栃木風俗求人デリヘル高収入アルバイト情報 人気店で働こう!

2017年・クリスマスコフレの時期がきましたよ!

そろそろ紅葉の時期だなぁ……、なんて思う10月末ですが、すでに2017年のクリスマスコフレが出揃ってきました。

 

各ブランドのクリスマスコフレを狙っている方は、今からアップをしておかないと間に合わないので要注意です!

 

 

ポール&ジョー 11月1日発売


まずはこちら、みんな大好きポール&ジョー。
今年もめちゃくちゃかわいい猫のリップに、チーク、アイカラーがポーチに入って登場です。11月1日から販売スタートなので、もうこれはスタンバイをしておかなければ絶対に売り切れてしまうに違いない。6500円なので、なかなかのお手頃価格です。

 

 

ジルスチュアート 11月3日発売

女の子なら絶対に通る道、ジルスチュアート。今年のクリスマスコフレの種類は「パジャマパーティーコレクションA」と「パジャマパーティーコレクションB」の2種類。なんなんだパジャマパーティーって! と思いつつ、かわいいので全て許す!
フェイスパウダー、アイシャドウ、リップグロス、アイライナーの4種類とポーチつきで、7500円です。

 

 

SABON 11月2日発売

めちゃくちゃ良い香りのボディケアといえば、やはりSABONですよね…!
今年のサボンは、ボディスクラブ、ボディローション、シャワーオイル、ホームフレグランス、アロマエッセンスという充実の中身。12000円という1万オーバーなので、ちょっと悩むんですけど、欲しいものは欲しい。困りました。

 

 

コスメデコルテ 11月1日発売


これはクリスマスコフレなのかちょっとわからないんですけど、とにかく冬限定のコフレ。なぜかウェディングケーキのBOXに入っているというコンセプト。なぜウェディングケーキ……?
アイグロウ、アイライナー、リップ、チーク&ハイライトの4種で7000円。コスメデコルテなので意外と安いのでは?とちょっと思いました。

 

 

ロクシタン 11月22日発売

友達へのプレゼントにしてもちょうど良いロクシタンのコフレは、10500円! シャワージェル、ボディクリーム、ハンドクリーム、リップ、ポーチという豪華なラインナップ。
香りはフランボワーズフリジアということですが、フランボワーズフリジアってどんな香りでしたっけ?

 

10500円は高い……、という方には、ハンドクリーム トリオという手も。3900円でロクシタンの新しい香り「テール ド ルミエール」のほかに、フランボワーズフリジア、ローズベルベットのハンドクリームがセットになったコフレ。
ロクシタンのハンドクリームは乾燥から守ってくれるだけじゃなく、手の甲の年齢が−5歳効果があるので(個人の感想ですけど、本気でそう思ってます)ハンドクリームは何本あってもいい!

 

 

好きなコスメブランドのクリスマスコフレを紹介してみましたが、まだまだクリスマスコフレはたくさんあります。クリスマスコフレの販売がスタートするのは、だいたいどこも11月のはじめなので、気になるブランドがある方は急いでくださいね……!

 

 

出会いがないなら大人の社会人サークルに入ってみるのは?

「最近出会いがない!」
なんて言う方、まわりにいませんか?

 

社会人になると、なかなか出会いはありませんよね。自分から探しにいかないと、新しい出会いなんてゼロです!! (個人の感想ですよ…)

 

職場恋愛の話なら聞いたことがあるんですが、職場で恋愛ってハードルが高すぎませんか? そんなの無理に決まっている……、そもそも合う人すらいない……、という話だってめちゃくちゃ聞いてきました。

 

中には、出会いを求めてお見合いパーティーや街コンに行く人もいるでしょう。しかし私の友人で、そういったパーティーに出かけて良い人と巡り会えたという話は今まで一度も聞いたことがありません……! 

 

 

というわけで前ふりが長かったのですが、先日友人から 「社会人サークルに入ったよ。みんなで趣味の動画制作するんだ」 という話を聞きました。

 

なるほど社会人サークル!
それは良い出会いの場なのでは?!

 

私はけっこう驚いたんですが、調べてみるとかなりの数の社会人サークルがありました。バドミントン、バレー、サッカーなどのスポーツ系もあれば、週末BBQ、カラオケ、パワースポット巡りなどの週末に遊ぶ系もありました。

 

創作好きはみんなで何かしら創作して、個展を開こうなんてサークルもあれば、読書会など知的なものもあり、スポーツ、アウトドア、ボランティア、ゲーム、芸術などなどカテゴリもかなり多かったです。

 

えーーーすごい、これはすごい。

 

ちなみに私はサバイバルゲームを一度やってみたいほか、モンハンとボードゲームが好きです。探してみれば当然のように、この3種類全ての社会人趣味サークルがありました。

 

もちろん都道府県別に紹介している場所や募集しているサイトがあるので、のぞいてみるだけでもオススメです。出会いがない社会人にはきっと良いのではないでしょか?

 

10月のブルームボックス中身レポ

夏が終わってすっかり秋です。秋というか、ほぼ冬なのか?というくらい毎日寒いですね。
そういったわけで、今月もブルームボックスのレポートをしたいと思います!

 

9月のブルームボックス中身レポ

(ちなみに↑が前回のレポート)

 

 

 


クナイプ バスソルト ゼラニウム&パチュリの香り

 

ではさっそく。まずはよくあるバスソルトです。こういうものは何個あっても嬉しいので、もちろん嬉しいです。ゼラニウムとパチュリの香りというチョイスも良いですね。ただ、バスソルトを入れても本当に汗がたくさん出ているのか私には判断ができないので、効果のほどは少し謎です。

 

 

セタフィル®モイスチャライジングローション

 

ついにセタフィルを試せる時がきたー!と今回のイチオシがこれです。このセタフィルはコストコでめちゃくちゃ大きなサイズで売られているのを見て、一度使ってみたいと思っていたんです。
これで使い心地が良かったら、次はコストコサイズで購入してこようと思ってます!

 

 

カレス・ドゥ・プランタン

 

うーーーん、よくあるハンドクリームですね。というかブルームボックスってハンドクリームが多くないですか?2回に1回は必ず入っているので、ポーチがハンドクリームだらけです。使いきれない〜!

 

 


EMURE ERフェイスマスク

 

何枚あっても嬉しいフェイスマスク。しかもEMUREのものです!やったー!
だってこれシート1枚で1200円なんですよ?普段50枚で1000円のものを使っているので、高級なパックはすごく嬉しいです。エミューオイルという珍しいオイルが配合されているんですが、年齢肌にはぴったりらしいので、今夜のお楽しみにしますね!

 

 

スター★オブザカラー クリームファンデーション

 

全18色のクリームファンデーション。正しい付け方をすれば、ものすっごく自然できれいな肌になれると評判らしいんですが、残念ながらサンプルの色が微妙に私には合わずに変なかんじになってしまいました。うーん……残念……。ファンデーションの色選びって難しいですよね……。

 

というわけで、今回は5種類のサンプルが入っていました。現品はフェイスパックのみ。
でも今回はずっと前から気になっていたセタフィルのローションが入っていたので、なかなかお気に入りの回になりました。

風俗カメラマンに聞いてみた!

今回で3回目になる「聞いてみた」のインタビューシリーズですが、今回はなんと風俗カメラマンに話を聞くことができました!

 

ちなみに前回までのインタビューがこちら↓

 

第1回 風俗嬢に聞いてみた

風俗嬢に聞いてみた!ビンビンBINGO(オナクラ店)ゆりちゃんの場合

 

第2回 元風俗店店長に聞いてみた!

元風俗店長に聞いたみた!

 

ということで、記念すべき第3回目は風俗カメラマンにインタビューをしてきました!風俗カメラマンって意外と存在を知られていないんですが、もしかすると、最も女の子達と本音で接する機会が多い存在かもしれませんよね。

 

 

さて、やってきたのはアラフォーの女性カメラマンです。とにかく見た目が若い方で、さらに何を食べているのか気になるくらい細いスタイルの良い方でした。ファミレスでの取材だったんですが、その細い体のどこに入るのだろう……? と不思議になるくらい、めちゃくちゃ食べる元気な方です!

 

 

Q この仕事はいつから?
カメラマン(以下カ)「3、4年くらいです」
インタビュアー(以下イ)「意外と最近ですね?」

 

カ「もともとはビデオカメラマンをやっていて、写真は趣味だったんです。たまたまご縁があって今の仕事をしています」
イ「じゃあカメラ自体の仕事は長いんですか?」
カ「ビデオカメラの仕事も含めれば10年近いですね」

 

 

Q 仕事をはじめるきっかけは?
「女の子たち(風俗嬢)から、女性カメラマンが良いと要望があったことが最初のきっかけで、声をかけてもらいました。他の風俗系のカメラマンは男性が多いんですけど、女の子が安心できるように女性カメラマンを雇うようになったみたいですね」

 

きわどい写真を撮ることが多いので、確かにカメラマンは女性のほうが女の子たちは安心しますよね? なるほどなぁ……、と納得してしまいました。

 

 

Q 何人くらいで撮影するんですか?
「基本的に1対1です」

 

イ「ひとりで? アシスタントとかはいないんですか?」
カ「基本というか、できるだけ1対1で撮影しています。昔は店長さん(女の子が所属するお店の店長)が立ち会ったりしていたんですけど、私から席を外してもらうように頼んでますね」

 

店長さんに席を外してもらうのは、より女の子にリラックスしてもらうためなんだそうです。そのほうが女の子は安心して、よく笑ってくれるし、お店のことを何でも話してくれるんだそうです。なるほど、その気持ちは何となく私もわかります……!

 

「お店の店長さんがいると、私が緊張するっていうのもあるんですけど」とカメラマンさんは笑っていましたが、やっぱり撮影中の雰囲気作りも大切ですよね。

 

 

Q 女の子ってみんな緊張していますよね?
「緊張している子もいますけど、女子会みたいに盛り上がって撮影する時もありますよ」

 

イ「それは楽しそう……!」
カ「基本的にみんな聞き上手な子が多いんですよ。仕事柄ですかね? みんな普段からお客さんの話を聞いてあげてるんだなって感心しますよ」

 

 

Q 撮影で気をつけていることは?
「自分のスタイルを気にしている子が多いので、それをカバーして魅力を引き出すように努力しています」

 

イ「やっぱりみんな、何かしらコンプレックスがあったりするんですか?」
カ「それはありますよ。でも私から見れば全然気にならないってことのほうが多いです。太っているのが嫌だって言う子もいるんですが、ふわふわ感が好きっていう男性は必ずいるので、その魅力を出せたらいいですよね」
イ「なるほど!」
カ「そもそも、そういうふうにスタイルを気にしているのがかわいいです」

 

残念ながら顔はぼかしを入れてしまうことが多いので、かわいい笑顔が撮れた時は「見せられないのが残念だ…!」と悔しがっているみたいです。なんだか楽しそうですよね?

 

 

Q 大変だったことはありますか?

「やっぱり男性と女性の視点の違いですかね?」

 

イ「視点とは……?」

カ「女性である私が、これは良く撮れた! エロい! って思っても、男性から見たら違う場合があるんですよ。男性の考える「エロ」と女性の考える「エロ」には違いがあるので、この差を埋めることが最初は大変でした」

 

 

Q トラブルがあったことはありますか?
「トラブルはないですね。女の子たちはみんな協力的なので、40分から1時間でいつも終わります。みんな仕事があるんで、時間がかけられないんです」

 

イ「40分で終わる時もあるんですか?」
カ「女の子は撮影中に時給が発生しているわけではないので、できるだけ拘束時間を短くしてあげたいんです」

 

確かにお店の宣材写真がきれいに撮れれば、その後の売上は伸びるかもしれませんが、撮影中は時給がでないのが一般的です。それを考えると、女の子たちはすごく協力的ですよね……!?

 

カ「場合によっては下着を替えてもらったりもするし、体勢的にきついポーズもあるんですけど、みんな頑張ってくれるし、良い子ばかりですよ」

 

 

Q 最後に一言お願いします!

「私が撮った写真を見て、お客さんがその女の子を指名してくれたらやっぱり嬉しいので、これからも頑張ります!」

 

 

かわいくて、色気があって、そしてきれい。宣材写真や広告写真の裏側には、こんな方々の活躍があったのか、と私は少し驚いてしまいました。そして、その写真をいつも楽しそうに撮っているカメラマンも凄いですよね? それにしても、ホテルで女子会のような撮影をしているなんて、すっごく楽しそうじゃありませんか? 私も見にいきたいです!

 

 

というわけで、今回は風俗カメラマンさんのインタビューでした!

協力してくださってありがとうございました。また次回があればいいですね……!

キャバクラとデリヘルの違いは?人間関係が面倒ならデリヘルも

 

先日、キャバクラが嫌になって辞めた女の子から、「キャバクラとデリヘルは何が違うの?」という質問を受けました。

 

キャバクラとデリヘル。もしかすると、この違いについてあまり知らない方もいるかもしれませんよね。ということで今回は、このふたつの違いを比べてみたいと思います!

 

 

【キャバクラとデリヘルの違いと特徴】

 

□ノルマがない
□同伴やアフターなど、営業時間外の仕事がない
□お客さんと連絡を取り合わなくてもいい
□お酒を飲まなくてもいい

□勤務時間が完全に自由

 

□同僚の女の子と競争する必要がない
□派閥やグループがないので、人間関係が楽
□他の女の子と喋らなくてもいい

 

□会話が苦手でも問題ない
□お客さんとは1対1なので、大人数が苦手な方も平気

 

□美容代があまりかからない
□ドレスなどを買わなくてもいい
□髪のセットなどの費用がかからない

 

 

お店にもよるんですが、キャバクラはお店で着る洋服代(ドレス代)が実費であったり、髪のセットで毎回お金がかかったり……、と思っている以上に出費のあるお仕事なんですよね。

 

お仕事から帰っても、お客さんに「また遊びにきてね」と連絡を入れないといけないこともあるので、それがとても面倒だったという話もよく聞きます。すっかり忘れてしまうと、それが原因で売上が落ちてしまったり……、ということだって考えられるんです。

 

そういったことに比べるとデリヘルは、営業時間外のお仕事は一切必要ありませんし、洋服や髪型も、キャバ嬢のようにキレイに整える必要もありません。もちろんキレイでいることを心がけるお仕事ですが、キャバクラとは求められているものが違うので、メイクもがんばりすぎないのがちょうど良いんです!

 

 

実はデリヘル店では、キャバクラが合わなかったという方が意外とたくさん働いています。

いろいろと話を聞いてみると、やっぱり 「人間関係が大変」「お客さんとの営業時間外のやりとりが大変」 という話が多く、仕事内容とは関係のない部分で疲れてしまう方が多いようです。

 

そもそもキャバクラは会話をすることが仕事なので、もともと口下手な方はあまり稼げないお仕事かもしれません。その点、デリヘルは会話のスキルはそれほど関係がないので、会話に自信のない方でも問題はありません!

 

「キャバクラで働いてみたけど、自分には合わなかった」という方は、もしかするとデリヘルのほうが合っているという場合もあるので、少し調べてみるのも良いのでは? と思います。

 

デリヘルは、「がっつり稼ぎたい!」という方はもちろん、「空いた時間に少しだけ働きたい」という方も大歓迎です! もちろん仕事内容が違うので、事前の調査は必須。何かわからないことがあれば、何でも問い合わせしてみてくださいね。

高収入求人情報トチギJAM【Mトーク】
▲ ページのトップへ

トップページサイトマップ掲載案内個人情報保護方針お問い合わせリンク集