栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

第8回ツイッター文学賞を読んでみた

さてさて、最近ずっと映画とアベンジャーズについて書いてしまったので、今回は本です!

 

突然ですが、ツイッター文学賞というのがあります。ご存知ですか?

ツイッターを通して本が好きな人が集まり、「この一年でどの本が一番面白かったか」を一冊だけ選ぶお祭りみたいなものです。ガチの本好きが「これが一番良かった!」とパッションをツイートに込めるので、私は本当に本当にこれを毎年楽しみにしています。本屋大賞とか信用ならんと思ってる方には絶対に面白いと思います。

 

2017年のツイッター文学賞の結果は今年の3月に出ました。今回は某アイドルグルームの作家さんが本を出していたことでいろいろとトラブルがあったようではありますが、まあそれは置いといて、せっかくなので国内編・海外編と読んでみました!

 

 

国内編1位 チュベローズで待ってる 加藤シゲアキ

 

いろいろとトラブル?というか争い?があってゴタゴタしましたが、某グループの方の本ですね。ファンの方々による投票がたくさんあって1位になったので私もかなり複雑なんですがせっかくなので読んでみました!

 

正直言うと想像していたよりもずっと面白くて、映画化とかしたら映像映えしそうな話だなって思いました。めちゃくちゃに良かったと大騒ぎはできないんですが、なかなか良かったような気がするというか……。でもちょっと後半ごちゃごちゃに詰め込みすぎている気がしたんですが、でもこれからの作品も期待できるなって感じました!

 

 

国内編2位 スウィングしなけりゃ意味がない 佐藤亜紀

 

1949年代のナチス政権下でのドイツの話です。常にジャズが根底に流れているような話なんですが、私はジャズについてはさっぱりなので、残念ながら頭の中で音楽が流れてくるってことは少しもありませんでした。

 

でもですね、でも……、ほんと、待って、最高でした……。この作者さんの書き方はいつも主人公にあえて感情移入をさせないような書き方なので、何というか淡々と物語が進むのですが、あまりに文章が研ぎ澄まされているので真に迫ってくるというか、言葉の圧がとんでもなく、途中で私は本当に謎の力に心臓が潰されるのではと思いました。ラストは私も疲れ果てて涙なんて一粒だって出ないんですが、そこに響いてくるジャズの力強さが……、やばい。本当に名作。

 

 

海外編1位 地下鉄道 コルソン ホワイトヘッド

 

この本、2500円もするんですよ。レジに持って行く時は「嘘でしょ、高いなこれ」と思っていたんですが、読後の最初の感想としては、「これが2500円で読めるとか世の中どうかしてる」です。2500円払えばこの本が手に入るとか、もはやタダ同然です。1万でも損はしない。

 

ピュリッツァー賞、全米図書賞、アーサー・C・クラーク賞、カーネギー・メダル・フォー・フィクション、シカゴ・トリビューン・ハートランド賞、レガシー・フィクション賞、インディーズ・チョイス・ブック・アワード受賞。ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーAmazon.comが選ぶ2016年のNo.1。これだけ賞を取りまくった本です。アメリカ南部の農園で生活する奴隷の女の子が、自由のために脱出をする話です。あらすじを書くと一行で終わってしまうんですが、人権問題で揺れているアメリカでこれほど評価されるってことにも意味を感じるし、単純に小説として骨太だし、面白いし、圧倒されるし、すごくつらい。これはちょっと本当に世界の名著になる気がするので、教養のためにも勧めておきたいです。

 

 

海外編2位 ピンポン パク・ミンギュ

 

私にとってはじめての韓国文学でした。これ確かアメトークの読書芸人で推薦されていた本で、その時に気になって読んだものです。

 

いや本当に、韓国文学ってこんなに新しいの? というのが感想です。めちゃくちゃ傑作やんか! たぶん翻訳も秀逸なんだと思うんですが、疾走感と閉塞感を同時に感じるってすごいことだし、コロコロとピンポン球が転がるみたいに話が進むのはやっぱりきっと狙っているんですよね? 釘とモアイという男の子がけっこう陰湿ないじめにあっているので、そういうシーンはかなりきついんですが、最終的に「これを予想しろとか無理」という話になって、衝撃がすごいです。これは新しいし、すごい。韓国文学ってすごい。それともパク・ミンギュがすごいの? すごくおもしろかったです。

 

 

こんなに書くつもりはなかったんですが、本のことなのでついついたくさん書いてしまいました。いや本当に、ツイッター文学賞の10位以内に入ったものは全て読みたいところなんですが、まだまだ全然読めていません。それというのもきっとアベンジャーズがはじまってしまったからですね。

 

足利の預言カフェに行ってきた

突然ですが、先日「預言カフェ」というところに行ってきました。なに預言って、何を預言されるの怖い……、と思っていたんですけど、友人に連れられて行ったら意外と面白かったという話です。

 

そもそも私は占いというものを少しも信じてなくて、占い全般に対してけっこう否定的です。占いなんかに自分を左右されるのはまっぴらだ〜という考えなので、あんまり興味はありません。そんな考えなんですが、友人から「足利に預言カフェがあるらしい、行こう」と誘われ、聞いたことのない「預言」という言葉に好奇心が先立ち、出かけてみることになりました。

 

私は知らなかったんですが、預言カフェはブームらしいですね! 東京や横浜、大阪などにもあるらしいです。さて、これが足利の預言カフェです。なかなかオシャレな外観で、足利駅のすぐそばにありました。

 

預言カフェというのは、どうやらキリスト教会が行なっているものらしいです。預言というのは「予言」ではなく、神様の言葉を預けてくれるってことみたいですね。正直よくわかっていないんですが、とにかく占いではないことだけは確かです。

 

店内はどんな様子だろうと不安だったんですけど、驚くべきことにすごく盛況で、女性のお客さんがたくさんいました。正直なところ、思っていた2倍くらい繁盛してました!一人で来ている方もいれば、友人同士で来ている方もいました。

 

さて、これがメニューです。珈琲の専門店なのかメニューはほぼ珈琲のみ。預言をもらう?ためにはお金は必要なく、珈琲代で預言してくれるみたいです。

 

預言を受ける時は必ず録音しなくてはいけないみたいです。他の預言カフェがどうかはわかりませんが、足利はしっかりと録音することが勧められています。私はiPhoneのボイスメモアプリを使いました!

 

誰がどうやって預言をしてくれるんだろう……、と珈琲を飲みながらソワソワと待っていると、スタッフの方がやってきて「今から預言をはじめますね」とにこやかに預言がスタートします。特別に預言をする人が登場するわけではなく、スタッフさんがやってくれるみたいです。

 

預言の方法なんですけど、とくにお客さんから何かを聞き出すわけではなく、スタッフの方がドワーっと勝手に話してくれます。勝手に、と表現すると失礼なんですけど、私たち客は特に何をするわけではなく、うんうんと聞いているだけです。

 

私は、「主はあなたをとても優しく作りました」みたいなことを言われました。「過去のトラウマから解放されて……」というような話を4分くらい聞いていたんですが、正直なところあんまり覚えていません。あまりにドワーっと話されたので、全然頭に入らなかったんですよね……。だからたぶん録音が必須なんでしょうね。すみません、後でちゃんと聞き直します。

 

それで他の方の預言も聞き耳を立てて聞いていたんですが、全て違った預言を話していて、これってどういうシステムなの……? という謎が生まれてきます。誰にどんな預言を与えるって誰が決めているんでしょう? それとも決めていないんですかね? じゃあそれぞれスタッフの方が考えているということ? そんなふうに、いろいろなことが謎だらけです。

 

預言が当たったか当たらないかは別として、肯定してくれる、認めてくれる、受け入れてくれる、という雰囲気で話してくれるので、気持ちが弱っている人には良いだろうなって思いました。私的には怖いこと言われたらどうしようってハラハラしていたんですが、そんなことは全然なく、内容ははっきり覚えていませんが良いことばかり言われたので普通に嬉しいという感想です。

 

キリスト教会が運営しているカフェなので、もしかして宗教の勧誘されたらどうしようとも思っていたんですが、そんなことは全くなく、預言を受けられる他は本当に普通のカフェでした。珈琲は美味しいし、スタッフの方は優しいし、お店の雰囲気は良いしで、これ、意外と良いです。占いに否定的な私でも楽しめましたし、なかなか良い体験だった気がします。

 

なんだこれ感想文か? ってかんじの内容になってしまったんですが、感想文ですよ!

短期の出稼ぎ・那須塩原はこんな街です!

短期の出稼ぎで栃木県を考えている方に、これまで宇都宮市、小山市を紹介してきました。今回は引き続き、那須塩原市について紹介したいと思います。

 

短期の出稼ぎ・宇都宮市はこんな街です!

こちらが宇都宮市で、

 

短期の出稼ぎ・小山市はこんな街です!

こちらが小山市になっています。参考にどうぞ!

 

 

さっそくですが、那須塩原市は栃木有数の観光地です。東京から新幹線で1時間15分ほどの距離なんですが、温泉もある自然豊かな場所です。

 

那須塩原の温泉と言ったら塩原温泉なんですが、PRの動画があるので折角なので貼り付けてみました!どうですか、すごい場所ですよね?

 

ちなみに栃木は映画テルマエ・ロマエに出てくる温泉があることで有名になったんですが、それは那須塩原ではなくお隣の那須市にあります。もちろん那須塩原から車ですぐなので、そちらもぜひ。

 

さてこの動画でわかる通り、那須塩原は田舎というよりもイメージは秘境ですよね。とはいえ温泉があるのは街の外れにあるので、中心部は全くイメージが異なります。

 

もちろん栃木の外れなので田舎ではあるんですが、自然だけが売りの田舎とは一味違います!大型アウトレットもありますし、観光地なだけあってオシャレなカフェや雑貨屋も多く、とにかく全体的にオシャレな街なんです。やっぱりロケーションが良いせいか、県内外で有名なカフェがいくつも出店しているんです。きっとお気に入りのお店が見つかるはずですよ!

 

夏は涼しいので避暑地として快適に過ごせますし、冬はスキーやスノボが楽しめるウインタースポーツの街になります。もちろんウインタースポーツだけではなく、ハンググライダー、ラフティング、キャニオニング、クライミングとアウトドア好きなら絶対に楽しめるスポーツがあちこちで体験できるんです。東京からそれほど遠くないのに、これだけ様々なスポーツが楽しめる街はそうそう無いですよね?

 

その他にも栃木県で育った方なら誰でも一度は行ったことがある、千本松牧場があります。大きな牧場なんですが、ここのソフトクリームは絶品です!個人的には日本一美味しいと信じています!

 

さらに那須塩原は星がよく見えることでも有名で、夜遅くに満天の空を仰ぐイベントも定期的に開催されています。星を見に都内から大勢の方がお金をかけて那須塩原にやってくるんですが、住んでしまえば0円で見放題ですよ。すごいですよね?

 

まあ星空は置いておいても、やはり観光地なだけあって那須塩原は短期の出稼ぎでやってくる女の子がとても多い街です。夏の間だけ、冬の間だけ、2週間だけと短い期間過ごすにはぴったりで、多くの女の子が入れ替わり立ち替わり訪れます。そういった環境なので、人付き合いが煩わしいと思う方にもおすすめできると思います。

 

夏の間は比較的涼しいので避暑を第一の目的としてやってくる女の子もいますし、冬の間だけ働いて合間にスノボに行くという女の子もいます。そういう働き方ができるのも那須塩原の良いところですよね。

 

もし那須塩原で働くことに興味がわいたら、ぜひ問い合わせをしてみてくださいね!

今月も見たい映画が多くて忙しい

さて今月も見たい映画が多過ぎて、毎日がとても忙しいです。

今月のはじめからずっとアベンジャーズ映画に吸い寄せられて、気がつくと映画館の座席に座っているので、そろそろ正気に戻りたいと思っています。

 

写真は6月29日公開のハン・ソロのポスター(?)なんですが、隣に座れたので記念写真を撮ってきました。若き日のハンソロのスピンオフがやるのは嬉しいんですが、本当のところを言うと、ハンソロとレイア姫が幼いベン(カイロ・レン)を育てる平和な子育てムービーのほうが見たいんですよね。

 

まあそれは置いておいて、今月も見たい映画がたくさんですね……!

 

 

(出典/映画.com)

当初はかわいいウサギの映画だと思っていたんですが、恐ろしいほどのアウトレイジでした。予想を大幅に裏切って、とんでもないブラックユーモア映画!マフィアや暴力団並みの土地奪い合い抗争映画で、ガチンコの殺し合いがはじまるなんて、誰が予想しました?ほぼ全員がサイコパスなので、倫理観が崩壊することは間違いないです。

 

 

(出典/映画.com)

こういう映画が大好きで……、大きいものが暴れる映画にはとても弱いです。というか基本的に頭が悪いので、難しい映画が苦手で、こういうエンタメに振り切れた映画が大好きです。もう〜これもすごい好きで〜!でも本当のところを言うと、こんな巨獣の派手な戦いよりも、ピーター・ラビットの戦いのほうがエグくて印象が強いという結果に。

 

 

(出典/映画.com)

大きいものが暴れる映画が好きということは、当然ながらゴジラも好きということです。このアニメのゴジラ映画はシリーズ2作目なんですが、1作目がとても良かったので今回も楽しみにしてました。メカゴジラが出るよって言われたんですが、あれおかしい、メカゴジラはどこ??という自体に。賛否両論らしいんですが、どうなんですこれ、ありですか???

 

 

(出典/映画.com)

5月25日公開の犬ヶ島です。これ絶対絶対見たいんですが、上映館が少なそうで、栃木でやってくれるか少し心配しています。ストップモーションアニメで、なんと近未来の日本が舞台!伝染病の犬インフルエンザが大流行し、犬たちは「犬ヶ島」に隔離され、そこに12歳の少年アタリが愛犬を探しにやってくるという話です。ストップモーションアニメで日本が舞台と言ったら、去年公開されたKUBOは最高でしたよね。

 

 

(出典/映画.com)

公開は6月1日なんで、ほぼ5月ですよね。デッドプールがまたやってしまう。アメコミ大好きなので、もちろん行くつもりなんですけど、このまま大好きなアメコミヒーローが増えすぎると大変なので、もういい加減にしたいと思いつつ、やっぱり気がついたら映画館の座席に座っているんですよね。助けてほしい気持ちです。

 

 

というわけで、今月も見たい映画がたくさんで、週に1回は映画館に行かなきゃならない生活になっています。映画って楽しいですよね……。

アベンジャーズ展を見に行ってきたよ!

実をいうとアメコミがとってもとっても好きで、その中でもアベンジャーズがとても好きです。とりわけアイアンマンが好きで、いや好きというかもはやガチ勢なので、いろいろあって現在は公開中の映画のおかげで正気を保つのが難しい日々を送っています。

 

というわけですが、現在スカイツリーでは映画に合わせてアベンジャーズ展がやっていまして、これはもう行かなければならない! と思い田舎からはるばる行ってきました。

真下から撮影したので、全貌が全くわかりませんがスカイツリーです。実はスカイツリーに行くのも初めてだったので、なかなかに興奮しました。で、でかい。いや本当にでかいぞ。

 

はいこれです、やってました、TOKYO SKYTREE HEROES in the INFINITY SKY です! 地上450mの天望回廊にアベンジャーズのヒーローたちの等身大装飾が施されているみたいで、体験型の演出や等身大フィギア展示に特設ショップまである凄さらしいです。これはファンなら絶対に行かないといけないやつ。

 

しかもスタンプラリーまで行なっています!ウウウ、ウワーーー楽しそう……!

 

まず凄いと思ったのはエレベーターなんですが、この上の部分でアベンジャーズが流れていて、それを見ながら上昇するので気分の上がり方がすごいです。ウ、ウワー! みんな見てくれ! すごい! と大騒ぎしたいところですが、良い大人なのでぐっと堪えてまるで一般人のように静かに眺めていました。

 

それでも気分的には「ウガシャカウガウガ……」とガーディアンズ・オブ・ギャラクシーでスターロードの大好きなブルー・スウェードの「Hooked on a Feeling」が流れるところです。

 

まず、できることなら家の前に表札代わりに飾りたいアベンジャーズのマーク(でかい)がありました。ほしい。

 

展示されているものが予想以上に多く、まずはインフィニティウォーのパネルがあったり、

 

壁に描かれたアイアンマン(世界一かっこいい)がいたり、

 

等身大のブラックパンサー(好き)がいたり、

 

等身大のスターロード(めちゃくちゃ好き)がいたり、

 

アイアンマンの目線で東京の空を飛んでいる体験ができる装置があったりしました。すごい。ここに住みたい。

 

ヒーローたちをコンセプトにしたドリンクも売られていたんですが、あまりに人が多いので今回はトライしませんでした。また時間がある時にゆっくり行けばいい……そして時間をかけて全部飲むんだ……

 

ここまで写真を見返して思ったんですが、スカイツリーからの眺め的なものを撮ってくるのを忘れました。すごい晴れていて遠くまで見えたんですが、正直アベンジャーズに夢中すぎてすっかり忘れてしまい……。

 

スタンプを全部集めると、

 

ポストカードと交換してもらえます。ワーーーーイ!

ところでこのポストカード2枚組みでデザインが違うんですが、スターロードとスパイダーマンがどちらにもいないんですよね。なぜ?????

 

まあこんなかんじだったんですが、すごくすごく楽しんできました。時間があんまりなかったので、もう一回行きたいと思っているところです。このアベンジャーズ展は7月16日までやってるんで、本気出せばあと5回はいけるな……と思っています。

うう…楽しかった……

 

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集