栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

冬の救世主・1500円以下の万能クリームまとめ

もうすっかり乾燥の季節。指先だけじゃなく、頬もおでこもカサカサしてくる季節ですよね? そんな中、これが一個あれば顔だけじゃない、手足も全部ケアできちゃうクリームを集めてみました!

 

■もう鉄板? 万能ニベア青缶

クリーム02

(出典/garitto)

 

ニベアの青缶といったら、有名な某高級クリームと成分がほぼ同じということで話題になりましたよね? それ以来、ニベア青缶を使う女子が急上昇! 現在のプチプラクリームブームはこのニベアからはじまったもの。もはや鉄板です。

顔だけじゃなく、手足、髪にも使えるニベア。もちろんお肌に優しいので赤ちゃんでも使えます。かなり安価なので、体中たっぷり使えるのもニベアが愛されるところ。私もニベア青缶は今年で4つ目です。

 

■レトロなクラブホルモンクリーム

クリーム01

(出典/クラブコスメ)

 

発売が1935年。もう販売がはじまってから70年も経つというこちら。最近になって再び人気急上昇です。やっぱりこれだけ長い間使い続けられてきたクリームなので、それだけの価値がある!パッケージからとてもレトロで可愛いですよね?

名前の通りのホルモンクリームというだけあって、産毛が消えた、バストアップした、なんてクチコミもちらほら。プチプラなので、一度試してみるのも良いのでは?

 

■髪にも使えるスチームクリーム

クリーム03

(出典/スチームクリーム)

 

デザインパッケージが毎回かわいいので、プレゼントとしても人気のスチームクリーム。私もプレゼントに困った時は毎回このスチームクリームを選んでいます。

こちらの缶は中身は全て一緒。デザインだけが違います。こちらもプチプラなのに万能で、顔や全身だけじゃなく髪にも使えるうえ、なんと化粧下地としても使えます。たとえば旅行の時、これだけ持っていけば凌げる万能さがすごい!

 

私のおすすめプチプラを並べてみましたが、どれもナンバーワンを決めるのは難しいくらい気に入っています。今年の冬はこの3つのクリームで乗り切るつもり。どれもプチプラなので、一度試してみてください。

実は損してる・早口トークはモテない?

 早口02

 

話したいことがたくさんあったり、気がはやってしまったり、緊張したり。そんな時、わかっていても早口になってしまうことってありませんか?

え? 今なんて言っての? と聞かれてしまってから「しまった!」と思ってももう遅い。特に女性の早口は、男性にとってキンキンと声が尖って聞こえてしまって辛いんだとか。

 

<ゆっくり話す女性のほうが賢くみられる>

早口で話されてしまうと、たとえば内容が聞き取り辛かったりしますよね? そのほかも、神経質なイメージを与えてしまったり、落ち着きがないイメージも与えてしまいます。

反対にゆっくりと話すことによって、相手に安心をもたらしたり、説得力が増すとも言われています。大事なことはゆっくり話したほうが伝わる。これは心理学の実験でも証明されていることです。

 

<早口の原因ってなに?>

■自分の話に自信がないとき

一気に話をしないと、聞いてもらえないかもしれない。そんな自信の無さが口調に現れてしまうと言われています。

 

■緊張しているとき

緊張をしているとき、怖がっているとき、人は無意識のうちに早口になってしまうそうです。

 

■呼吸が浅いひと

普段から呼吸が浅い人は、少ない酸素量で話そうとするため必然的に早口になってしまうのだとか……。

その他にも楽しくて興奮しているとき、怒っているときなども早口になりがちですよね?

 

早口01

 

<早口を直してゆっくり話す!>

たとえば明日、会議でプレゼンをしなきゃならない。緊張と興奮。もちろん怖いと思いますし、それによって呼吸も浅くなってしまいますよね? 早口になりがちな条件が全部揃ってしまいます。

 

そんな時に大切なのがこれ!

①深呼吸をすること

②うなずきを入れること

③姿勢をぴんと伸ばすこと

 

①の深呼吸をすることはまず最初のステップ②のうなずきを入れること。これは、話しだす前に一度小さくうなずいてワンクッションを置く方法です。それによって自分の中で間が上手にとれて、ゆっくり落ち着いて話すことが出来るのだそうです。

 

③の姿勢をぴんと伸ばすこと。これも早口には一見すると関係がなさそうですが、人は背筋を伸ばすことによって息をするのが楽になり、自信が生まれやすくなるんだそうです。ぴんと胸をはるだけで言葉がゆっくりになるんですから、これはぜひ試してみてください。

 

ゆっくり話をするだけで、賢そうに見えたり、落ち着いてみえたり、男性にとっては魅力的に見えるのだそうです。早口はマイナスしかありません。もう癖になっているから……と思わずに、積極的に直していきましょう。

栃木の乾燥肌は実は深刻?

栃木乾燥01

 

先日、通っている皮膚科の医師にこんな話を聞きました。なんでも肌荒れがひどい県で全国一位に選ばれたのが、栃木県だったらしいんです。実は栃木は全国的にみて、冬の乾燥がひどく、冬の間に肌荒れを起こしやすい場所なんだとか……。

 

そんな話を聞いてしまってから、栃木県民の肌事情が気になって仕方がありません。ちょっと調べてみたところ、乾燥による静電気が最も発生しやすい県は、なんとお隣の茨城県です。次に群馬県が続いて、三位が栃木。これもなかなかひどい結果ですよね?

 

寒い冷気を顔にあびやすく、それによって赤むけしそうだなと感じる東北と日本海側ですが、実は美肌ランキングで上位を占めているのは、常に日本海側と東北。美肌グランプリはいつも島根。ここまで聞いてしまうと、栃木も黙っていられませんよね?

 

栃木乾燥02

 

さらに調べてみたところ、2015年の冬は「乾燥肌デビュー」する人が増える可能性があるとのこと。その理由として、今年の夏の記録的な猛暑が関係しているみたいです。夏の暑さで体内の水分が何度も脱水気味になってしまった後の冬は、内部から深刻な乾燥を招くのだとか……。

 

乾燥が深刻な肌荒れを招くのは今や常識。肌荒れだけではなく、髪も頭皮も痛みますし、鼻や喉が乾くと病気にもなりやすい。ひどい乾燥は良いことなんてひとつもないですよね?

 

■部屋がどれだけ乾燥しているかチェック!

今過ごしている部屋がどれだけ乾燥しているか、簡単にチェックする方法があります。

 

1. 氷水を入れたガラスや金属のコップを用意

2. 部屋の真ん中に置いて待つ

方法はこれだけ!

 

コップの周りにすぐに水滴がつけば、その部屋は比較的過ごしやすい湿度があるということ。2、3分経っても水滴がつかなければ部屋は乾燥している可能性が……。(部屋の温度に左右されることもあるので、あくまで目安として捉えること!)

 

なめてはいけない乾燥の季節。新しくニキビやシワを増やしたくないのならば、今年の冬は乾燥対策をきっちりやったほうが良いかも? 特に栃木県は乾燥がひどい県です。それを忘れないで過ごしてくださいね!

シートマスクは毎日派?それともスペシャルケア派?

 

マスク01 

 

シートマスクといえば、少し前まで週に1~2回のスペシャルケアでした。しかし最近は安価なシートマスクが増えて、たとえば30~50枚入りが2000円以下で購入できる場合も。

そうなると、毎日シートマスクを使ったとしても経済的な負担はそれほどかかりませんよね? けれどシートマスクってそもそも毎日使っても良いんでしょうか?

 

■毎日使うべき VS スペシャルケアで充分

専門家の間でも、シートマスクは毎日派と、週に1~2回のスペシャルケア派に意見が分かれているようです。それはなぜでしょうか?

 

■シートマスクは毎日派の言い分

安価なシートマスクが流行るようになってきたのは、そもそも韓国のシートマスクの影響。美容大国である韓国では、寝る前のシートマスクが毎日の習慣として必須アイテムになっているようです。毎晩だけではなく、毎朝の習慣としても使っている人が多いようで、どちらかというと、シートマスクは必須!と謳われています。

 

■週に1~2回のスペシャルケア派の言い分

どちらかというと、皮膚科の医師に多い意見。それというのも、頻繁にシートマスクで肌を密封することによって角質がふやけてしまい、肌がゆらぐ原因になると言われています。

とはいえ、肌は人によってさまざま。毎日やることによって肌質が良いほうへ改善されることもあるのだとか。その判断は専門家でも判断することは難しいらしいです。

 

ということは、結局は自分で使って試してみるしかないんでしょうか? なかなかもどかしい結果ですが、体質や環境、ストレスや紫外線による影響も絡んでくるとなると、確かに判断は難しそうですよね。

 

マスク02

 

■シートマスクの注意点!

シートマスクを使ううえで気をつけたいのが、マスクをつけている時間。シートマスクを規定の時間以上つけていると、パックが乾いて肌の水分を逆に奪ってしまうのだとか。そうすることによって、保湿のためにしたはずが、ひどい乾燥肌になってしまう場合もあります。

 

規定時間が10分なら、それよりも短い時間でマスクを外してしまうのが良いとも言われています。確かにこれ、私も皮膚科の先生にアドバイスされたことがあります。規定が5分なら3分ほどでちょうど良いんだとか。

 

疲れているからといってマスクをしたまま寝てしまう。それが一番のNG。美容のためにはじめたことが、どんどん肌を悪化させることに繋がりかねません。上手にシートマスクを活用していきたいところですね。

サイレント・プア(声なき貧困)を考えてみる

 

サイレントプア01

(出典/Flickr)

 

「サイレント・プア」という言葉は知っていますか? その名の通り「声なき貧困」という意味で使われている言葉です。

 

たとえば、小さな子供を抱えた母子家庭のお母さん。手続きをすれば何らかの援助が受けられると分かっていても、日中はパートの仕事を休めずに相談窓口に行くことができない。たとえ相談窓口に行けたとしても、問題が多岐に渡っているため、どこの窓口に相談していいか分からない。提出を求められる書類が多すぎて疲れてしまって先に進めなかったり、そもそも精神的に疲弊していて、相談窓口にさえ行くことができない。もしかすると市役所の窓口に行く交通費さえないかもしれない……。

 

こんなふうに誰にも相談できず、声をあげて「たすけて」と訴えることができない、そういった生活をしている方を「サイレント・プア」と呼んでいます。

 

近年、こういった貧困の中で苦しんでいる女性が多いと言われています。働く単身女性の3分の1が年収114万円未満と言われ、特に母子家庭では深刻な問題になっていると考えられています。

 

サイレントプア02

(出典/Flickr)

 

もしもそんな立場になったら、どうやってその生活から抜け出していいか分からないですよね? 本当に切羽詰まると手続きにさえ行けなかったり、手続きをしようにも、もしも小さな子供がいるとしたら、それがどんな悪影響を及ぼすかと心配になって足が遠のいてしまったり。そんなふうに、いろいろと考え込んでしまうはず。

実はお店で働いている女の子たちは、もともとそういった事情を抱えている場合が多いんです。

 

基本的に掲載されているお店は、ほとんどが給料を当日払いにしています。現金がその日のうちに貰えるのって、魅力的ですよね? サイレント・プアと呼ばれる状態から抜け出す、最初の行動のきっかけを掴むために、体験入店を希望したり、働きはじめる女性は少なくありません。お店への問い合わせも、そういった悩みを抱えている女性がとても多いんです。

 

金銭面で困っている。そんな悩みを人に話すのは恥ずかしいかもしれませんが、同じような立場で働いている方はとても多い環境です。もしも困っていることがあれば、お店のスタッフが相談にのってくれますし、もしかすると同じ仲間を見つけることで気持ちが楽になる場合だってあります。何よりも、働きはじめてみることで、金銭面で生活が楽になって心に余裕が生まれるかもしれません。

 

どうしていいか分からない時、新しく行動するきっかけになるのなら、一度お店で体験入店をしてみるというのも良いのでは?と思います。お店のスタッフは、実はそういった悩みを多く聞いてきたので、いろいろとアドバイスが貰えるかもしれません。

 

何かのきっかけを掴むために働いてみたいと思うのなら、いつでもお店のスタッフに相談してみてください。もしかすると新しい道が開けるかもしれません。

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集