栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

猫島まで東京からどれくらいで……

突然ですが、私はよく日中の作業中、Netflixの「しまねこ日和」を流しています。

しまねこ日和とは、瀬戸内海にある青島のドキュメンタリーなんですが、延々と猫の生活が映し出されるだけの番組です。

 

ただ流しているだけなので、じっくりしっかりは視聴したことはないんですが、スマホ画面から流れる「にゃーにゃー」という声にものすごく心が癒されまくってしまい、最近ついに猫島とやらに行ってみたくてどうしようもなくなりました。

 

ちなみに「しまねこ日和」はこれ。

瀬戸内海にある青島という場所が舞台です。住民は15人、車もお店も自動販売機もない島だそうです。どうやって生活しているの?と不思議で仕方がないんですが、この島には100匹の猫がいるそうですよ。

 

というわけで、愛知にある「猫島」に行くため、交通費と時間がどれくらいかかるのか真面目に計算してみました。

 

下調べルール

・スタートは宇都宮駅

・所用時間も考えて計算する

・四捨五入する

・電車、新幹線、飛行機のいずれかを使う

・帰りのことは考えない

・出発日は3月の平日設定

 

 

愛知県の青島に行ってみるための時間と旅費

 

6:40 宇都宮駅

↓ (電車 2000円)

8:45 東京駅

 

9:00 東京駅

↓ (電車 1300円)

10:00 成田空港 到着 

 

11:00 成田空港

↓ (格安航空ジェットスター 9000円)

12:50 松島空港到着

 

13:05 松山空港

↓   (バス 300円)

13:20 JR松山駅

 

  • 14:36 松山駅
  • ↓  (電車 800円)
  • 15:36 伊予長浜駅 

 

 

ようやく「青島」へと出発する港の最寄、JR伊予長浜駅(無人駅)まで到着!

しかし思った通り、ここで大問題が。

 

長浜→青島への定期船は1日2便……!

青島へ行き、猫と遊びたいと考える方は、8時の便で島へと渡り、16時15分の便で帰ってこないといけません。つまり伊予長浜周辺で一泊しないといけないようですね……?

 

調べて見た結果、定期便が出るJR伊予長浜駅付近(長浜町)には、泊まれる場所は一件だけ。朝の8時に港から出発すると考えると、もう泊まるしかない……と涙の決断を余儀なくされます。(下調べですが)

 

 

長浜町に一泊する (素泊まり4500円)

翌日

8:00 長浜

↓ (定期便 700円)

8:35 青島  到着!!!!!!

 

 

何もかもスムーズに行ったと仮定して、交通費と宿泊費(素泊まり)だけで、片道合計金額が18600円!安いのか高いのか微妙に判断できない数字が出ましたね!?

 

さらに、猫島まで渡る定期便ですが、海が荒れやすく欠航になることも多いのだとか。欠航になってしまったら、もう一泊しないといけないので、プラスで費用がかかってきます。さらにさらに、定期便は人がいっぱいで、乗れないこともあるのだとか……!

 

結論:猫島まで行くのは本当に大変

 

猫島まで行くのがすごく大変そうで心が折れたので、猫カフェに行った写真を引っ張り出してきました。しかし猫カフェの猫さんは全く遊んでくれなかった。見向きもされない猫じゃらしがせつないですね。

2018年もう花粉がやってきた

まだ季節は冬だと思っているんですが、私はすでに花粉の気配を感じています。まだこんなに寒いのに、ついに花粉の季節がやってきてしまったようですね……。

 

2018年、関東甲信の花粉は前年に比べて「非常に多い」「多い」と出ているので、もう嫌な予感しかしません。

 

出典/日本気象協会 tenki.jp

 

去年に比べて、東京・埼玉・栃木・茨城に「やや多い」「多い」「非常に多い」マークがついています。確かに去年は比較的花粉が少なかったように感じたんですが、安息の時もつかの間、花粉が飛来してくる…ぞ……。

 

出典/日本気象協会 tenki.jp

 

2008年から2017年の約10年間の花粉飛来力に比べてみると、全体的に花粉の量って減ったのかな?とも思うんですが、私の住んでいる地域が「やや多い」に入っている時点でもう絶望しています。これではもう北海道に逃げるしかない。

 

出典/日本気象協会 tenki.jp

 

東京を目安に、関東に杉花粉のピークがくるのが3月の中旬あたり。それなのにすでに私は花粉を感じて、目がかゆいと思っているので、さらに花粉症が悪化した気がして絶望を深めています。なんてことだ。

 

ということで、とくに改善の具体案も、最新の対策も何も記載していませんが、とにかく「花粉がくる」ということだけでも記しておきたかったんです。

 

去年「ヤクルトを毎日飲むと花粉症が改善する」という話を聞いて、去年からずっとヤクルトをほぼ毎日飲んできたんですが、見ての通りこのざまです。ヤクルトで腸は元気になったけど、花粉には太刀打ちできなかった……。というわけですが、みなさんも早めの対策を頑張ってください。

 

トレッキングはどのくらい体に良い影響を与えるのか

突然ですが、トレッキングにはまっている友人がいます。

 

その友人が毎回「トレッキングは最高」と口にするので、私もさすがに気になってきました。写真はその友人が山頂でドヤっとしている姿なんですが、無駄に良い写真で笑えます。

 

さてさて、この友人いわく、トレッキングとは「登山と違って山頂を目指すことが目的ではなく、山の中を歩くこと自体を楽しむもの」らしいです。聞いたところによると、初心者でも5時間くらいかけて10〜15キロを歩いてしまうらしいですよ。

 

……はい、ここでさらりと15キロなんて言葉を耳にしたんですが、15キロって人間が歩ける距離でしたっけ?田舎者なので、コンビニまででも私は車に乗りますよ?と思いました。

 

初心者でも10キロは歩けるという情報に懐疑的ではありますが、そういったわけでトレッキングに今とっても興味があります。

 

そこで、トレッキングが体にどんな良い影響を与えるのか、少し調べてみました。

 


ここまで全て前置きで、では本題です!

 

友人もハマったトレッキングには、どんなメリットがあるのか。調べて書き出してみました。

 

1 純粋に体を鍛えられる
トレッキングは5、6時間は必要となる運動なので、かなり強力な有酸素運動になります。継続することでタフな体になるのは間違いありません……!

 

2 精神的に安定する
緑いっぱいの場所を歩くので、それだけでリラックス効果がある。……というイメージはありますよね?これ、もちろん科学的な理由があります!

 

たとえばウォーキングを15分続けることで、爽快ホルモンの「βエンドルフィン」、20分続けることで元気が出る「ドーパミン」、40分を超えたあたりでリラックスホルモン「セロトニン」が分泌されると言われています。つまりトレッキングでたくさん歩くことで、どんどんハッピーになってしまうのは科学的に証明されているということらしいです!

 

3 体内時計が整う
トレッキングは朝早く出発して、たくさん歩いて、ご飯を食べて、そうして夜は疲れて眠る。そのため体内時計がリセットされて、正しいリズムが刻まれるようになるのだとか。日中にたくさん太陽の光を浴びるので、寝つきが悪い方にも良い影響があるみたいですね。

 

 

私がいろいろと調べてみた結果、とくに良いと思ったのは上の3つです。

ダイエットに良い!という話がたくさんあったんですが、ダイエット=健康ということなので、今回は省略しました。というよりも最近私はダイエットよりも健康体が欲しいのです……!

 

と、こんなトレッキングですが、ゆっくりゆっくり歩幅を小さくして歩くと、初心者でも本当に10キロくらい歩けてしまうらしいです。ポイントは分厚い靴下と、しっかりした靴。これがあるだけで疲労度が全然変わってくるんだそうですよ。

 

私も今年こそはチャレンジしてみたいと……一応思ってはいます!

京都の風葬地をまわってきた話

突然なんですが、先日京都へ行ってきました。
京都って、いいですよね……

 

私はすごく歴史好きなので、千年の都に燃えないわけがない。ということで今回もかなりマニアックな旅をしてきました。正直こんなこと誰も興味はないと思うんですが、せっかくなので爪痕を残しておきたいと思います。

 

今回の旅のメインは、平安時代の風葬地をまわること。

 

は?って思いますよね。
私もそう思うので、あまり人には言えない趣味です。

 

平安時代の最初の頃、一部の貴族は死者をしっかり火葬して弔っていたんですが、一般人にとってはそんなお金はありませんでした。だから死者は風葬をしていました。

 

この風葬というのは、決められた場所に死者を運んで、そのまま野ざらしにすることなんですけど、今じゃ考えられないことが普通に行われていました。正直めっちゃこわい。ものすごい数の遺体の山が築かれていたらしいので、いやほんと、怖すぎるなって思います。

 

京都には有名な風葬地が三つあって、それが「鳥辺野(とりべの)」「化野(あだしの)」「蓮台野(れんだいの)」です。

 

この中でたぶん一番メジャーな場所なのが、たぶん鳥辺野です。鳥に食べてもらっていた野原という意味で、鳥辺野という地名が使われています。

 

この鳥辺野と呼ばれる地域が、今の「清水寺」の下あたりから、「五条大橋」あたりまでの地域なんですが、このあたりは「あの世とこの世の境目」と思われていました。それがこの「六道の辻」です。冥界への入り口だと思われていた場所です。

 

私だけかもしれないんですけど、ここが冥界の入り口……!?と興奮が抑えられません。

 

清水寺へと向かう大通りから、ひとつ路地を入ったところです。ここに入ってくると、ほぼ観光客はいません。しめしめ……と思うところです。ここより先は遺体の山が築かれていたらしいんですが、外灯も何もない時代にここを通ったら、それはもう異様な雰囲気だったでしょうね。そりゃ魑魅魍魎の話も信じてしまうなあと納得してしまいます。

 

そしてここには、六道珍皇寺というお寺があります。

 

古い古い碑があるところ。

 

あの世への入り口と言われるお寺です。

そしてここには、閻魔大王に仕えていたと言われる歌人、小野篁(おののたかむら)の伝説の舞台でもあります。

 

小野篁は朝廷に仕える役人でありながら、夜な夜な井戸から冥界まで降りていったと言われる人です。この冥界につながる井戸こそが、ここにあるんです。

 

通常は近寄ることができないので、少し離れた場所から覗き見ることしかできないんですが、「近寄ってはダメ」と言われていること自体、正直言って燃えるポイントなんですよね。

 

写真でわかる通り、扉についた小さな窓から見るようになっています。

人がいないので見放題です!

 

右奥に小さく見えるのが、冥界へとつながる井戸です。

わー!わーーー!わーーーーー!

 

 

このあたりは「あの世とこの世の境目」らしく、それを感じられるお寺や伝承がたくさんあります。

 

人が死んで、腐って、骨になって、そして土に還る。その様子をリアルに図解したと言われる「壇林皇后九想図」がある西福寺や、死者を弔い歩き、口から南無阿弥陀仏を出したとも言われる空也上人の像がある六波羅蜜寺。少しマイナーではあるんですが、絶対に…絶対に面白いです……。

 

この六波羅蜜寺の宝物館に、教科書でもおなじみ空也上人像があるんですが……、すごい、めちゃくちゃにかっこよかったです。見たい方はぐぐってくださいね。そしてこの寺は隠れ念仏を行っていたお寺としても有名。

 

こんなかんじで、少しマニアックではあるんですが、めちゃくちゃに楽しい旅をしてきました。

もうほんと、私は楽しいんですが、なかなか同じように面白がってくれる方がいないので、同じように面白がってくれる方がいればご一報ください。

 

ではまた!

 

体験入店を終えたばかりのYさんに体験談を聞いてみた!

今回でインタビューコラムもなんと5回目!
実際に風俗業界で働いている人達って、どんなことを考えているんだろう? と思ってはじめたインタビューも、なんとか節目の数を迎えました。

 

そして5回目となる今回は、なんと体験入店を終えたばかりの女の子です。
タイミング良く、奇跡的に体験を終えたばかりの女の子から話を聞くことに成功しました。こんなこと滅多にないので、すごく運が良かったんだと思います。

 

風俗嬢に聞いてみた!ビンビンBINGO(オナクラ店)ゆりちゃんの場合

ちなみにこちらが第1回。気になった方は、ぜひこちらからどうぞ!

 

今回は、体験入店をやってみようと思ったキッカケ、お金のこと、生活のこと、これから先の不安まで、込み入った話をいろいろ聞かせてもらえました。写真、名前出し、お店の名前もNGということを前提に話を聞かせてくれたので、詮索しないようにお願いします!

 

では、さっそくスタートしたいと思います!

 

話を聞かせてくれたのは、24歳になったばかりの女の子です。今時の女の子、という雰囲気をもった子ですが、見た目とは裏腹にすごく礼儀の正しい真面目な子でした。

 

 

Q どうして体験入店をしてみることになったんですか?
「やっぱりお金ですよね。体験入店だけでもお金がもらえるって知って、それでやってみることにしました」

 

「今、お金がなくって困っているんです」とあけすけに話をしてくれたYさんは、実は去年の秋に会社を辞めたばかりだそうです。

 

「サービス残業は当たり前で、帰るのはいつも夜中。休日出勤も多いし、もう本当に疲れてしまったんですよね。ストレス解消にお買い物をするようになって、たいして着る機会もないのに洋服をバカみたいに買っちゃって、私は何してるんだろう?って思って」

 

インタビュアー(以下イ)「ブラックってやつですね」

Yさん(以下Y)「たぶんそれです(笑)」

 

詳しい会社の事情はここには書き出せないんですが、なかなかブラック度の高い会社のようでした。Yさんは現在、コンビニでアルバイトをしているそうです。

 

Y「でも時給850円なんで、生活はぎりぎりです」
イ「一人暮らしですよね? 実家には帰らないんですか?」
Y「実は親にはまだ仕事を辞めたって言えてなくて……」
イ「それは何故ですか?」
Y「うちの親けっこう厳しくて、怒られるだろうから言い出しにくいんです」

 

 

Q 体験入店をしてみて、実際にどう感じました?
「正直なところ、え?こんなにお金もらえるの?って思っちゃいました」

 

イ「なんて言うか、本当に正直な意見ですね(笑)」
Y「いやだって、今日もらったお金を稼ぐのには丸1日コンビニで働いても貰えないんで」

 

確かにコンビニで1日(8時間)働いても、計算上もらえる金額は6800円。体験入店を実施しているお店では、その倍の金額が貰えるところも多いので、金額だけを見るとずいぶんと違いがあります。

 

Y「なんていうか、もっとえぐいって言うか?怖いことさせられるんじゃないかな?って思ってたんですけど、そういうことも全然なくって、これで終わり?って感じてしまったんですよね。身構えすぎていたのかもしれないんですけど」

 

 

Q 体験入店では実際にはどんなことをやってきたんですか?
「思ってたよりハードなことは求められませんでした」

 

Yさんが体験入店したお店では、はじめての方のための講習DVDがあったようです。「講習DVDの種類がいっぱいあって、それがちょっと意外で面白かった」とYさんは笑っていました。

 

噂には聞いたことがあるんですが、どうもデリヘル専用の講習DVDにはいくつも種類があって、なかには凝った作品もあるそうです。これ、私も一度でいいから見てみたいと思っているんですよね。

 

「オプションをつけるならどこまでOKか、みたいなアンケートもありました。私は最初だし不安なので、ほとんど無理にしてしまったんですけど、今ならもうちょっといけるかもって思ってます」

 

 

Q 最初のお客さんはどんな人でした?
「私が体験入店って知ってたので、変な言い方ですけど、ものすごく気を使ってもらったというか……、なんていうか良い人でした」

 

イ「お客さんは意外と良い人だったって、みんな言うんですよね。本当ですか?」
Y「本当ですよ(笑)。30代後半くらいの人で、「大丈夫?」って何度も聞かれてしまいました」

 

 

Q このまま入店する予定ですか?
「入店するつもりです。本当はもっと悩んでから決めたいんですけど、今日もらった金額を見たら、続けたくなっちゃって。1日でこれだけもらえるなんて凄いですよね」

 

イ「体験入店を終えたばかりなので、即決ということになりますよね。決め手になったのはやっぱりお金ですか?」
Y「お金ですね。もうお金のことで悩むの嫌なんです」

 

あまり詳しい事情は書けないんですが、Yさんは前の会社で働いている時に、ストレスで買い物に走ってしまった時期があったそうです。現在その支払いが残っていて、それが生活を圧迫しているのだと言っていました。

 

Q ではコンビニのバイトは辞めてしまうんですか?

「どうしようかと思っているので、これから考えます」

 

 

Q このままデリヘルは続けたいと思っていますか?

「いつまで、っていうのは考えてないですけど、貯金もしたいし、今はとにかくたくさん稼ぎたいです。私が入れる範囲で計算してもらったんですけど、けっこう貰えそうなんです」

 

 

Q デリヘルをやることに抵抗はありませんか?

「無いわけじゃないんですけど、でもこんなことを言ったら失礼だけど、……なんていうか、お金ってこんなに簡単に稼げるんだなって感じてしまったというか」

 

イ「簡単でしたか?」

Y「簡単っていうか、短い時間でたくさんお金がもらえてしまったので、変なかんじです」

 

働くことは大変で、だから苦労をしなくちゃいけないと教えられてきたYさんにとって、今回の体験入店はいろいろな意味で衝撃だったようです。

 

お金は労働の対価だから苦労をするべき、という風潮もありますが、楽に稼ぎたいと考えることが悪いわけではないですよね。働きすぎて体を壊してしまうくらいなら、もっと簡単に稼げる道を探すのも立派な生き方のひとつなんだと思います。もちろんデリヘルが簡単な仕事というわけではないんですが。

 

 

Q 体験入店を終えて、一言どうぞ

「もっと早くに挑戦してみても良かったかもしれないなって思いました。勇気が出るまでずいぶんかかってしまったので。これからどうなるかわからないんですけど、今はとにかく稼げるだけ稼いで、お金の不安を無くしたいです。それから将来のことについて、ちゃんと考えたいです」

 

 

今回お話を聞かせてくれたYさんは、今までの仕事にすっかり疲れてしまっていた女の子でした。お店にやってきた時は暗い顔をしていたんですが、体験後にお金を受け取ってからは不安が薄れたのか、明るい顔で帰っていきました。お金の不安って、本当に大きいですもんね。

 

さてこのYさんですが、正式に入店を決めたようで、今では週に2、3回ほどお店に入っていると聞きました。給料が完全日払いなので、お財布にはある程度のお金が入っているようになったそうです。それだけでも心に余裕が持てるようになったかもしれませんね。

 

今回お話を聞かせて頂いたYさんはもちろん、情報をくれた方々、本当にありがとうございました。

ではまた次回!

 

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集