栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

面接の必需品!必ず用意しておく身分証明書

(出典/flickr)

 

面接時には、必ず身分証明書の提示が必要になります。ここで紹介しているデリヘルを中心としたお仕事にも、必ず必要となるものです。今回は、面接時に使う「身分証明書」についての注意点を説明したいと思います。

 

まず、面接時に必ず提示することになるのが「写真付き」の身分証明書です。重要なのは、きちんと写真がついていること。写真付きの身分証明書といえば「運転免許証」や「パスポート」のことです。保険証は写真がないため、面接時の身分証として使うことはできません。

 

しかし、運転免許証やパスポートを持っていない方もいると思います。

 

今まで、運転免許証やパスポートをお持ちでない方は、市役所で500円程度で取得できる住基カード(住民基本台帳カード)を身分証として取得するよう勧めていました。しかし現在この住基カードは、マイナンバーカードの発行と共に終了してしまいました。つまりこれから先、身分証を持っていない場合は、その代わりにマイナンバーカードを取得してもらうことになりました。

 

 

マイナンバーカードを取得する方法

 

マイナンバーカードとは、個人番号(マイナンバー)が記載された顔写真付のカードです。本人確認のための身分証として使えるものとして、すでにサービスがはじまっています。申請が面倒に思うかもしれませんが、実はこれ、スマホで簡単に申請することができるんです。

 

 

【マイナンバーカードが交付されるまでの流れ】

 

(1)自宅に届いた通知カードを確認。そこにあるQRコードを読み込みます。

(2)通知カードにある申請IDと名前や生年月日等を入力後、スマホで撮影した写真を添付して送付する。
(3)後日、自宅にハガキが届きます。
(4)ハガキと通知カード、身分証(※注意1)を持って市役所にいきます。無料発行なので、安心して受け取ってください。

 

(※注意1)
身分証が欲しくてマイナンバーカードを作るのに、マイナンバーカードを作るためにも実は身分証が必要になります。少し面倒かもしれませんが、ここで必要となるのは「名前と生年月日」または「名前と住所」が記載された証明書ふたつです。お勧めとして、保険証と預金通帳などがあげられています。

 

 

 

こんな裏技も?原付免許証を取得する!

 

(出典/flickr)

 

マイナンバーカードが交付されるまで、少し時間がかかります。住まいの地域にもよりますが、だいたい2〜3週間かかってしまいます。そんなに待っていられない、と思う方もいるかもしれませんよね。

 

そういった方にオススメなのが、原付免許を取得すること。実は原付免許は、写真付きの身分証なのに1日で受け取ることができるものです。試験を受けて合格をしないといけませんが、それほど難しい問題ではないので、少し勉強をして挑めば1日で取得できます。

 

費用は、受験料や手数料などを含めて約7000円〜8000円程度です。都道府県で若干費用は変わりますので、詳しい金額はお住まいの地域の免許センターに問い合わせてみてください。きちんとした身分証としても使えるので、今すぐ身分証が欲しい!と思う方は手っ取り早く原付免許を取得してしまうのも、ひとつの手かもしれませんね。

▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集