栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

文化防災デーの訓練の見学に行く!

毎年1月26日は「文化防災デー」と言われているらしいです。

日本の大切な文化を火災から守ろうという日で、全国各地の神社仏閣(文化財所有地)で防火訓練が行われるんです。

 

かなり大規模に消火訓練をするというので、せっかくなので見学に行ってきました!

 

場所は地元では有名な稲荷神社です。

 

この日は低気温注意が出ていたほど寒い日で、昼間でも氷点下です。雪も残っているし、風に強いし、とにかくめちゃくちゃに寒い日だったので「それほど見物人もいないだろう」と、なめた感じで出掛けていったんですが、予想に反してすごい見物人が……!

 

立派なカメラを構えた方々や、地元の新聞記者、地元のテレビ、近所の人と、続々と集まる見物人に私も興奮ゲージがマックスです。

 

そして前フリもなく、唐突にあがる不審火に慌てる神社のスタッフ!

 

続々と到着する消防車!

 

バタバタと境内に駆け込んでくるファイヤーマン!(本当はこの10倍くらいいる)

うわーかっこいいーー!

 

放水で虹が…!

 

虹がーー!

 

氷点下の気温の中、風に煽られた水が飛沫となって降り注ぐので、寒さ×冷たいで地獄のような状況です。でも虹をこれだけはっきりと間近で見たのは初めてかもしれません。すごい!

 

消防士さんの訓練が終わった後は、今度は地元の消防団が訓練をします。しかも消防団の訓練に出てきたのが、なんと100年前のワイヤーポンプで、これがまたかっこよかったんです。

 

6人がかりで交互に押すことで、ポンプから水が放水される仕組みです。こんなローテクでも、消防車と同じくらいの威力で水が出るんです。すごいですよね。

 

このワイヤーポンプ、100年前は100円で買ったものらしいですが、現在の価格では500万円ほどになるそうです。100円が500万か……。10万くらいを握りしめて100年前にタイムスリップしてみたいものです。

 

最後は巫女さん達による消火器訓練でした。

こんな光景、滅多に見られないですよ?

 

消防士さんの話によると、消火器っていうのは、たった15秒ほどしか消化剤は出ないそうです。そして消化剤が飛ぶ距離が5メートル。たった15秒しか使えないので、落ち着いて有効的な使い方をしてほしいそうです。

 

私は消火器って3分くらい使えるものだと思っていたので、15秒にはちょっと驚いてしまいました。へー!

 

というわけで、とりとめもなく文化防災デーについて書いてしまったんですが、なかなか見れない光景に興奮しっぱなしでした。思っていた以上に楽しかった…!

 

帰りはお蕎麦を食べてきました。満腹。

 

はじめて乗馬を体験してきたはなし

先日、乗馬体験とやらに出かけてきました。

ある日突然、そうだ!乗馬をしよう!と天啓のように閃いたからです。

 

調べてみたところ、だいたいのスクールが2000円前後で体験できるみたいです。それくらいで体験できるのなら……!と意気込んで、さっそく予約をとって出かけてみました。

 

乗馬といえばお金持ちのスポーツという雰囲気がありますよね?

しかも乗馬はスポーツの中では、唯一動物と一緒になって行う競技らしいです。あれ犬ぞりは?と思ったんですが、説明書にはそう書いてありました!

 

そして来たる1月某日。

この日は48年ぶりの低気温注意報が出ていた日で、前日の夜から信じられないくらい寒かった日です。

 

乗馬クラブに到着した時の気温がこちら。

氷点下なんて滅多に見たことがない関東生まれ関東育ちなので、とにかくめちゃくちゃに寒かったです。

 

体験は万が一を考えて、スタッフさんがマンツーマンで教えてくれます。少なくとも、私が行った乗馬クラブではそうでした。

 

そして私にマンツーマンで教えてくれた方は、明るく元気なすっごく良い人でした。やはり馬が好きな人に悪い人はいない……(ような気がする)。

 

乗馬用のブーツ、ヘルメット、そして万が一落馬した時に開くエアバッグ(!)を全て着用して、さっそく挑むことになります。

 

挑む前にこんな契約書があったんですが、つまり「相手は機械じゃない、馬だぞ、生き物だぞ、わかっているんだろうな?」というような内容でした。

 

これが私を乗せてくれた馬です……!

すごく大人しい女の子らしく、のんびりした雰囲気の子でした。馬なんて間近で見る機会がないので、とにかく目がでかい…!ということに一番驚いてしまいました。こんなに馬の目って大きかったっけ?という気持ちです。

 

基本的なことをいろいろと教わった後、乗せてもらいました。

このへんも写真に納めてこようと思っていたんですが、ドタドタしてすっかり忘れてしまいましたが、ちゃんと乗ってきましたよ。

 

感想として何をどう説明したらいいのかわからないんですが、目線が高い、なんかすごい、馬が動くたび慌てる、馬がかわいい、なんかとにかくすごい、落ちそうで落ちない、どこ掴んだらいいのかわからない、すごいのは馬、何かのたびに「ウワワ」って勝手に声が出る、ってかんじでした。うーん、語彙がなくてつらい。

 

ただ馬のほうも、「今日は初心者を乗せているな……」と分かっているみたいなので、「はーもうだるいわー」と思うらしく、たびたびさぼります。さすが馬、頭がいい。そして私はなめられている…、そりゃそうか…。

 

でも太ももの内側の筋肉がめちゃくちゃに疲れます。これだけは学べました。乗馬がダイエットになるのはきっと本当ですね。

 

全て終わった後に、入会しませんか?という話になったんですが、やはり乗馬というのはお金持ちのスポーツというイメージ通り、お金持ちのスポーツでした……。入会費がやはり高い、月会費も高い、ブーツもヘルメットも高い、という現実を知ってしまいました。つらい。

 

もちろん「高い」わけではないんですが。

馬と一緒に行うスポーツなので、馬が健やかに育つための環境整備を考えると、たぶん正当な金額なんだと思うんですが、少ないお金でやりくりをして生きている我々一般人にはちょっと(いや、かなり)高めでした。うーーーん残念!

 

馬が好きで生活費を切り詰めてでも通いたい!という根性がない限り、なかなか難しい乗馬というスポーツ。でも馬は可愛かったので、ぜひ体験だけでも行ってみてほしい気持ちになりました。というか私ももう一回やりたい。

 

もっと入会金が安ければいいのにな、と思ってしまうんですが、馬のことを考えるとそれも難しい。馬には良い暮らしをしてほしい…という複雑な気持ちです。

千本松牧場へ行ってきました

那須塩原の観光地と言えば「千本松牧場だ」と聞き、突然ですが、ちょっと行ってきました。

 

正直言ってしまうと寂れていたんですが、何ていうか、謎の圧を感じる場所でした。牧場といったら、やっぱり牛だと思うんです。私も牛はどこだ〜!とはりきってお邪魔したんですが、肝心の牛が見つけられず、その代わりにいろんなものがありましたよ。

 

たとえばここが入り口。

おわかりの通り、とにかく看板にむちゃくちゃ気合いが入っています。

 

などのアトラクションゲーム「ホルンくんを助けて!」があり、

 

さらに不思議迷路ミラーハウス(?)まであります。

おかしい、ここは牧場ではないのか?という気持ちがかなり強くなってきますね。

 

そしてこのゴーストの館。写真から見てわかる通り、すごく小さな小屋なんです。たぶん2畳くらい。いったい中はどうなっているのか。

 

ゴルフもできますし、

 

バスケもできますし、

 

なんとセグウェイもできます。

 

そして気球も乗れちゃいます。

な、なんなんだここは……。

 

平日だったせいかもしれませんが、牧場を私ひとりが貸切している状態です。すごい。謎の圧ですごく楽しくなってきます。

 

きっと動かないであろうロボットくん。

 

牛はいまだに見つからないんですが、馬はいます。

 

馬はやっぱりかっこいい。人の数よりも、馬の数のほうが多いのがすごいです。

 

そういえばヤギもいました。

 

このほかにも、足湯があったり、釣り堀があったりと、とにかくスタッッフが好き勝手に作ったと見られる施設があちこちにあって、「牧場とは?」と思わずにはいられない場所でした。夜にこっそり看板をひとつ増やしたところで、誰にもバレない気がする。

 

牛が見つからなかったので、牛のベンチを撮ってきました。本当に牛はどこにいたの?

 

なぞの牧場体験(しかも貸切)に、ただただ困惑してしまったんですが、ソフトクリームはめちゃくちゃに美味しかったです。

 

正直ちょっとした不思議体験みたいな気分だったので、あの、ぜひ千本松牧場に行ってみてください。すごくクセになりそうな場所なんですが、はじめての牧場だったので困惑してて、まだ消化できていないんですよね?

 

インスタ映えはしないかもしれませんが、最高にツイッター映えしそうな場所です。ぜひ。牛乳とソフトクリームは世界一うまいです。

デリヘル嬢をやるネイリストSさんに聞いてみた!

実際に風俗業界で働いている人達って、どんなことを考えているんだろう?

そう思ってはじめさせてもらったインタビューコラムも、今回でなんと4回目です。

 

風俗嬢に聞いてみた!ビンビンBINGO(オナクラ店)ゆりちゃんの場合

↑記念すべき第1回はこちら。

 

そして4回目となる今回は、ネイリストとして頑張る一方、夜はデリヘル嬢として仕事を掛け持ちしているSさんです。

 

実はぽっちゃり体型であることが長年のコンプレックスだったという彼女は、デリヘルをはじめたことで心境に変化が起きたそうです。そんな面白い話をたくさん聞いてきました。

 

今回はお店の名前と、自分の名前を伏せることを条件にお話を聞かせてもらいました。そのため深い詮索はご遠慮くださいね。お店や名前がわかってしまった方がいても、内緒にしておいてください。

 

 

さっそくですが、待ち合わせ場所は栃木県内のファミリーレストランでした。さすがネイリストさんだけあって、おしゃれで、そしてかわいいネイルをしたSさんは、こちらの予想を超えてかなり面白い方でした!

 

 

Q どうしてネイリストでありながら、デリヘルをはじめたんですか?
「えーと、簡単に言うとお金のためですよね!」

 

笑顔で答えてくれたSさんは、実は一昨年の暮れに自宅でネイルサロンをオープンさせたばかりです。

 

インタビュアー(以下イ)「簡単ですね(笑)そのへんを詳しく教えてください」
Sさん(以下S)「ネイルだけでは収入が安定しないので。ネイルの仕事はお客さんに合わせて営業時間が変わるので、副業をするのにもなかなか難しかったんです。だから本当に空いてる時間だけって考えた時に、風俗がぴったりだったんですよね」

 

なんとSさんのネイルサロンは、営業時間は要相談!これと決まった営業時間があるのではなく、たとえば結婚式当日にネイルをしたい方のために朝の8時からお店を開ける時もあれば、仕事帰りのOLさんのために20時からでも受け付ける場合があるんだそうです。

 

イ「すごく大変ですね……?」
S「大変ですけど、楽しいんですよ」

 

(Sさんはネイリスト検定1級。得意なデザインはシック、モダン系。元美容師で、今は自宅でネイルサロンを営んでいます。)

 

 

Q 風俗のお仕事をはじめることに抵抗はなかったんですか?
「もちろん抵抗はあったし偏見もありましたよ。でも給料にひかれちゃったんですよね」

 

イ「たしかに求人をみると、え?って思うくらいの金額がかかれていることってありますもんね」
S「そうなんです。でも私は太ってるんで、そもそも雇ってくれるお店があるのかってそっちのほうも心配でした」

 

 

Q ぽっちゃりで悩んでいたという話を聞きましたが?
「そうですよ、78キロありますし」

 

イ「え!?言っちゃっていいんですか」
S「大丈夫です。プロフィールに書いてあるし、公表してますから」
イ「ごまかさずに?すごいですね?」
S「よく言われます(笑)」

 

まさか体重まで教えてくれるとは思っていなかったので、びっくりしてしまいました。年齢や体重を偽っている方が多いイメージのある業界で、ここまで正直に公表している方はとても珍しいのではないでしょうか。

 

S「この体型、昔はコンプレックスだったんです。でもデリヘルをはじめてから優しくしてくれる男性が多くて、逆に自信が持てたって部分もあるんですよ」
イ「優しい方が多いんですか?」
S「そうなんです。意外かもしれないんですが、本当にみなさん優しいんです」

 

 

Q 実際に働いてみて、風俗に対するイメージって変わりましたか?
「そうですね、やっぱり変わりました。さっきの質問の答えと同じになってしまうんですけど、意外と優しい人が多くて、自分の体型に自信が持てるようになったのって大きいです」

 

 

Q 今のお店はどうやって見つけたんですか?
「はじめはぽっちゃり専門店のほうがいいかなって思って探してたんですけど、ちょっと気になったお店があって、問い合わせてみて、面接行って、体験入店してって、どんどん話が進んじゃって、結局そのままそのお店で働き出しました」

 

イ「じゃあぽっちゃり専門店ではないんですね?」
S「そうです。人妻系の普通のお店です」

 

「運が良かったんですよね」と話してくれたSさんは、最初に問い合わせをしたお店が合っていたらしく、今もそのお店に在籍しています。

 

 

Q 週にどのくらい働くんですか?
「その月によります。月1回だった時もあれば、週に2回入った時もあるし……」

 

イ「では全く入らない月というのもあるんですか?」
S「普通にありますよ」
イ「そこまで融通が効くんですか?」

 

ネイルのお仕事が忙しい時は、1ヶ月まるまるお休みする。そういう時もあると聞かされ、正直驚いてしまいました。デリヘルって私が思っていた以上に、お休みの融通がきくんですね。驚く私に、Sさんも笑っていました。

 

S「そうですよね、普通の仕事はこうはいかないですよね。スポットがオッケーなので、スポット的なかんじでも入ったりしますし、とにかく融通がきくんです。そこが良いところだと思います」

 

 

Q いつまでデリヘルを続けようと考えていますか?
「ネイルで生計を立てられるまでって考えています」

 

イ「店舗を構えたいとは思っていないんですか?」
S「場所は今のままで十分なので、店舗でお店をって気持ちはないですね」

 

ネイルの仕事も起動に乗り始め、デリヘルの卒業も見えてきていると話してくれたSさんですが、迷いもあると言っていました。

 

「夜の仕事でも指名してくれる方が増えてきたので、なんていうか、正直辞めるのが心苦しいって気持ちもあります」

 

Sさんはデリヘルをはじめて、たくさんのお客さんと接しているうちに、体型に関するコンプレックスが少しずつ薄らいでいったと言います。デリヘルという人にはあまり口にできない仕事が、長年抱えてきたコンプレックスの解消へ繋がったという話は、私にとっても意外な話でした。

 

 

Q 風俗のことばかり聞いてしまったので、ネイルのことも。ネイル仕事の苦労もありますか?
「毎月デザインのテーマを決めて、それをブログなんかにも書いてるんですけど、それがけっこう難しいですね」

 

イ「毎月のテーマなんてものがあるんですか?」
S「季節に合わせてデザインが変わると楽しいじゃないですか」

イ「デザインって自分で考えてるんですよね?」

S「そうですね。これがけっこう大変で。デザインを考えるために、かわいいカフェに行ったり、美術館へ行ったりしてヒントを得たりしています」

 

デザインの話になった途端、いきいきとネイルについて語ってくれたので、本当にネイルが好きで仕事をしている人なんだと感じました。

 

「お客さんの要望通りにできてるかなって、いつも不安になるんですけど、でも出来上がった爪を見て笑顔になる人を見ていると本当にやりがいを感じてしまいます。苦労も吹っ飛びますよ!」

 

 

Q では最後に、これから働いてみたいと考えている子に一言お願いします。

「私はこんな体型だから言えるんですけど、昔はコンプレックスだったこの体型でも、働くことができたし、逆に自信もついた気がします。もしかすると、そういうことって誰でもあるかもしれませんよね」

 

 

最後に写真を1枚撮らせてもらいました。

 

「トチギJAMをみせてる写真って、ちょっと嘘くさいですね?」と私も笑ってしまいましたが、実際Sさんはこの求人サイトでお店を見つけたそうです。とっても頭の良い方で、実はこの後いろいろと脱線して、あれこれ話をしていたら盛り上がって深夜になってしまいました。裏話もいろいろ聞けて、かなり楽しい時間を過ごせました。夜遅くまで付き合ってくれたSさん、本当にありがとうございました。

 

今回Sさんにインタビューが実現できたのも、たくさんの方の協力がありました。

ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

 

ではまた次回!

 

2018年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
お正月の三が日が終わり、成人式が終わり、学生の冬休みも終わってしまい、もうすっかり新年ムードは消えてしまいましたね。早いものです。

 

私は新年早々にインフルエンザにかかってしまったので、お正月全てを寝て過ごすことになりました。無念です。

 

病み上がりに「キングスマン ゴールデンサークス」を観て、映画の影響で頭が相当におかしくなっているんですが、ようやく初詣にも行ってきました。

 

 

これは小山の須賀神社です。

めちゃくちゃ寒かったです!

 

そしてお正月をずいぶんと過ぎてしまったので、誰もいません。おかしいですね…?こんなはずでは……。

 

 

須賀神社の神様は簡単に言うと、ヤマタノオロチを倒したスサノオと、日本をつくった神様と、日本の15代目の天皇です。

 

須賀神社の見所はいろいろあるんですが、まずここには小山に伝わる伝説の「七ツ石」というものがあります。

むかしむかし、小山のお城から七つの石が落石してしまいました。それ以来、夜になるとその石がしくしく泣いてます。こまった城主が須賀神社に石を預けました。それ以来、石は泣かなくなりましたとさ。……という話です。

 

しかもこの話には続きがあり、この石を七つ見つけると願いが叶うらしいですよ。七つの石で願いが叶うって、どこかで聞いた事がある話ですよね。栃木の中にあるらしいんですが、果たして……?

 

 

吉なので、まあまあですね!

 

 

今年は早々にひどい風邪をひいたので、なんとなく2018年分の風邪はひきおわった気がしています。もう今年は大丈夫だろう…!

ということですが、新年の挨拶が少し遅れましたが、今年もよろしくお願いいたします。

 

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集