栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

夏に読んでもらいたいオススメ本2016(後編)

さて前回に引き続き、夏に読みたい本ということで個人的にオススメしたい本を、初級編、中級編、上級編に分けて紹介したいと思います。個人的な趣味のため、今回に限って前後編で書かせてもらっています。

 

<中級編>

 

スクリーンショット 2016-07-29 21.35.08 (1)

夏への扉 / ロバート・A・ハインライン

 

半世紀以上も昔に出たSF小説で、「タイムトラベルもの」のSFの先駆け。日本のSFファンが選ぶ海外長編SFで何度も繰り返し1位をとっている名作です。50年以上もベスト10に入る作品なんて、なかなかお目にかかれませんよね。

 

舞台は、人工冬眠が実用化された世界。全てを失った主人公が、愛猫と一緒に今の人生の全てを捨て、未来への片道旅行(冬眠)をする話です。SF要素はそれほど強くなく、いたるところに散らばった伏線を楽しめる話です。読後に、爽快な気持ちになれることは間違いありません。

 

 

 

スクリーンショット 2016-07-29 21.56.07 

ザ・スタンド / スティーブンキング

 

夏と言ったらホラーですよね。ということで、スティーブンキングから一冊。「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」「スタンド・バイ・ミー」「ミザリー」などなど、ヒット作のタイトルをあげていったらキリがない、世界一のストーリーテラーです。読まないと人生損している!と断言できます。

 

その中でこの「ザ・スタンド」は、スティーブン・キングが大ヒット作である「ロードオブザリング(指輪物語)」のような物語を目指して書いたもの。キングには珍しいパンデミックものです。人がバタバタと死ぬので苦手な人は苦手かもしれませんが、ゾンビ映画などが好きな人はぜひ。

 

 

<上級編>

 

 

スクリーンショット 2016-07-29 22.08.52

屍鬼 / 小野不由美

 

文庫では全5冊。登場人物が100人を超える鬼作です。熱狂的なファンが多いことでも有名。じわじわ追い詰められるように進むホラーなので、最初のうちは何がおこっているのか全くわかりません。とにかく前置きが長く、1巻がまるまる前置きと言ってもいいくらい長いです。評価が割れるのもそのせいかもしれません。

 

山奥の村で、少しずつ人が死んでいく話です。少女から老人にいたるまで綿密に書かれているので、いつの間にか自分もその村の一員になったかのような錯覚さえ味わえます。恐ろしいうえに、精神的に追いつめられます。

 

 

スクリーンショット 2016-07-29 22.39.01

姑獲鳥の夏 / 京極夏彦

 

信じられないことに、京極夏彦のデビュー作です。

これを最初に読んだ講談社の編集者は 「著名な作家が編集部のリテラシーを試すためにイタズラで送ってきた」 と思ったくらい、一作目にしてレベルの高い強烈な作品だったという話はとても有名。さらにその後、こんな作品を新人が送ってくるなんて!と感激した講談社が「メフィスト賞」を創設。作品ありきで、第一回メフィスト賞受賞作になりました。

 

デビューからエピソードが盛りだくさんの京極夏彦ですが、中身もすごい。ミステリーというよりもオカルト。オカルトであって、何よりも現実的というアンバランスさが面白いところです。一度はまると病み付きになると言われる京極夏彦は、夏にスタートする物語ばかりです。

 

 

本屋に行くと、夏の文庫100冊などのフェアが各社いっせいにスタートしています。実は「読書の秋」よりも、夏のほうが読書をしている人が多いのだそうです。夏だからこそ本が読みたい。そう思う人は多いみたいですね。暑くて外に出たくない日には、家の中で本でも読みましょう。

夏に読んでもらいたいオススメ本2016(前編)

スクリーンショット 2016-07-27 22.42.41

(出典/flickr)

 

夏です。

うだるような暑さの日に、畳に寝転がって汗をかきながら夢中で本を読む。個人的な意見ですが、これ以上の贅沢はなかなか無いと思っています。夏こそ本が読みたい。しかも夏の暑さにぴったりの本が読みたい。いつもそう考えています。

 

というわけで今回は「2016年、夏のオススメ本」ということで、個人的な見解を含めて紹介したいと思います。個人的な趣味のため、今回はじめての前後編です。

 

まず第一に、読書はほぼ筋トレと同じなので、最初から飛ばすと途中で飽きてしまいます。ある程度筋肉をつけないと、ハードな筋トレが出来ないのと一緒です。小説も同じことで、活字慣れしていない人が太宰治を読んでも、個人差はあれど、途中で飽きてしまう場合があります。

個人的な意見ですが、太宰治も芥川龍之介も夏目漱石も坂口安吾も井伏鱒二も「おもしろすぎて寝られない」というタイプの小説ではありません。

 

活字慣れしていない人はまず「おもしろすぎて寝られない」タイプの本から入るべきだと思います。オススメする本も、そういったものを選んだつもりです。活字慣れしていない人は、初級編から読んでもらいたいですが、どれも私が読後に「最高かーーーー!」と奇声をあげたくなったものばかりなので、正直どれを読んでも大丈夫だと思います。

 

<初級編>

 

スクリーンショット 2016-07-27 21.58.06 (1) 

夏の庭 / 湯本香樹実

 

今から22年前の本です。夏になると今でもアマゾンのベストセラーランキングに入ってきますし、「夏のオススメ本」で検索すると必ず出てくる本です。世界各国で翻訳され、ありとあらゆる賞を取りました。たぶん100年先も読まれるだろう現代の名作のひとつです。

 

「人が死ぬところが見たい」と思った悪ガキたちが、死にそうなおじいちゃんを「いつ死ぬのか」と見張る話です。あらすじだけを読むと何だか怖そうなイメージですが「読んでよかった」と思える内容です。「泣ける本」として紹介するのは嫌なんですが、正直言って泣いてしまいますよね。

 

 

スクリーンショット 2016-07-27 22.30.30

 ルドルフとイッパイアッテナ / 斎藤洋

 

映画になりました!8月6日から全国ロードショーです。

これもまた29年前の本です。児童文学なので、今の大人達はきっとこれを読んで育ってきたんだと思います。私もそうです。小さいころに読んだ本は、今ではほぼ手放してしまい残っていないんですが「ルドルフとイッパイアッテナ」だけは、部屋を変えて、本棚を変えて、大人になった今でも本棚に残っています。

 

ノラ猫の友情話と言ったらそれまでですが、毎年「青少年読書感想文全国コンクール課題図書」に選ばれるくらいなので、読後に残るものは「友情を大切に!」なんて簡単なものだけではありません。話の本質がどこにあるのかは、たぶん大人になってからじゃないと気がつけない話です。子供の頃に読んだ人は、今こそ読み返す時かもしれません。

 

 

というわけで、今回は好きな本の話題なので長くなってしまいました。後編で「中級編」「上級編」を紹介したいと思います!

暑中見舞いを書いてみよう

スクリーンショット 2016-07-23 22.07.18

(出典/flickr)

 

日本の風習の中で「面倒」と思われている第三位が「暑中見舞い」だということは知っていますか? 最近では暑中見舞いを出している人は、20%にも満たないそうです。

 

面倒だと思われている理由として、「そもそも書くのが面倒」「あんまりやっている人がいないから」「いつ出していいかわからない」などが上げられるようです。確かに、夏の暑い時期にわざわざハガキを書くのも大変ですよね。

 

そもそも暑中見舞いというものは、一番暑い時期に「無事でいるか」という安否確認から始まった風習だったそうです。エアコンが無かった時代、遠くに住む家族や友人に、健康であってほしいと願いを込めて出していたお手紙です。そういう手紙なので、貰うのはやっぱり嬉しいですよね。

 

最近では、暑中見舞いをあえて出している、という人も増えてきたと言われています。特にビジネスチャンスをつかみたい若者に多いのだとか。

確かに年賀状と違って、出している人が少ないため「記憶に残してもらえる」というメリットがありますし、何十枚と届く年賀状の中の一枚よりも、真夏に届くたった一枚のハガキのほうが記憶に残りますよね。

 

スクリーンショット 2016-07-23 22.09.28

(写真/flickr)

 

お? この女性は、どうも一味違うな?

なんて思ってもらいたい上司や、恩師、ビジネスパートナーなどに送ってみると、デキる女として記憶に残してもらえるかもしれません。

 

■暑中見舞い 梅雨明け~8月7日(立秋頃)

■残暑見舞い 8月8日(立秋)~8月末まで

 

目安として、出す時期はだいたい上記の通り。

ハガキや手紙ではハードルが高いと思った人は、暑中見舞いと題したメールでも良いようです。毎日会社で顔を合わせている同僚でも、疎遠になってしまった友人でも、なかなか会いに帰れない家族でも、嫌がられることはありませんので、今年こそは暑中見舞いを出してみるのはどうでしょうか?

2016年日傘の選びかた

スクリーンショット 2016-07-20 23.54.35 

(出典/flickr)

 

7月も中旬を過ぎ、学生にとっては嬉しい夏休みがはじまったと思います。ということは、ついに夏も本番です。

 

さて、夏になると必要になるものはたくさんありますよね。水分補給に、紫外線対策、虫よけに冷感グッズなどなど……。欲しいものや、なくてはならないものがあると思います。その中でも今回は、大人の紫外線対策として必需品になりつつある、日傘について紹介したいと思います。

 

レジャーはもちろん、街歩きでも日傘をさして歩いている人は多いですよね。都内では、ほとんどの女性が使っていると思います。さて今回は、新しい日傘を購入したい人、買い替えをしたい人に、購入前に知っておきたい日傘のポイントを紹介したいと思います。

 

■知っておきたい日傘4つのポイント

 

(1)日傘には寿命がある

 

日傘には当然寿命があり、一般的に3~4年で効果が薄れると言われています。3年経っていない場合でも、もしも傘に色落ちが見られる場合は、UVカット効果が下がっている証拠です。「もう何年も同じ日傘を使っている」という方は、もしかするとすでに日傘に効果がないかもしれません。

 

(2)UVカット率には違いがある

 

日傘にはピンからキリまで値段が違います。その違いの理由のほとんどは(2)と(3)にあります。

日傘にはUVカット率というものがあり、遮光率が99.00%以上あれば遮光傘と記載することができ、99.99%以上の遮光率があれば1級遮光傘と記載することができます。遮光率が上がるほどに生地もしっかりとしてくるので、それで値段がずいぶんと変わってしまうんです。

 

スクリーンショット 2016-07-20 23.55.33 

(出典/flickr)

 

(3)熱をカットする効果・遮熱性はあるか

 

UVカット率ばかりに気を取られがちですが、それと同様に大切なのが遮熱性があるかどうかです。実は、安価で販売されている日傘のほとんどに遮熱性はありません。

たとえば日傘をさしていると、傘自体が熱くなり、傘内部の温度も高いままになります。しかし遮熱性のある傘というのは、熱を生地がカットするので、傘を持っている人のところまで熱は届きません。そのため、より涼しい環境で過ごせるということ。値段はあがりますが、快適性で考えると遮熱性は重宝すると思います。

 

(4)晴雨兼用であるか

 

夏は突然の雨や、夕暮れの雷が増えますよね。そんな時に晴雨兼用の日傘は何かと便利です。好みにもよりますが、傘を2本持ち歩きたくない人にとっては晴雨兼用かどうかをチェックするのも大切なことだと思います。

 

お気に入りの日傘があれば、夏の街歩きも楽しくなるかもしれません。そのためには可愛さだけではなく、機能性も充分にチェックしましょう。

キャバクラが合わなかった私のはなし

スクリーンショット 2016-07-14 0.33.12

(出典/flickr)

 

たとえば、1対1で話すことは苦ではないのに、相手が2、3人となると、途端に上手く話せなくなってしまう。そんなことってありませんか? キャバクラが合わなかった私は、そういうタイプの人間でした。

  

キャバクラというものは、会話が一番大切な仕事です。一緒にお酒を飲んで、隣に座ってにこにこしていればいいという仕事ではありませんでした。

 

人と話すことは嫌いじゃないけれど、相手が複数だったりすると、途端に何を話していいのかわからなくなってしまう。言葉に詰まってしまうし、黙っていると「何か話しなよ」と言われてしまい、焦ってさらに失敗してしまう。どんな話でもきちんと最後まで聞いて、気の利いた言葉を返してあげなければいけない。普段から仲の良い友達としか話をしない私にとって、そういったことはすべて難しいことでした。大変だったのはお客さんとの会話だけではなく、一緒に働く女の子たちの輪の中に入っていくことも、私にとっては同じくらい難しいことでした。

 

私にはキャバクラは合いませんでした。

だから、デリヘルをはじめました。そして私にとっては、デリヘルのほうがストレスなく働けることに気がついたんです。

 

スクリーンショット 2016-07-14 0.32.43

(出典/flickr)

 

もちろん、デリヘルの仕事がキャバクラよりも楽、というわけではありません。どちらも同じように、大変なことはたくさんあるんだと思います。でも、私のように、人と会話をすることが苦手な場合、デリヘルのほうが気持ちを楽に持てることは確かです。

 

デリヘルに来るお客さんは、彼氏彼女のような雰囲気を望んでいる場合が多いので、無理に会話で楽しませる必要はありません。それに、常に1対1で向き合うので、気を張らずに会話もできます。女の子同士の人間関係に悩んでいたキャバクラと違い、基本的に一緒に働く女の子たちと顔を合わせることもありません。たったこれだけでも、私にとってはずいぶんと気持ちが楽になることばかりでした。

 

もしもキャバクラで働いてみて、それがどうしても合わない人には、もしかすると私と同じようにデリヘルが合っているのでは? と思います。私のように、キャバクラが合わなかったという子は少なからずいるのだと思います。そんな子には、こっちのほうが向いているよ、と教えてあげたい気持ちになります。

 

こっちの仕事のほうが楽だよ、とかそういうことではなく、私もプロとしてせっかく指名してくれたのだから、お客さんには喜んでもらいたいと思っています。そして私にとっては、こちらの仕事のほうが、お客さんを喜ばせることが出来ると自負しています。だって、やっぱり喜んでもらえるのは嬉しいことです。

 

だから、どうでしょうか?

もしも人付き合いに疲れて仕事を辞めた人がいたら、一緒に働けたらなあと思います。

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集