。

それによって、お店のスタッフさんからの好感度も上がることは間違い無しです。

 

もちろん面接時は、気になることをスタッフさんにどんどん質問しましょう。

面と向かって質問できるチャンスはそれほど多くありません。

どんどん質問して、それに丁寧に応えてくれるスタッフさんなら、きっと安心して働けるはずですよ。 

 

 

2017.3.16 追記

 

上記に記載された「住基カード」ですが、現在はマイナンバーカードの発行と共に終了しました。これからは、住基カードではなく、マイナンバーカードを身分証として取得していただくようお勧めしています。新しい身分証としてのマイナンバーカードについては、下記の新しい記事で確認してください。

 

面接の必需品!必ず用意しておく身分証明書

 

 

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集