栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

もともと日本の喫茶店?コーヒー第三の波

コーヒー02

 

さて突然ですが、栄養のためではなく、味わうことを目的にとる飲食物のことを「嗜好品」と呼びます。たとえば、お酒やお茶、コーヒーやタバコのことです。無くても困らないんですが、無くなると途端に寂しくなるもの。この嗜好品であるコーヒーに、最近「第三の波」が来ていると騒がれているのを知っていますか?

 

今年の2月のはじめに清澄白河にオープンしたアメリカ発の「ブルー・ボトル・コーヒー」

次は3月6日に青山にもオープンが決定しているんですが、このブルー・ボトル・コーヒーが生み出したマイクロ・ブリュー・コーヒーは「コーヒー第三の波」と言われて、アメリカではかなりの広まりを見せているんです。

 

 コーヒー01

(出典/ブルーボトルコーヒー)

 

■第一の波(19世紀後半~1960年代初頭)

コーヒーの大量生産、包装技術の進化よってコーヒーが大量に流通して、家庭でコーヒーが飲める時代のはじまり。

 

■第二の波(1960年代初頭~1990年代)

スターバックスやタリーズなど大手のコーヒーチェーンがグローバル化して、良質な味を楽しもうとする流れのはじまり。

 

■第三の波(今ここ!)

簡単に言えば、一杯一杯丁寧に入れた、本当に美味しいコーヒーを飲もうという流れ。

 

さて、この流れ。これを見て、ふと何か思いませんでしたか?

第三の波の「一杯一杯に丁寧に入れた美味しいコーヒー」の何が珍しいの? と思いませんでしたか? だって、日本のカフェでは普通のことですよね?

 

実はこの第三の波は、日本の喫茶店の影響を強く受けていると言われています。

ブルーボトルコーヒーの代表であるジェームズ・フリーマンは「日本の喫茶店はとても好きで、とてもたくさんのインスパイアがあり、よく訪れています。コーヒーに対する真剣さ、何に対しても均等に気が遣われていて、抜け目がない。ブルーボトルコーヒーもこうした姿勢でコーヒーを提供できるようにしたいと思って取り組んできました」と言ってくれたように、日本の喫茶店が大好きらしいんです。

だからこそ、日本に二店舗もお店を出すことになりました。

 

私もコーヒー好きの一人なので、美味しいコーヒーが飲めるお店が増えるのはすごくうれしいことです。第三の波、というものも大歓迎。 

これからますます美味しいコーヒーの波がくるのなら、それを楽しみに仕事も頑張れそうです!

2015年春デニムはどう着こなす?

 デニムtop

 

2015年春夏といえば、やっぱりデニムですね!

しかもデニムを取り入れるスタイルではなく、ほぼデニム。デニムオンデニムです。

 

デニム01

(出典/zozo)

 

写真を見る限り、オシャレ上級者、かつ、スタイル抜群の女子にしか出来ないニオイがぷんぷんします。

しかもデニムオンデニムを着こなすポイントとして上げられているのが「デニムのシャツはインすべし!」ということです。これではますますハードルは上がりっぱなし。

カジュアルになりすぎてしまう時は、赤いリップを、それか足元はハイヒールで、なんてアドバイスが書かれていますが、それも色々と難しい。

普通の女子にはなかなか難しいコーディネートじゃないですか?

 

無理なくデニムを取り入れていくとしたら、やっぱりこれくらいからでしょうか?

 

 デニム02

これくらいシンプルにさらっと着こなすのも、かなりオシャレ上級者。

 

デニム03

デニムとぴったりの「白」に流行のペンシルタイプのデニムスカートを合わせれば、一気にそれらしく。

 

これくらいだったら、いつもとほとんど変わらないけど、デニム着ていますよ!というアピールにもなって丁度良いかも。

まだちょっと肌寒いですが、足首は出しておきたいですよね。

 

ただ、私個人の意見として言えば、春といえば花粉。花粉といえば花粉症。というわけで、例にも漏れず私も花粉症です。頑張ってオシャレしても、花粉用メガネとマスクをつけていたら、どんなにオシャレしていても台無しですよね。

そういう意味でも、春のオシャレって本当に難しい!

花粉症対策にはハーブティー

ハーブ

 

2月も後半。ということは、そろそろやってきますね花粉症の時期が。

早い人は3月から始まるといいますが、2月後半から感じる人もいるみたいです。実際私のまわりにもちらほら見かけるようになってきました。

花粉症の対策は早め早めが良いとされているので、痒くなってからじゃ遅い。つまり今すぐはじめないといけません!

 

というわけで、今回オススメするのがハーブティー。

ハーブって花粉に良いとよく聞きますが、いったいどれを飲んでいいのか分からないですよね?もちろん効果には個人差があるとは思いますが、妊娠中で花粉症の薬が飲めない妊婦さんにとっては、かなり良いアイテムだと思います。

 

カモミール

 

カモミール

まずハーブ初心者さんは、ここからはじめるのがベストかなと思います。

抗アレルギー作用があるので、飲み続けることによって体質改善も見込める優れもの。その他にもリラックス効果があるので、これを飲んでからだとぐっすり眠れる人が多いそうです。

ただ、注意してほしいのは、ブタクサアレルギー(11月あたりに花粉症の症状が出る方)の方に対しては逆効果な場合があるらしいです。これだけは注意してくださいね。

 

ネトル

花粉症といったらネトル。そう言われるアレルギー定番のハーブティーです。ヒスタミンという抗アレルギー成分が入っているので、鼻づまりや目のかゆみを和らげてくれます。その他にもビタミンやミネラルが豊富なので、健康ティーとしても有望です。ただ、単体じゃ飲み辛いんですよね……。そこさえクリアできれば、かなり良いかと思います。

 

ペパーミント

このハーブティーは、抗アレルギーというよりも気分のリフレッシュ効果が高いもの。すーっとした清涼感のある香りで、鼻の通りも良くなった気がしてきます。飲んでも良いんですが、マスクに一滴垂らしておくのもオススメ。

 

 

そんなハーブティーの飲み方は、1日にだいたい2~3杯程度です。たくさん一気に飲むよりも、少しずつ分けて飲むほうが効果は現れます。いちいち作っていられないという方は、朝に多めに作っておいて、それを温かいまま持ち歩けるタンブラーなどに入れておくのが良いかもしれません。ちなみに私はそうしています。これがとっても便利!

 

しかし当然のことですが、飲んですぐ効く!というものではありません。少なくとも一ヶ月は飲み続けたいもの。少しでも気分良く春を過ごすために、今から対策を練っておきたいものです……!

花粉症の皆さん、一緒に頑張りましょうね……!

 

冬の山形一人旅。銀山温泉・蔵王温泉

top

 

突然ですが、ここ最近ずっと温泉に行きたくて、突発的に出発してみました!

最近のお一人様ブームで、一人旅の方ってほんとに多いですよね。私も一人旅が大好きです。今回は雪が見たいと思って、わざわざ雪深い場所に行ってきました。そのちょっとした旅日記を書かせてもらいますね!

 

最初に選んだ温泉は千と千尋の神隠しのモデルとなったとも言われる銀山温泉!

 

01

 

山形県の山奥にあるここは、今も本物のガス灯りを使っているので、夜になるとこんなかんじになる、ノスタルジックな温泉街として有名な場所です。

 

02

 

夜になると本当に素敵で、写真を撮るためにやってきたカメラマンがたくさんいました。みんな立派なカメラで雪の中じっとしているのは凄いですよね。私のはもちろんスマホですが、でもこれだけ綺麗に撮れました!

この温泉街は、ほとんどの宿が古い木造なので、基本的にお子様お断り。ばたばたと廊下を走ると下の階の人の迷惑になってしまいますからね。でもそのせいか、本当に静か。しんしんと降る雪を、お部屋からのんびり眺めていられます。

 

温泉街のはじにあるカフェで、マシュマロココアを飲みながら本を読みながらのんびり過ごしてきました。

 

03

 

04

窓からの景色もそれはもう素敵なんですよ。もちろん外は極寒ですが。。。

 

さてさて名残惜しいですが、次に選んだ温泉地はウィンタースポーツで有名な蔵王温泉。

ここでどうしても見たかったのが樹氷!

世界的にも希少な現象で、ある一定の気象条件の下でしか「樹氷」は出来ないので、見れる場所はかなり限られているみたいです。これが見たい!

樹木理想01

 

まるで人のようにも見える樹氷。こういうふうに見えれば理想的なんですが、実際は……。

 

05

 

これではまるで冥土です。。。

蔵王の山の上までロープウェイで行くと見れるんですが、マイナス10度の吹雪の中、ほとんどホワイトアウトした中での樹氷は、ただこわいだけ。山頂付近に大昔の遭難者のために作られたお地蔵さんがあるんですが、あまりの吹雪に肩まで雪で埋まっています。繰り返しますが、これではまるで冥土です……。

 

06

 

一人でのんびりと過ごして温泉旅。最後にここにも!と思って尋ねたのが、芭蕉の句で有名な山寺です。

 

yamadera

(出典/山形県山寺HP)

夏はこんなふうに見える場所です。

 

「閑(しずか)さや岩にしみ入る蝉の声」と芭蕉がしたためた通り、ちょっとどうした?これ大丈夫か?と不安になるくらい耳が痛いくらいに静か。それもそのはず。雪ですっかり覆われた山の中のお寺はこんなかんじ。

 

07

 

1015段あるという雪に覆われた階段を昇っていった先にある、五大堂という場所からの眺め。まるで水墨画みたいです!

 

08

 

09

 

お寺の人とたまたま話をする機会があって、色々と聞いてみたんですが、やっぱり夏に訪れる人のほうが遥かに多いみたいです。でも、リピーターとして何度も訪れる人は決まって冬を選ぶと言っていました。あんまり静かなので、それをもう一度味わいたくて冬になるたび何度も訪れるのだとか。 

 

私もすっかり山形の静けさが気に入ってしまい、また来年の冬になったら行きたいなと思っています。

というわけで、私の山形記でした!ぜひ参考に冬の山形に行ってみてください!

交通費どこまで出る?遠方の街からの通勤

交通01 

 

働きやすい環境って何だろう。

勇気を出して働きはじめても、環境が悪ければ続きませんよね。自分にとってどういった環境で働くのが一番良いのか考える中で「どの街で働くか」というのも、かなり大事な要因だと思います。だって、やっぱり地元で働くのは抵抗がありますよね?

 

いくらアリバイ対策(詳しくはこちらの過去記事参照)として色々と対応してくれたとしても、地元で働くのはちょっと……という女の子はとても多いです。

たとえば宇都宮で働くデリヘルの女の子のなかには、佐野や足利、茨城県の水戸、福島県の郡山などなど、遠方から通っている子も結構多いんです。電車や車での通勤になりますが、片道一時間なんて案外普通のこと。毎日通うのは大変だけど、週に1、2回なら少しくらい時間をかけてもいいと、遠くの街から通うことを選んでいます。その気持ち、分かりますよね?

 

交通02

 

出来ることなら遠くの街で働きたい。そこで問題になってくるのが交通費!

いくら遠方での勤務を希望しても、交通費の支給がなければ通うのは難しいのが現状です。そのため大抵のお店の広告には「交通費支給」の文字が書かれています。でもこれ、ちょっと待ってください。

この「交通費支給」は、金額の上限や、勤務時間によって条件が異なり、お店によって支払われる金額が全く違います。たとえば、週に3日以上出勤して、6時間以上働かなくては交通費が出ない、という場合もあります。ここをしっかり先に確認しておかないと、後々のトラブルにも繋がってしまいます。

 

最初にお店に交通費の問い合わせをする際には必ず、週に何日働けるか、何時間働けるか、通勤形態は電車か車か、そういったこと全てきちんと相談してみましょう。

お店のスタッフは、大抵の女の子が遠方から通っているのを知っています。そのため、交通費の問い合わせには慣れっこになっています。逆に、こういった方法はどうですか?と向こうから提案もしてくれることだってあります。

 

実際に何度か問い合わせをした私の意見ですが、お店の方はほんとーに親切です。あんまり親切なのでびっくりしてしまうくらい、電話で色々と教えてくれます。だから安心して大丈夫!こんなにお金のことばかり聞いてもいいのかな?と思う必要は全くありません。

ちなみに県外を探したい方はこちら。ギリギリ通えるお店を中心に紹介していますよ!

 

働きやすい環境は、単に交通費だけでは量れないものではありますが、大事な要因のひとつであることは確かです。自分が満足するまで、何度でも問い合わせして相談にのってもらいましょう。

 

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集