栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

見た目9割の法則で大切なのは?

egao 

 

初対面で出会ったとき、人の印象は9割が見た目の要素で決まると言われています。これはメラビアンの法則といって、人の印象要素を決める法則になります。正確には93%。その他、会話の内容はたったの7%ということになります。つまり、人は見た目がほぼ全てなんです。

 

■会話よりも見た目を磨くべき?

人の良さは見た目では決まらないとは思いますが、初対面で好印象を持ってもらうためには、見た目に気を使うことも大事なこと。特に女性にとっては、最初に目に飛び込んでくる見た目要素というのはとても大事なことですよね?

髪型や服装、体型や態度。その他にも印象を担っているのが表情や目線。姿勢も要素を司る重要なファクター。

 

■見た目9割の法則って?

メラビアンの法則によると、服装や髪型、スタイルという「視覚」による印象要素は5割。口調や声のトーン、話し方の印象が「4割」と言われています。私は中身で勝負をする!なんてセリフはもう時代遅れ。会話の中身で判断される要素なんて、1割なんです。これってすごくもったいないことだと思いませんか?

 

そこで多くの心理学者が提唱しているルールがあります。それがこれ。

・会話の内容、言語情報 7%

・声の質、速さ、声の大きさ、口調 38%

・服装、表情、髪型、しぐさ、視線 55%

この数字の並びをとって「7-38-55のルール」と呼ばれているんです。

 

■法則を逆手にとれ!

今でこそ有名になったメラビアンの法則ですが、これを踏まえて応用すれば好感度って案外簡単にあがるもの。

 

<身なりはきちんと。オシャレをするよりも気を使うべきは清潔感とTPO>

これは大人になればなるほど大切なスキル。たとえオシャレなワンピースや靴を見につけていても、TPOに合っていないと好感度は下がる一方。

 

<明るい笑顔と、はっきりと明確に聞こえる話し方>

暗い表情で、ぼそぼそと話す人が魅力的にはどうしても思えませんよね?昔から愛想の良さは7難を隠すなんて日本では言われてきましたが、にこにこと笑顔でいることは好感度をあげるのには、かなり大切な要素。

 

<綺麗な言葉使いを>

言葉には力があるといいます。それってもしかするとメラビアンの法則にも関わっているのかもしれませんね。口調は印象の38%を占めています。口調、知らない間に判断されています。気をつけましょう。

 

この3つを気をつけるだけで、初対面の好感度はあがるはず。恋愛に限ったことではなく、仕事での会議や、名刺交換の際にも必要になってくること。学生や就活中の方にとっては、何よりも気をつけたいところ。

見た目といっても、大切なのは顔の造りやオシャレをすることではありません。印象というのは、努力である程度操作できるもの。ぜひ試してみてくださいね。

疲れ顔にはホットタオルであったかケア

ホットタオル

 

飲みすぎた翌日、睡眠不足の朝、仕事の疲れが残ったままの怠い体。朝から肌がくすんで見えるときってありませんか?

 

そんな時の救世主!高い美容液もパックも栄養ドリンクもいらない。家にあるもので簡単にできる。それがホットタオル+クリームケアです。ホットタオルなんて今さら当たり前かもしれませんが、やっぱりこの方法に敵うものはありません!

 

■ホットタオルのここに注目

エステでも美容室でも、ホットタオルは必ず使われます。プロが選んで使い続けているわけですから、効果がないわけがない。まず肌を温めると、血行が良くなり新陳代謝が活発に。毛穴も開いて汚れも浮いてきますし、その蒸気によってお肌も柔らかくなり、くすみも取れる。一度やってみるだけで、いくつもの効果がみられるのです。

 

・疲れ顔の時短ケアに

・顔のむくみがとれる

・クマ、くすみ、毛穴ケアに

・リラックス効果あり

 

■+クリームでふわふわ肌に

 

ホットタオルだけでも良いですが、実はここにプラスケアでクリームを取り入れると、肌が本当にふわふわに。

たった一度のケアでもそれを実感できるので、プラスクリームケアは週一のスペシャルケアとしてもおすすめ。

 

<おすすめケア方法>

1 まずホットタオルを用意。作り方は簡単。タオルを濡らして絞ってレンジでチン! 目安として500wで1分弱。

 

2 お使いのクリーム、または乳液をたっぷりと伸ばして、その上からホットタオルで優しく覆います。最後に流してしまうので、クリームはプチプラもので充分。ニベアの青缶などでもOK。タオルが冷えてきたらたたみ直し、暖かい部分を使って再度温めましょう。

 

3 最後は軽くリームを拭き取ってすすぎ洗いをするだけ。注意したいのは、温めると肌は敏感になっているので、やさしく丁寧に。

 

■その他にも、こんな時にホットタオル

・パソコンやスマホで疲れた時に、目の上に乗せてリラックス

・肩こり解消に。首にホットタオルを置いてみるとじんわり温まって、驚くほど肩が楽になります。

・歩き疲れた足のむくみ取りに、足首にホットタオル

 

簡単なケアですが、顔色が悪い朝の緊急レスキューとして、週一のスペシャルケアとして、いつでも簡単にできるのが良いところ。一度試してみると病みつきになりますよ!

デキる女は使ってる! 一筆箋でお礼のひとこと

一筆箋

最後に手紙を書いたのはいつになりますか?

最近は、メールやラインが普及しているので、ほとんどの人が手書きで何かを書くということがありません。だからこそ、もらって嬉しいのが手紙。

 

一筆箋というのは、通常の便箋と比べると文字を書けるスペースがほとんどありません。多くても3行程度。だからこそ、手紙を書きなれない人にとってはストレスなく使うことができるんです。

一筆箋はただ使うだけで、きちんとしたイメージを持ってもらえますし、まず損をすることはありません。

 

■どんな時に使えばいいの?

どんな時でも大丈夫。

贈り物に添えてもいいですし、借りたものを返す時でもいいと思います。仕事のチームへの差し入れや、仕事を頑張る同僚にメモ代わりに一言添えてもいい。使い方は自由。

 

■何を書けばいいの?

どんな時に使うのか、と同じように、何を書いても大丈夫。手紙にルールはありません。コミュニケーションのひとつと捉えて、好きなように気持ちを一言のせてみればいいんです。

友人・知人・会社の上司や同僚、頑張る後輩にもたった一言伝えるだけで、関係がスムーズにいくことがあります。

たとえばあなたが営業から帰ってきて、疲れて会社のデスクに戻った時。もしもデスクの上に缶コーヒーと「お疲れ様!」と一言添えた手紙があれば、すごく嬉しく感じますよね?

 

一筆箋02

今はこんなふうに、かわいくオシャレなものが多く販売されています。

 

一筆箋03

こういったものなら、友人には気軽に渡せますよね?

 

お詫びや、儀礼的な場合に限っては一筆箋は失礼に当たりますが、そういった時以外で使い方を気にすることはありません。手紙を書くことがめっきり減ったということは、手紙をもらう人も減ったということ。たった一言でも、もらった相手は新鮮な気持ちで喜んでくれると思います。

手帳に何枚か一筆箋を挟んでおけば、いつでも気軽に書くことができます。一度試してみてはいかがでしょうか?

夏から秋へ。季節の変わり目は肌荒れ注意

 ゆらぎ肌01

最近一気に寒くなり、季節はすっかり夏から秋へと移り変わりましたね。実はこの時期、気温や環境変化によって肌荒れが起こりやすいというのはご存知ですか?

 

秋になって体感的に「涼しい」「過ごしやすい」と感じたとしても、実は肌はその変化に追いついていません!この時期、変化に肌が敏感になっている状態を「ゆらぎ肌」と呼びます。花粉の季節に現れやすいと言われていますが、夏から秋にかけて気温が下がるこの時期も「ゆらぎ肌」が起こりやすい時。

 

■ゆらぎ肌ってどんな症状?

変化する気温差に、知らず知らずのうちにストレスが溜まった肌。それがゆらぎ肌です。症状としては「アレルギーのような症状がでる」「ニキビができる」「肌が極端に乾燥する」などなど。明確に「○○が起きる」と言い切れないのも、実はゆらぎ肌の特徴のひとつ。なんだか肌の調子が悪いなぁ……、と感じる程度の場合もあれば、ピリピリと肌に痛みを感じるほど悪化する場合もあるんです。だからこそ厄介な状態なんですよね。

 

さらに、夏の暑さの疲れが出てくるのもこの時期。疲れた体は免疫力が落ちているので、シミやシワを作りやすく、弱った肌に追い打ちをかけてきます。

 

■ゆらぎ肌の対処方法とは?

ゆらぎ肌の主な原因は「ストレス」

つまり、できるだけストレスを軽減させることが肌を回復させるための近道!

 

たとえば

・日焼けをしない

・疲れを溜めない or ぐっすり眠る

・浴槽にゆったり浸かる

はじめの対策としては、こんなものでも良いんです。

 

アプローチをしなくてはいけないのは、何も肌表面に対してだけじゃありません。肌の内部、もしくは体全部を労ってあげることが、「ゆらぎ肌」の悪化を食い止める一番の近道なんです。

 

化粧水をたっぷりつけて、保湿を心がけるのも良し。ジャンクフードを絶って、体に良いヘルシーフードを取ってみるも良し。自分にとって「気持ち良い」を続けることが、肌のストレスを減らして、結果的に肌を強くします。

とはいえ、肌が敏感になっている時期です。強めに肌マッサージや、ピーリング、剥がすタイプのパックなどは、この時期は避けたほうが無難。

 

夏の疲れを残した肌と体、それに心も。優しく労ってあげることが大事。これは乾燥する冬の下地作りでもあります。冬のカサカサに負けないためにも、今から肌の下準備を整えていきたいところですね。

私の経験したデリヘル体験入店のはなし

 体験入店02

(出典/ Flickr)

 

さて今回は、みなさんの参考になればと思いまして、何年か前に私が経験した体験入店の話を書こうと思います!

(体験入店ってそもそも何? と疑問に思った方はまずこちらから)

 

4年ほど前のことなんですが、いろいろと事情がありまして、すぐにお金が必要になった時がありました。そこで色々と考えた結果、デリヘルに体験入店をしたことがあります。その時に体験した話をしたいと思います。たぶんシステムは今も変わっていないと思うので……。

 

はじめはかなり緊張したし、勇気が必要でした。全く知らない業界ということで、下調べだけは入念にやったつもりです。でもそのおかげで、お店のチョイスは今思い出しても良いお店だったと思います!少なくとも変な人はひとりもいなかったし、お金もちゃんと貰えました。

 

まず最初に驚いたのがスタッフさんです。ちょっと怖い人が集まっているのかと思っていたんですが、そんなことは全然なかったこと。本当に普通の人で、金銭面についてはかなり親身になって相談にのってくれたことを覚えています。やっぱり偏見みたいなものを持っていたんですかね?スタッフさんは本当に良い人でした。

 

お店は普通のマンションの一室で、指導DVDを見て待っているようにと言われて、すぐに待機室に通されました。(指導DVDについての詳しい記事はこちら私が体験したお店の待機室は全室個室になっていました。仕切りは簡素なものだったんですが、居心地は悪くなかったです。何よりキレイでしたね!

 

聞いていた通り、ドリンク飲み放題・漫画読み放題という形をとっていました。ファミレスのドリンクバーがあるような雰囲気。漫画もありましたが、もちろん漫喫みたいには置いてありません。共有スペースなので、誰かと顔を合わせることもありますが、だいたいが軽く挨拶を交わす程度。特にあれこれ聞いてくる人はいませんでした。みんな本当にそれぞれ好きなことをやっていましたね。

 

たぶんそれほど長い間待っていたわけじゃないんですが、指導DVDを見終わったあたりでお客さんが来たとスタッフさんに呼ばれました。ここでプレイ以外の指導を、軽く口頭で受けることに。あんまり細かく覚えていないんですが、ほとんどが常識的なマナーで、普通の会社にとっては当たり前の知識だったと思います。

 

ホテルまでの移動は車ですが、座らせてもらう後部座席が、外から見えないようにフィルムがかけられているのにも驚きました。気分的にかなりありがたい配慮だったなって覚えています。ドライバーさんも良い人で、とくにあれこれ聞いてはこないんですが、軽い世間話で緊張を紛らわそうとしてくれていました。でもやっぱりハラハラした気持ちでホテルへ。

 

ホテルについたら解錠してもらうために、フロントにひとこと。ここからは一人です。エレベーターに乗って部屋へ。

最初のお客さんは50代前半くらいに見えました。地元企業の社長さんみたいな雰囲気の人で、かなり緊張していた私に紳士的な対応をしてくれたので、こわいとは思いませんでした。お客さん運も良いのかな?って思ったんですが、後からスタッフさんに聞いてみると、これが普通みたいですね。

部屋に入ってからお店に到着連絡の電話を入れて、ようやくお仕事スタート!という形でした。

 

終わった後は、私が先にホテルを出ました。フロントを出るとドライバーさんが待っていてくれたので、お店にはすんなり帰ることができます。帰ると、またすぐに待機室へ。この時は最初のスタッフさん以外とは、誰とも顔を合わせませんでした。

そのお店は6時間が最低賃金保証だったので、私が体験したのは6時間。その間に2本仕事につきました。ふたりめのお客さんは30代半ばくらいの人で、営業の人かな?って思うような雰囲気でした。

 

6時間はあっという間で、実労働時間はそれほどじゃなかったです。それでも6時間の体験で、これだけ貰えるの?って驚いたことは覚えています。私の場合、体験したのは昼間でしたが、お客さんが多いのも昼間みたいですね。

 

心配していたようなことは一切なくて、やっぱり怖がりすぎていましたね。実際には怖いこともなくて、スタッフさんは良い人、お金もたくさんもらえて、当時の私はかなり助かりました。

実際に体験しないと分からないことってたくさんあるので、お店への体験入店は不安を取り除くためにも絶対にやっておくべきだなって思いました。特にスタッフさんや待機室の環境については、実際見てみないと分からないし、もしかすると合わない場合だってありますよね?

 

怖かったり不安だったりと思うのは当然だと思いますが、案外やってみたら大丈夫だった!ということって結構あります。私の体験入店もそんなかんじでした!もしもこれを見て気になったことがあれば、体験入店とまではいかなくても一度問い合わせしてみると、不安もポロポロ取れてくるかも?と思います。

たった6時間の話ではありまうが、何かの参考になればと思います!

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集