栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

離婚前に知っておくべき3つのこと

スクリーンショット 2016-04-21 0.01.44 

(出典/flickr)

 

離婚を考えているけれど、具体的にまず何が必要なのかが分からない場合は多いですよね? 離婚するのは結婚するよりも大変なこと。よく言われることですが、これは間違いではありません。調停や起訴を行う場合にかかる日数や、その間のストレス。もちろんお金もかかってきます。

 

そのために大切なのは、事前準備をしっかりすること。もしも子供がいるのなら、尚更大切になってくる準備です。後悔しないためには、まず知ることが大切!

 

(1)離婚前に出来るだけお金を貯める

もしもあなたが今、専業主婦なのだとしたら、まず最初に考えるべきことは「仕事の確保」です。

 

お互いの合意のもと離婚できるのであれば良いですが、そう上手くいかない場合もあります。もし離婚調停になった場合、弁護士費用や、その間の生活費がかかります。実家に戻れずアパート等を借りる場合は、敷金・礼金などの費用も考えておくべき。

 

・引越し費用(敷金、礼金も含める)

・当面の生活費

・弁護士に依頼する場合の費用

 

 

(2)離婚後、経済的に自立できること

離婚が成立した後、自立するためにも仕事は最重要です。自分で稼げるお金と、元夫から貰える金額(慰謝料・養育費)で生活が出来るか計算しておくことは大事なこと。

 

(注意!)浮気や暴力で相手側に責任がある場合でも、相手に貯金がない場合は慰謝料を請求しても、支払えない、または支払いに応じない場合もあります。相手側からの慰謝料・養育費がないと生活できないという状況だけは避けましょう。

 

 

(3)財産分与など、貰える金額を調べておく

 

■財産分与■

結婚後、夫婦間で得た財産を半分もらうことができます。

・現金(貯金)

・家具や家電など

 

■慰謝料■

・夫の浮気、不倫があった

・暴力やモラハラを受けていた

 

上記のことがあれば、慰謝料を請求することができます。金額に規定はないため話し合いで決まるものですが、取り決めの内容は後々トラブルにならないよう、必ず書面で残しておくこと!

 

■養育費■

たとえ妻側に不貞があり離婚に至った場合でも、養育費は夫から支払われます。

大抵の場合、家庭裁判所による「養育費算定表」を元に決められます。もしも途中で支払いがストップした場合、夫の給料や貯金を差し押さえる手段もあるということなので、困った時は弁護士に相談することを視野に。

 

Q 弁護士はどこで探せばいいのか?

「法テラス」という国が設立した法的トラブル解決の総合案内所があります。こちらで相談してみるのも良いかも。インターネットで検索してみるとすぐに見つかりますよ。

 

スクリーンショット 2016-04-21 0.00.51

(出典/flickr)

 

さて上記の通り、大きくわけて3つの準備。その中で、何事にも必要になってくるのが「お金」です。

 

まず「仕事を見つけて経済的に自立すること」 「出来るだけお金を貯めること」、 このふたつが出来れば、かなり心に余裕が生まれます。余裕が生まれることによって、もしかすると結果的に離婚しなくても良いと思えるようになるかもしれません。

 

さて、このサイトで紹介しているお店の中でも、こういった問題に対して積極的に支援してくれるお店は数多くあります。

たとえば「寮の完備」「託児所の紹介あり」「最低賃金保証」など。チェックしておきたい部分はたくさんありますよね。現在貯金がゼロに等しい方は、ある程度の資金を貯めるためにも考えてみるのはどうでしょうか?

離婚資金のために働きはじめる方は意外と多いので、同じ悩みを持つ仲間が見つかるかも。資格を取り、しっかりとした職につきたい時も、待機中に勉強する時間をたっぷり取れるのも良いところ。お金がないと悩む前に、一度問い合わせをしてみてはどうでしょうか?

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集